IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定時で帰れる仕事の特徴10・定時で帰るための効率的な仕事術

初回公開日:2017年12月01日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

日本の労働環境で一番問題となっているのが、残業時間です。誰もが残業をなるべくしないで、定時に帰ることができる仕事に就きたいと思うでしょう。定時で帰れる仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。定時で帰れる仕事の特徴、定時で帰れる仕事術を紹介していきます。

自分以外の人に予定通りに作業してもらう

定時で帰れる仕事術は、他の従業員にも予定どおり働いてもらうことです。大事な作業の依頼をしたのに、まだ連絡がこないために先に作業ができない、進まないなんてこともあります。そのために、自分のスケジュールが崩れてしまい、一日のノルマが終わらない、帰れないということがあります。 そうならないために、その作業をいつまでにやってほしいのかを、しっかり伝えることが大切です。他の従業員にも仕事のスケジュールがあるので、後回しにされてしまうこともあるでしょうが、しっかりいつまでに終わらせてほしいか、いつ連絡が欲しいか伝えることで、後回しにされることを回避することができます。

定時で帰れる仕事でプライベートを充実させよう

関連タグ

アクセスランキング