IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材コーディネーターの仕事内容・求人情報と志望動機の書き方

職種研究

派遣社員という業態が世に定着してきた昨今、人材コーディネーターという職業が注目されています。この記事では人材コーディネーターの仕事内容の実態や適性の見分け方について解説していきます。平均年収や離職率なども紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい!

更新日時:

人材コーディネーターとは?

人材コーディネーターとは?

その名のとおり「人材」を「コーディネート」する人達のことを指します。世の中にはインテリアコーディネーターやファッションコーディネーター、フラワーコーディネーターなどあらゆるものをコーディネートする職業が存在しますが、人材コーディネーターもそれらのひとつとして定着しています。

人材コーディネーターの仕事内容

では実際、人材コーディネーターとはどのような仕事をこなしていくのでしょうか。

派遣会社に登録された人材を企業にマッチングさせる

人材コーディネーターが在籍している企業の多くは派遣業界です。自身は派遣会社の社員として在籍し、派遣会社に登録をした人材と面談をおこなって、その人の人柄やスキル、勤務体系などの希望条件を踏まえて、それらにマッチングする企業を紹介します。面談の形も集団の場合や個人の場合などさまざまです。面談に行く時間が取れない人のために、電話での面談をおこなっている派遣会社もあります。

企業からの希望条件に合う人材を紹介する

先ほどとは逆のパターンです。派遣社員の雇用を希望している企業からの条件に合った人材を、人材コーディネーターから企業へ紹介するケースもあります。この場合は派遣会社に登録している人材の中からコーディネーターが適性のある人材を探し出し、コーディネーターから該当の登録スタッフへお仕事の紹介という形で、電話やメールで連絡が入ります。 特殊なスキルを保有する人材、人気の高い人材の場合は断られてしまう可能性もありますので、条件がマッチしているから紹介したいだけではなく、その人のメリットになることをうまく伝えてあげる事も、人材コーディネーターの腕の見せ所でしょう。

スタッフ登録会を定期的に開催する

数多く存在する派遣会社では登録スタッフの入れ替わりが頻繁に発生しています。どの派遣会社でも定期的にスタッフの登録会をおこなって自社の登録スタッフ数を増やし、人材の幅を広げています。人材コーディネーターはこの登録会に同席し、営業担当による説明会が終わった後に承諾し、登録してもらえる人材との面談をおこないます。

人材と雇用企業の橋渡し役

そもそも派遣会社に登録する人の中には「自分に合った適職を見つけてもらえる」というメリットを感じている方も多数います。そして採用企業は「自社の希望に沿った人材をワンストップ窓口で紹介してもらいたい」という理由から派遣会社を利用するケースが多いでしょう。そんな両者の橋渡し役を担うのが人材コーディネーターです。双方の希望条件を満たすような案件ばかりではありませんので、時にはマッチングさせるための交渉力も必要とされます。

人材コーディネーターの主な勤務先

人材コーディネーターの主な勤務先

派遣会社

やはり、人材コーディネーターは派遣会社に在籍するケースが多いです。多くの派遣会社から人材コーディネーターという職種が求人情報として出ています。また取り扱いのある業種もさまざまで、オフィスワークを中心とした事務系から工場でのものづくり系の仕事まで、派遣会社によって得意な分野は異なりますので、自身が人材コーディネーターとして携わりたい分野を明らかにしておきましょう。

就職先紹介会社

就職先を紹介する企業にも、人材コーディネーターは存在します。

人材コーディネーターの平均年収は?

人材コーディネーターの平均年収は?

やはり気になる平均年収。人材コーディネーターの平均年収は営業職と比較すると若干低めになっています。ただし、医療関係やITエンジニアなど専門知識を必要とする場合は、高めに設定されていることもあります。また勤務地や年齢、経験年数によっても賃金水準は変わってきます。ここでいくつかの例を紹介していきます。

東京都勤務大手派遣会社(医療分野)人材コーディネーターの場合

・35歳 (経験2年)/年収500万円 ・37歳 (経験4年)/年収700万円

愛知県勤務大手派遣会社人材コーディネーターの場合

・23歳(経験1年)/年収480万円 ・31歳(経験2年)/年収520万円

福岡県勤務リゾート業界派遣人材コーディネーターの場合

・26歳 (経験2年)/年収430万円 ・28歳 (経験3年)/年収550万円

人材コーディネーターの離職率

人材コーディネーターの離職率

人材コーディネーターの離職率は他の職種と比べると若干高めになっています。なぜ離職率が高めの傾向にあるのでしょうか。

人間関係のストレスが多い

基本は人を相手にする仕事です。登録スタッフの人柄もさまざまで言われたことをすんなり受け入れてくれる人もいれば、条件がコロコロかわってしまう人、ワガママを通そうとする人もいます。そんな中で、何かしらトラブルが発生してしまい、人間関係にストレスを感じて離職に至ってしまう人も多いです。

仕事内容と収入が見合わない

前項でもお伝えしたように、人材コーディネーターの平均年収は、一般営業職よりも若干低めになっています。ですので、営業活動が実を結び、せっかく企業と人を苦労してマッチングさせても期待したほどの収入は得られなかったと感じる人もいるでしょう。また、残業時間や休日出勤もさほど多くない職種ですので、高収入を期待していると、現実とのギャップを感じて離職に至るケースもあります。

人材コーディネーターに向いているのはこんな人!

人材コーディネーターに向いているのはこんな人!

コミュニケーション能力が高い

人と企業の橋渡し役をおこなうことが多いため、コミュニケーション能力が必須となってきます。お断りをする場合でも、嫌な気持ちにさせない・ポジティブに捉えてもらうというテクニックがあれば、気持ちよく仕事が遂行できるでしょう。

話好き・世話好き

優秀な登録スタッフの確保はどの派遣企業もおこなっていきたいもの。一度登録スタッフが派遣先の企業に出向いてしまうと、電話やメールでのやりとりが主体となり、業務連絡のみで終了してしまう事が多いですが、たまには登録スタッフのケアとして、好きなものの話や悩み事の相談など受けていると、信頼度も上がり、スタッフが離れていくのを引き留めるキッカケとなります。

人材コーディネーターになるには

人材コーディネーターになるには

資格は必要なのか?

特に何らかの資格が必須というのは設けていない企業が多いです。ただし、持っていると有利な資格として「キャリアコンサルタント技能士」という資格があります。

未経験でもOK!

人材コーディネーターの求人情報を見ていると、未経験OKの文言をよく目にします。経験よりも適性や本人のやる気を重視する職種です。

人材コーディネーターの採用試験で使える志望動機の例

人材コーディネーターの採用試験で使える志望動機の例

ではここで実践で使える具体例の紹介をしていきます。

職務経歴書

職務経歴書では、過去の実績や自分の保有するスキルを、採用担当者へ簡潔に伝えることが最大のポイントです。人材コーディネーターの場合は、コミュニケーション能力や交渉能力が高さを伝える事が重要です。これらのキーワードを織り交ぜた志望動機を考えましょう。また、役立つ資格を保有している場合は、それらも漏れなく記述しましょう。

面接

面接では実際に採用担当者から、志望動機を聞かれるとこでしょう。その際はしっかりと自分の意思を伝えるために、職務経歴書や履歴書に記載したものとリンクする様な内容を話す事が重要です。人材コーディネーターは人と企業の橋渡し役ですので、話が支離滅裂になっていないか、目的が見失われていないか、ハキハキ話しができているかなどの側面からもチェックされます。

人材コーディネーターの採用試験で使える自己PRの例

人材コーディネーターの採用試験で使える自己PRの例

人材コーディネーターになるために、自分はどうして向いているのかをPRするのが一番の近道です。コミュニケーション能力・交渉能力が高い、人のお世話をするのが好きなど強みになりそうな自分の一面を伝えましょう。

人材コーディネーターの求人情報と採用されるコツ

人材コーディネーターの求人情報と採用されるコツ

採用されるためのコツと主要都市の人材コーディネーター求人情報を紹介していきます。

採用されるためのコツ

採用されるためには、採用担当者に「人材コーディネーターとしてウチの会社に必要だ」と思わせることが大切です。選考を受ける前に、その会社のホームページをすみずみまでチェックしましょう。何を大切にしていて、どんな目標を掲げているかがわかるはずです。そこから自分が人材コーディネーターになる事で、何に貢献できるかが見えてきます。自分のキャリアを積みたい・経験を積みたいとゆう意気込みも大切ですが、企業に必要と思われた方が採用率は上がります。

主要都市の人材コーディネーター求人情報

札幌・仙台・東京・愛知・大阪・福岡の人材コーディネーター求人を検索

主要都市の求人情報は以下のリンクから検索できます。ほとんどの都市で、人材コーディネーターの需要はありますのでぜひ検索してみて下さい。

魅力ある人材コーディネーターになろう!

魅力ある人材コーディネーターになろう!

今回の記事で紹介してきたように、人材コーディネーターとは、大変な一面もある一方でダイレクトに人に感謝されやすい、やりがいのある職種でもあります。これらを踏まえて志望してみたいと思ったアナタ。自分の強みを生かして、企業からも登録スタッフからも頼られる魅力あふれる人材コーディネーターになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング