IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

民間企業と公務員の違い・民間企業の平均年収/退職金の相場

更新日:2020年11月06日

就活

民間企業と公務員は、似ているようで意外と異なることが多いです。特に、公務員は基本的に安定していますが、民間企業はいつ解雇になったり倒産したりするかわからない状況にあります。この記事では民間企業と公務員の違いをご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

民間企業と公務員の違いとは?

就活をしている学生がよく疑問に感じる民間企業と公務員、実は結構違います。公務員は、警察官や消防士、市役所や官僚など、国民に奉仕している仕事をしている人たちのことです。一方、民間企業は、公的機関に属さない経済活動を行う組織体という意味であり、一般的に企業と呼ばれる場合もこの民間企業のことを指します。 この違いからも明らかなように、公務員は警察官や官僚など、国や地域全体のことに関しての仕事をしており、民間企業は、国や政府にあまり関わることのない仕事をしています。

活動目的

公務員は、社会全体へ奉仕をする義務が発生します。ですから、活動目的も、社会全体へ奉仕やサービスです。そんな公務員の特徴は、国民生活に幅広く共通する問題を解決し、社会全体の福祉を増進させることであり、インフラ整備や教育、福祉事業といったことにも力を注ぎます。 一方、民間企業は、自分たちが儲けるために仕事をしていると言えるでしょう。つまり、活動目的も、活動の見返りとして、民間企業の設備投資や、民間企業で働く人たちの給料として支払われることで豊かな社会を目指しています。民間企業の特徴は、企業存続のために利益を追求し、そのためにはアイディアや技術開発に力を入れて他社との競争を日々行っています。

活動方法

公務員の活動は、地方公務員と国家公務員では少し異なります。地方公務員は、自治体に組織して働く人のことです。具体的には、市役所や図書館、福祉施設などに勤めている方のことを言います。一方、国家公務員は、国に勤務する公務員であり、国全体に関わるような業務をする人のことを言います。具体的には、行政官や外交官、国会職員などに勤めている方のことです。 民間企業の活動は、公務員とは違いさまざまなことを行うことで利益を得ようとしています。具体的には、自社の製品を他社に使ってもらえるよう交渉したり、製造工場などで生産した商品を売ったりするなどです。

待遇面

公務員は、国や地方自治体から給料を支給されるため、業績や能力で給料が変動することがありません。また、身分を保証されているため、犯罪を起こしたりすることがなければ解雇されることはありません。加えて、年に2回のボーナスがあったりするため、とても安定しています。 一方、民間企業は、業績や能力によって給料が増減します。公務員と違い、歩合制のところが多く、利益を上げたらその分給料が上がることが多いです。ですが、公務員では年2回あるボーナスも、企業の業績によっては年に1回だったり支給されないことがあります。加えて、身分の保証がないため、業績が芳しくない場合には、解雇される可能性もあるため、安定しているとは言えません。

民間企業の平均年収とは?

民間企業の平均年収は、学歴や転職などによって多少異なります。 大卒の平均年収は以下のようになります。 ・20代:大企業(平均350~400万)、中小企業(平均250~270万) ・30代:大企業(平均450~500万)、中小企業(平均350~400万) ・40代:大企業(平均550~600万)、中小企業(平均400~450万) 高卒は平均100万円下回っていますが、近年では、学歴よりも業績や能力を重視するところが多く、あまり関係なくなってきました。 総合的な民間企業の平均年収は、442万円だと言われています。(2016年データ)

民間企業の平均年収有数100~51

民間企業でも平均年収が高いところがあれば低いところもあります。どのような順位になっているのでしょうか。 100~51位を発表していきますが、特に気になった企業があります。まず、「西日本フィナンシャルホールディングス」です。この企業は2017年に初上場し、卸売業の世界では上位にランク付けされています。 次は、「ショーボンドホールディングス」です。この企業は建設業ではの位置づけになっており、も51位とかなり上位にランクインしています。 最後に、「日本郵船」です。この企業は、不動産業界ではの位置づけになっており、年収も年々増加しています。

初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング