IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

技術面接の流れと評価のポイント・プレゼン対策・質問例と回答例

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

皆さんこんにちは、今回は「技術面接の流れと評価のポイント・プレゼン対策」と題して、スキルを重点的に意識した面接の方法と、そのためのプレゼン対策について、徹底的に幅広い分野から多角的にご紹介いたします。どうぞ「お役立ち情報」に加えてみて下さい。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

技術面接の流れと評価のポイント

理系での技術面接のポイント

新卒に向けての技術面接の内容

修士課程での技術面接のポイント

博士課程での技術面接のポイント

技術面接の対策と失敗しないコツ

技術面接でのプレゼンのコツ

研究発表を伝える技術面接のコツ

研究テーマのあり方

研究概要の書き方

概要というのは「大まかなあらすじ」という意味ですので、「研究概要」も「その研究がどんな研究であるかということを簡潔に表記して、わかりやすく読み手へ伝える内容」となります。 この簡潔な内容でも「魅力的に仕上げる工夫」が大切で、その魅力を引き出すためには「どんな研究内容か知りたい」と読み手を魅了する書き方、または「とても斬新なアイデアによる研究テーマを突き付け、(同じく)どんな研究内容か1度覗いてみたい」と思わせる書き方が効果的です。

技術面接での専門用語の説明の大事

関連タグ

アクセスランキング