IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材コーディネーターの仕事内容・求人情報と志望動機の書き方

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

派遣社員という業態が世に定着してきた昨今、人材コーディネーターという職業が注目されています。この記事では人材コーディネーターの仕事内容の実態や適性の見分け方について解説していきます。平均年収や離職率なども紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい!

仕事内容と収入が見合わない

前項でもお伝えしたように、人材コーディネーターの平均年収は、一般営業職よりも若干低めになっています。ですので、営業活動が実を結び、せっかく企業と人を苦労してマッチングさせても期待したほどの収入は得られなかったと感じる人もいるでしょう。また、残業時間や休日出勤もさほど多くない職種ですので、高収入を期待していると、現実とのギャップを感じて離職に至るケースもあります。

人材コーディネーターに向いているのはこんな人!

コミュニケーション能力が高い

人と企業の橋渡し役をおこなうことが多いため、コミュニケーション能力が必須となってきます。お断りをする場合でも、嫌な気持ちにさせない・ポジティブに捉えてもらうというテクニックがあれば、気持ちよく仕事が遂行できるでしょう。

話好き・世話好き

優秀な登録スタッフの確保はどの派遣企業もおこなっていきたいもの。一度登録スタッフが派遣先の企業に出向いてしまうと、電話やメールでのやりとりが主体となり、業務連絡のみで終了してしまう事が多いですが、たまには登録スタッフのケアとして、好きなものの話や悩み事の相談など受けていると、信頼度も上がり、スタッフが離れていくのを引き留めるキッカケとなります。

人材コーディネーターになるには

資格は必要なのか?

特に何らかの資格が必須というのは設けていない企業が多いです。ただし、持っていると有利な資格として「キャリアコンサルタント技能士」という資格があります。

未経験でもOK!

人材コーディネーターの求人情報を見ていると、未経験OKの文言をよく目にします。経験よりも適性や本人のやる気を重視する職種です。

人材コーディネーターの採用試験で使える志望動機の例

ではここで実践で使える具体例の紹介をしていきます。

職務経歴書

関連タグ

アクセスランキング