IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

顧客折衝力がある人はどんな人か・折衝能力を身に付ける方法

更新日:2020年07月16日

ビジネススキル

顧客折衝力がある人はどんな人なのかを書いてある記事になっています。どうやって顧客に会話をすれば上手く伝わるのか。顧客折衝業務はどんな仕事なのかやわからないことを書いている記事です。なので、わからない方はこの記事を見てぜひ、参考にしてください。

顧客折衝術とは何?

営業

顧客折衝術は、仕事の他に私生活でこれだけの人間が、社会生活を営んでいます。他人と交渉したり折衝する必要が出てきます。現在は、近所のご隠居さんが仲立ちしてくれる社会でもなくなってきています。なので、現代人でしたら顧客折衝に強いほうがいいです。顧客折衝術が上手いと言われる人には、2つのタイプがあります。 まずは声が大きいや迫力とか押しの強さみたいなもので、相手をねじ伏せてしまうタイプになります。このタイプの人は社内会議などでは威力を発揮しますし、最後のタイプは冷静沈着タイプとです。必要以上の発言はしなくて、冷静に相手の話を聞いて理論的に論破してくるタイプです。

相対するとしてどちらが折衝や交渉がやりにくいかは、後者の冷静沈着タイプです。逆に前者の強引高圧言葉の勢いのような人は、つい余計なことまで口走りやすいです。相手に話をして貰えば有利に交渉を捕まえられる可能性が高いです。言葉の勢いがあって冷静沈着にして、論理的に会話を組み立てるのが顧客折衝術です。 営業折衝下手って人は落ち着くこと、冷静になることです。相手の話したことをまず自分の頭の中で要点を箇条書きにしてみる事が、普通にできるようになった方が良いです。顧客折衝が下手な人は気が弱いのか、若しくは冷静に考えることができなくなります。

エンジニア

経験に裏付けられたスキルが重要となります。エンジニアの場合は、開発で用いたプログラム言語やネットワーク機器の知識になります。それぞれの分野での経験と技術の習熟度が重要なポイントになります。お客様との折衝を経験したことがある場合は、その時の役割も重要になりますので、覚えておきましょう。 顧客に提案したり報告したりするための文書をつくります。文書では、内容が技術的に正しい他にたくさんあります。顧客から見て理解しやすく納得感があるということが大切です。顧客に話すときに文章が分かりやすくないと、自分の考えが伝わりにくくなります。この場合は「顧客になったつもり」でいて顧客と会話をするということです。 エンジニアに特化したエージェントがありますので、29選のエージェントの中からあなたに合うエージェントを見つけて活用してみるといいでしょう。それぞれの特徴やサポートの違いを見極めて見ていきましょう。

システム開発

システム開発は、お金を払う立場でもあるので、システム開発を請け負う側も批判的なことは言えない状況があります。システムを作るプロなので、お客様の要望をできるかぎり汲む必要はあります。文章でお客様の意図を読み取れと言われたら、難しい話です。ここで重要なことは、顧客に「解決すべき問題の本質が正しいのか」を何度も問い直すことです。 顧客自身も、要求を相手に理解できるように表現する技術がないと、誤解して理解されてしまう可能性があります。要求する側の説明が足りないと、この後に示すようにシステム開発は、その足りない説明に自身の解釈を補足しながら仕事をこなしましょう。

se

seとは、システムの設計・開発・テストを手がける職種で、同様の業務を手がける職種としてプログラマがあります。しかし、その線引は企業やプロジェクトによって違いがあり、開発フェーズのなかで上流工程と呼ばれる部分を担うことが一般的です。seの顧客折衝はどんなものなのでしょうか。 クライアントやプロジェクトメンバーとのコミュニケーションが多いのも、seの仕事の特徴です。交渉や調整が求められるため、コミュニケーション力に自信がある方は活躍できる可能性が高いです。seの顧客折衝が発揮されるのは、商談やコスト交渉などのクリティカルな事態のときに顧客折衝が発揮します。

対処法

原因が自社側にあることを認めた場合は、設計を見直してより強固なシステムを構築するためには、顧客側の協力が欠かせません。日程も限られるため、タスクリストを顧客と共有し、そのなかで優先順位をつける作業を共同で行うことをします。顧客と同じ立場に立って問題を解決します。エンジニアは単にモノを作るだけと考えがちですが、営業する場合もあります。 得意なスキルの部分を値引きしてしまったら、モチベーションが下がります。すると結果的にプロジェクトは失敗します。値引きに応じるのなら、コアスキル以外のコストを考えます。相手がどういう費目で予算を取っているかまでわかると、交渉もしやすくなります。

初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング