IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

顧客折衝力がある人はどんな人か・折衝能力を身に付ける方法

更新日:2020年07月16日

ビジネススキル

顧客折衝力がある人はどんな人なのかを書いてある記事になっています。どうやって顧客に会話をすれば上手く伝わるのか。顧客折衝業務はどんな仕事なのかやわからないことを書いている記事です。なので、わからない方はこの記事を見てぜひ、参考にしてください。

顧客折衝とは?

折衝は「利害が一致しない相手とかけ引きすること」を意味し、「目標を達成するために合意点を見出すこと」を指しています。顧客折衝は顧客と見積もりの内容や納期などについてやりとりしながら、合意点を見つけることです。 「顧客折衝」はゴリ押しや人情的対応などでは上手くいきませんし、相手の顔色を伺ったり仲良くするだけでもいい結果となりません。喧嘩ごしに対応せずに、話し合いで合意を得るには「相手の立場に立って考える」ことが大切です。 相手が要求に対して納得するとも限りませんし、逆に相手からの要求に納得できない場合もありますのでどこまで妥協できるかというラインを設ける事が重要です。

顧客折衝力はどんな人があるのか

顧客折衝能力がある人を紹介ます。実はコミュニケーションは周りとうまくやる能力よりも折衝能力のほうが重要になります。自分のエゴと周囲のエゴはぶつかる傾向にあります。これを調整する能力が「折衝能力」です。 周りと付き合うために我慢ばかりすると、付き合う意味を見失います。生きる喜びさえも見失ってしまうことになります。我慢する事は悪い事ではありません。しかし多くの場合、自分が苦しい立場にあっても我慢してしまうと、周りには迷惑がかからず、誰も我慢している事に気付かないために心が疲弊してしまいます。心根は人それぞれではありますが、一般的な感覚や心根を持っている人が団体の中にいる時に陥りやすい傾向でもあります。

心根

一般的な心根を持っている人間は、話すのが苦手でも長く生きていれば何とかなります。思春期の多感な時期には、多くの人が人間関係に悩むなどの問題を経験しています。うまくみえる周りの人でさえ思春期の頃は悩んだことがありますので、自意識過剰気味なのはその年頃では普通のことです。 折衝能力は、簡単に言うとパワー合戦になります。パワー合戦が苦手だと、どうしても不利になるのは仕方なくなってしまいます。認識などでは決してありませんが、わがままに生きてもいいと開き直りなら、わがままというパワー合戦で勝てるようになっただけです。なので、顧客折衝力がある人は心根を持っている人になります。

顧客折衝業務はどんな仕事なの?

顧客折衝力の顧客折衝業務とは、利害が一致しない相手と問題解決を目的としています。つまり、駆け引きをする仕事をしています。主にクライアントと見積りや作業範囲など、駆け引きをすることを指しています。お客様と話をすることが中心の業務ですが、うまくいくこともあればいかないこともあります。 会社間での契約や折衝といっても中身は人です。対人関係をきっちりと築くことができれば、納品完了までスムーズに運ぶことができます。お客様と接する際は注意しますし、良い緊張感を持っています。信頼させる&安心させるような笑顔と真剣な顔のバランスです。 顧客折衝業務の求人に興味があるなら、転職エージェントを活用するといいでしょう。あなたにピッタリの企業の求人を紹介してくれるので、気になる求人に応募してチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

顧客折衝能力を身に付ける方法

顧客折衝能力を身に付けるのはどうしたらいいでしょうか。顧客折衝とは信頼させて安心させるです。これは折衝じゃなくても対人関係の基本になります。信頼させるは、顧客折衝では、自分と会社を別の意味で考えます。信頼を得るため必要なのは時間と実績ですが、ただ時間をかけても無意味です。実績を生み出す10時間と何もない10時間では雲泥の差になります。 では、実績とはなんなのでしょうか。顧客折衝は、クイックレスポンスや周辺知識の展開、専門用語を使わないなど工夫します。的確にかつアウトプットして、対人関係に信頼度を加えることができます。信頼関係が築けた後も継続していくことで、安心感を与えられ関係をもちます。

顧客折衝は笑顔

顧客折衝の時に大切なのは笑顔です。無表情で会話をすると不安になりますし、顧客折衝能力の基本が成り立っていません。笑顔は顧客折衝力では、結構効果的です。話すときは挨拶のときなど、理不尽なことを言われない限りは、終始笑顔で接しているように意識していましょう。 切り札を出すときにだけ、真剣な顔で会話をし始めます。すると相手も何か空気感が変わったことを察して、こちらの話を聞いてくれます。相手は聞かざるをえなくなり、場のコントロールを自分が握ったことになります。

初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング