IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトなどの面接は何分前に行くべきか・企業別会場への到着時間

アルバイト

面接は何分前に会場に到着しておけばいいのでしょうか?面接は緊張しますし、本番の準備を進めるためにも早めに会場に到着するに越したことはありません。しかし早すぎても遅すぎても印象はよくありません。今回は面接の何分前に到着すべきかをご紹介します。

更新日時:

就活・転職時の面接は何分前に行くべきか?

就活・転職時の面接は何分前に行くべきか?

就活や転職では欠かすことのできない選考が面接です。面接は受け答えで進みますので、高評価を獲得し合格するためには、しっかりと事前準備を行わなければなりません。面接は数ある選考の中でも難易度が高いものですし、事前にどれだけ準備できるかによって、合否にも大きく影響します。 面接で高評価を得るためには受け答えについて考えておくことが大切ですが、そもそも時間どおりに出席しなければどれだけ優秀な答えでも評価の対象にはなりません。面接は時間が決められていますし、それに合わせて企業に到着しておく必要があります。 時間ぴったりに行くのは印象がよくありませんので、何分前かに到着することが大切です。就活や転職の面接では、会場には何分前に到着しておくのが望ましいのでしょうか。

バイト

バイト

バイトの面接に関してはそれほど厳しく取り決めがされていないことも多く、何分前であってもそれほど問題ではありません。遅刻をしなければ基本的にはOKであり、評価の基準はそれほど高くないと言えます。 遅れさえしなければ時間ぴったりに行っても問題ありません。ただ時間ぴったりだと場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので注意が必要です。店長が時間に厳しい人であれば、時間ぴったりではなく何分前かに到着していることが望ましいです。 時間ぴったりを狙ってしまうと、何らかのトラブルがあったときに面接に遅れてしまう可能性もあります。何分前と絶対に決められているわけではありませんが、最低でも5分前には到着しているといいでしょう。

中途

中途

中途で面接を受ける場合も、何分前かには企業に到着しておいた方がいいでしょう。企業同士の仕事であれば、時間に遅れる分にはそれほど気にされておらず、むしろ早くくる方が迷惑がかかる場合などさまざまです。 企業によっては従来どおりに時間までに到着しなければならない場合もありますし、志望する企業ごとに違いを知っておくことが大切です。企業と仕事をしていれば、早めに到着しても受付をとおるのは時間ぴったりと決めている人も多いですが、面接の場合はぴったりに行く必要はありません。 好印象を獲得するためには、むしろ何分前かには到着しておくことが大切です。時間ぴったりに到着するのではなく、5分から10分前には到着しており、すでに受付も済ませておきましょう。

パート

パートの場合もバイトと同じでそれほど早く到着している必要はなく、基本的には5分前以上の何分前かに到着していればいいでしょう。パートの場合は単純に時間を守ることができるかどうかがみられており、早く到着したからといってプラスの評価になるわけではありません。 パートではシフト制で働くことがほとんどであり、シフトは事前に決まってします。当日遅刻や急な欠席があった場合には即座に人員を補充することが難しく、シフトに入っている以上は確実に出勤しなければなりません。 パートの面接では時間どおりにちゃんとくることができるか、時間管理の能力はあるかがみられています。パートの場合も何分前という明確な決まりはありませんが、できるだけ早めに到着しておきましょう。

新卒

新卒

新卒の場合は、面接開始の何分前かに企業に到着するのではなく、少し早めに到着しておくことが大切です。アルバイトやパートの場合は5分前には到着していれば問題ありませんでしたが、新卒の場合は10分から15分前には到着しておかなければなりません。 ビジネスマンにとっては時間は大切なものであり、常に時間を意識しながら仕事を進める必要があります。時間どおりに動けない人は信用を損なってしまいますし、ビジネスマンにとって信用は何よりも大切です。 面接でのアピールが充分にできていたとしても、到着時間がぎりぎり何分前かではそそかっしい印象を与えてしまい、印象がよくありません。5分前でもぎりぎりとされていますので、余裕を持って到着できるようにしましょう。

契約社員

契約社員として面接を受ける場合も、新卒と同じく10分から15分前かに到着しておくことが大切です。契約社員でも時間どおりに動くことは大切にされていますので、ぎりぎり何分前かでは印象が悪くなってしまいます。 また契約社員は期間満了となり、更新がなければそのまま退職となりますが、場合によっては正社員に昇格することもあります。正社員に昇格するための条件は企業によって異なりますが、基本的には社員としての態度がいい、評判がいいことです。 評判が悪ければ正社員として残ることはできませんし、少しでも印象を良くするためには、ぎりぎり何分前ではなく早めに到着しておくことが大切です。早めに到着することで仕事への意欲も示すことができますので、面接開始から逆算して早めに到着しておきましょう。

試験時の面接会場への到着時間の理想は何分前か?

試験時の面接会場への到着時間の理想は何分前か?

試験にはさまざまなものがありますが、それぞれで何分前に到着しておくのが理想なのかは違っています。それぞれの試験ごとの理想の到着時間を知っておきましょう。

大学

大学の試験では10分前には会場についておくようにしましょう。あまりに早すぎても会場に入れない場合がありますし、5分前には着席が義務付けられている場合も多いです。入室可能な時間も決まっていますので、10分前がベストです。

英検

英検では15分前に到着しているのがおすすめです。試験開始まで若干余裕がありますが、テキストなどを見直すことができますし、最終準備としても少し早めについておきましょう。

公務員試験

公務員試験は早めについておくことが大切ですので、20分から30分前に到着しておきましょう。あまりに早すぎても会場の設営が終わっていない場合もありますので、早すぎないようにだけ気をつけ、余裕を持って到着しておきましょう。

入試

入試は余裕を持って30分前には到着しておきましょう。必要書類の確認や試験の復習もしなければなりません。トイレなども済ませておきたいので、早めの到着が大切です。

企業別面接会場への理想の到着時間は?

企業別面接会場への理想の到着時間は?

新卒の就活なのか転職なのか、それともアルバイトやパートなのかによって会場に何分前につけばいいのかは違いますが、面接が行われる会場によっても何分前に到着すべきかは違っています。 すべての業界や企業で同じ時間に到着すればいいわけではなく、より時間に対して厳格な企業であれば早めについておかなければなりません。何分前に到着するかは、それぞれの企業ごとに見極める必要があり、それらが徹底できていないと面接でもマイナスの印象を与えてしまいます。 またどの企業でも当然ながら遅刻するのはNGです。遅刻は社会人として絶対にやってはいけないことであり、遅刻するぐらいであればぎりぎり何分前かに到着している方がましです。遅刻だけではすることのないようにし、それぞれ何分前に到着すべきかを知っていきましょう。

クリニック

クリニック、小さな病院の場合は10分前ぐらいについておけば問題ありません。クリニックの場合は何分前かに到着していても診察の状況などによって時間が前後する場合もありますし、あまりに早くつきすぎてもすぐに面接が行えない場合が多いです。 また時間についても決められたとおりに動く場合が多く、15時と言われれば、何があっても15時にしか始まらない場合も多いです。もちろんすべてのクリニックがそうであるとは限らず、クリニックによっては早めに到着し、手が空いていればすぐに面接を行う場合もあります。 クリニックでは何分前に到着するというよりは遅刻しなければOKである場合も多いです。ぎりぎり何分前でも問題はありませんが、余裕を持って少し早めに到着している方がいいでしょう。

くら寿司

くら寿司

くら寿司で面接を受ける場合は、面接開始ぎりぎりに到着するのではなく、少し早めに到着しておくのがおすすめです。10分から15分前には到着しておくようにし、いつでも面接が始められるようにしましょう。 くら寿司は回転ずしのチェーン展開をしており、作業自体は機械が担当していることも多いです。従業員はネタを乗せるだけであったり、食器洗いを担当することが多く、店長は現場で働くよりもパソコンで店舗運営の仕事をしていることも多いです。 そのため作業が一段落さえしていればいつでも面接を受けることができますし、早めに済んでしまえば自身も気が楽ですし、相手にも負担をかけずに済みます。ぎりぎり何分前かでも問題はありませんが、早く到着していれば面接も早く終わる可能性があることを覚えておきましょう。

コンビニ

コンビニで面接を受ける場合は、何分前の到着でも基本的には問題ありません。コンビニ24時間営業ですし、それほど厳格に時間の設定がされていないことも多いです。時間内であれば基本的には何分前でも問題はなく、遅刻さえしなければ許されるケースは多いです。 またコンビニの場合が面接を行う店長も店舗に出て働いている場合も多く、集客の状態によっては時間どおりに面接を始めることができない場合もあります。ちょうど仕事が一段落したタイミングであれば、行ってすぐに面接ということもありますが、そうではない場合は店長の手が空くまで待たなければなりません。 早めについても面接ができない場合も多いですし、ぎりぎり何分前でも問題ないでしょう。

市役所

市役所

市役所で面接を行う場合は、時間厳守は絶対であり、ぎりぎり何分前かに到着するのもNGです。市役所で働くということは公務員になりますし、公務員は信用が第一です。時間どおりに面接に参加することは当然のことであり、それもぎりぎり何分前ではなく、かなり早めに到着しておかなければなりません。 市役所勤めの場合は15分から20分程度余裕を見て、会場についておくようにしましょう。市役所の仕事は時間どおりにきっちりと行われますので、早めに到着したからといって、必ずしもすぐに面接を受けられるとは限りません。 場合によっては面接開始時刻までじっと待たなければならない場合もありますが、早めに到着しておくことで志望度の高さをアピールできます。

スーパー

スーパーで面接が行われる場合は、ぎりぎり何分前かではなく、少し早めの10分から15分前には到着しておくようにしましょう。スーパーは時間に厳しい企業も多く、遅刻するのは絶対にNGです。 他の業界、企業であっても遅刻は厳禁ですがスーパーは特にぎりぎりの到着はNGです。ぎりぎり何分前かでは大きくマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので、充分に注意が必要です。 スーパーでは必ず早めに到着することを心がけ、時間が守れることをしっかりアピールしていきましょう。時間厳守できる人だと印象を与えることで、就活でも評価されやすくなりますし、有利に選考を進めることができます。早めに到着しておき、面接開始までしっかりと待ちましょう。

面接で受付をする際のマナーは?

面接で受付をする際のマナーは?

面接を受けるためには、企業や企業が指定する会場に足を運ばなければなりませんが、到着すればすぐに面接が始められるわけではありません。面接を行うためには、まずは受付をとおる必要があり、受付での対応も選考の対象として見られていますので注意が必要です。 受付での印象を採用担当者が評価の基準として取り入れる場合もありますし、印象が悪ければそれがマイナスにつながることもあります。受付だからと油断することはできず、企業に到着したときからマナーを意識して振る舞うことが大切です。 面接マナーは面接本番だけに必要なものではなく、面接を受ける前、受付の段階から必要です。受付のマナーもしっかりと身に付け、面接を攻略していきましょう。

何分前

受付をとおるためには、余裕を持って企業に到着することが大切です。業界や企業によって何分前に到着すべきかは異なっていましたが、これは企業に到着する時間ではなく、受付をとおる時間です。 10分前に到着すればいいからといって、10分前に受付を済ませていればいいわけではありません。10分前には面接をとおることが大切ですので、15分前には企業に到着しておく必要があります。 志望する業界や企業によって何分前に到着すべきかは違いますし、新卒の就活か転職かによっても何分前に到着すべきかは違います。何分前に到着すべきかは逆算して考えなければなりませんので、それぞれの何分前に到着しなければならないか、その指標にプラス5分で見ておくといいでしょう。

面接にきた旨を伝える

面接にきた旨を伝える

面接の何分前かに受付をとおることが大切ですが、受付は素どおりしていいものではありません。しっかりと手続きを終えてから面接会場に案内されますので、まずは受付で自己紹介をし、面接の約束があると来訪の理由を伝えるようにしましょう。 このときいつからの面接なのか、わかれば採用担当者は誰なのかも伝えておくことが大切です。企業では一日に複数回面接が行われることも少なくありませんし、単に面接にきたと伝えるだけでは上手に伝わらない場合もあります。 いつからの面接で、誰に取り次いでもらえばいいかを正しく伝えることが大切です。面接をスムーズにとおることができれば印象はいいですし、評価が良くなる場合もありますので、手順を正しく理解しておきましょう。

笑顔で元気よく

受付では面接にきた旨を知らせますが、そのときの伝え方にも注意が必要です。タメ口や横柄な態度を取るのは当然NGですし、暗い印象を与えるのもよくありません。受付での態度が悪いとそれが採用担当者に伝わってしまう場合もありますし、面接はすでに始まっていると考えて気を引き締めておくことが大切です。 ぼそぼそと話していては印象がよくありませんし、ネガティブなイメージを持たれてしまいます。反対に笑顔で明るくしていれば印象は良いですし、それが選考でも有利になることもあります。 何分前に到着するかも大切ですが、受付での振る舞いも非常に大切です。企業に入る瞬間からしっかりと気を引き締め、受付から好印象を与えていきましょう。

就活では何分前の到着がベストなのか?

就活では何分前の到着がベストなのか?

志望する業界や企業、自身の状態などによって何分前に到着するかを考えることが大切ですが、それぞれでベストな時間は異なっています。ぎりぎりに到着するのもよくありませんし、反対に早すぎてもあまりいいことはありません。 どれくらい早めに到着すればいいのか、何分前に到着すればいいのかを悩んでしまう人は多いですが、実際には何分前に到着していればいいのでしょうか。

何分前よりも遅刻しないことを考える

面接では何分前かに到着しておくことが大切ですが、そもそも何分前に到着するかを考えるよりも、遅刻をしないことが大前提です。何分前かに到着すればいいからと、ぎりぎりに到着することを考えていると、何らかのトラブルで遅刻してしまう場合も多いです。 当日公共交通機関がストップしてしまうこともありますし、体調不良などで出発が遅れてしまう可能性もあります。遅刻するとマイナスの印象を与えてしまいますし、面接を受けても不合格となるケースが多いです。 また遅刻をすればそもそも面接自体を受けることができない場合もあります。まずは遅刻せずに到着することが大切ですので、面接が行われる会場付近には早めに到着しておくようにしましょう。

面接の場合は早く着きすぎない

面接の場合は早く着きすぎない

面接では早めに到着しておくことが大切ですが、早めにつきすぎるのもよくありません。企業では一日で多くの学生の面接を行っている場合が多く、自身の前後にも面接の予定が詰まっていることも多いです。 受付をとおった後は控え室などで待機することになりますが、あまりにも早く到着してしまうと、前の組がまだ待機しており待つ場所がなくなってしまうこともあります。それでは企業に気を遣わせてしまいますし、逆の意味で時間が守れないとマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。 企業に到着する時間は遅すぎても早すぎてもよくありません。極端にならないように注意しながら、ちょうどいい時間で会場に到着するようにしましょう。

志望する職業によって面接の何分前につけばいいのかを確認しよう

志望する職業によって面接の何分前につけばいいのかを確認しよう

面接では何分前に到着すればいいかや受付でのマナーについて紹介しましたが、会場に到着するのは早すぎても遅すぎてもいけません。早すぎると企業の準備ができておらず、迷惑になる可能性が高いですし、反対に遅すぎるとマイナスの印象を与えてしまいます。 何分前に到着すべきかは業界や企業によって違いますが、早すぎることなく、かといって遅刻することはないようにちょうどいい時間で向かうことが大切です。上手に時間の管理を行い、面接をスムーズに進めていきましょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング