IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材コーディネーターの仕事内容・求人情報と志望動機の書き方

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

派遣社員という業態が世に定着してきた昨今、人材コーディネーターという職業が注目されています。この記事では人材コーディネーターの仕事内容の実態や適性の見分け方について解説していきます。平均年収や離職率なども紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい!

職務経歴書では、過去の実績や自分の保有するスキルを、採用担当者へ簡潔に伝えることが最大のポイントです。人材コーディネーターの場合は、コミュニケーション能力や交渉能力が高さを伝える事が重要です。これらのキーワードを織り交ぜた志望動機を考えましょう。また、役立つ資格を保有している場合は、それらも漏れなく記述しましょう。

面接

面接では実際に採用担当者から、志望動機を聞かれるとこでしょう。その際はしっかりと自分の意思を伝えるために、職務経歴書や履歴書に記載したものとリンクする様な内容を話す事が重要です。人材コーディネーターは人と企業の橋渡し役ですので、話が支離滅裂になっていないか、目的が見失われていないか、ハキハキ話しができているかなどの側面からもチェックされます。

人材コーディネーターの採用試験で使える自己PRの例

人材コーディネーターになるために、自分はどうして向いているのかをPRするのが一番の近道です。コミュニケーション能力・交渉能力が高い、人のお世話をするのが好きなど強みになりそうな自分の一面を伝えましょう。

人材コーディネーターの求人情報と採用されるコツ

採用されるためのコツと主要都市の人材コーディネーター求人情報を紹介していきます。

採用されるためのコツ

採用されるためには、採用担当者に「人材コーディネーターとしてウチの会社に必要だ」と思わせることが大切です。選考を受ける前に、その会社のホームページをすみずみまでチェックしましょう。何を大切にしていて、どんな目標を掲げているかがわかるはずです。そこから自分が人材コーディネーターになる事で、何に貢献できるかが見えてきます。自分のキャリアを積みたい・経験を積みたいとゆう意気込みも大切ですが、企業に必要と思われた方が採用率は上がります。

主要都市の人材コーディネーター求人情報

札幌・仙台・東京・愛知・大阪・福岡の人材コーディネーター求人を検索

主要都市の求人情報は以下のリンクから検索できます。ほとんどの都市で、人材コーディネーターの需要はありますのでぜひ検索してみて下さい。

魅力ある人材コーディネーターになろう!

今回の記事で紹介してきたように、人材コーディネーターとは、大変な一面もある一方でダイレクトに人に感謝されやすい、やりがいのある職種でもあります。これらを踏まえて志望してみたいと思ったアナタ。自分の強みを生かして、企業からも登録スタッフからも頼られる魅力あふれる人材コーディネーターになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング