IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材コーディネーターの仕事内容・求人情報と志望動機の書き方

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

派遣社員という業態が世に定着してきた昨今、人材コーディネーターという職業が注目されています。この記事では人材コーディネーターの仕事内容の実態や適性の見分け方について解説していきます。平均年収や離職率なども紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい!

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

人材コーディネーターとは?

その名のとおり「人材」を「コーディネート」する人達のことを指します。世の中にはインテリアコーディネーターやファッションコーディネーター、フラワーコーディネーターなどあらゆるものをコーディネートする職業が存在しますが、人材コーディネーターもそれらのひとつとして定着しています。

人材コーディネーターの仕事内容

では実際、人材コーディネーターとはどのような仕事をこなしていくのでしょうか。

派遣会社に登録された人材を企業にマッチングさせる

人材コーディネーターが在籍している企業の多くは派遣業界です。自身は派遣会社の社員として在籍し、派遣会社に登録をした人材と面談をおこなって、その人の人柄やスキル、勤務体系などの希望条件を踏まえて、それらにマッチングする企業を紹介します。面談の形も集団の場合や個人の場合などさまざまです。面談に行く時間が取れない人のために、電話での面談をおこなっている派遣会社もあります。

企業からの希望条件に合う人材を紹介する

先ほどとは逆のパターンです。派遣社員の雇用を希望している企業からの条件に合った人材を、人材コーディネーターから企業へ紹介するケースもあります。この場合は派遣会社に登録している人材の中からコーディネーターが適性のある人材を探し出し、コーディネーターから該当の登録スタッフへお仕事の紹介という形で、電話やメールで連絡が入ります。 特殊なスキルを保有する人材、の高い人材の場合は断られてしまう可能性もありますので、条件がマッチしているから紹介したいだけではなく、その人のメリットになることをうまく伝えてあげる事も、人材コーディネーターの腕の見せ所でしょう。

スタッフ登録会を定期的に開催する

数多く存在する派遣会社では登録スタッフの入れ替わりが頻繁に発生しています。どの派遣会社でも定期的にスタッフの登録会をおこなって自社の登録スタッフ数を増やし、人材の幅を広げています。人材コーディネーターはこの登録会に同席し、営業担当による説明会が終わった後に承諾し、登録してもらえる人材との面談をおこないます。

人材と雇用企業の橋渡し役

そもそも派遣会社に登録する人の中には「自分に合った適職を見つけてもらえる」というメリットを感じている方も多数います。そして採用企業は「自社の希望に沿った人材をワンス有数窓口で紹介してもらいたい」という理由から派遣会社を利用するケースが多いでしょう。そんな両者の橋渡し役を担うのが人材コーディネーターです。双方の希望条件を満たすような案件ばかりではありませんので、時にはマッチングさせるための交渉力も必要とされます。

人材コーディネーターの主な勤務先

関連タグ

アクセスランキング