IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定時で帰れる仕事の特徴10・定時で帰るための効率的な仕事術

職種研究

日本の労働環境で一番問題となっているのが、残業時間です。誰もが残業をなるべくしないで、定時に帰ることができる仕事に就きたいと思うでしょう。定時で帰れる仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。定時で帰れる仕事の特徴、定時で帰れる仕事術を紹介していきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

土日が休みで定時で帰れる仕事は本当にある?ない?

土日が休みで定時で帰れる仕事は本当にある?ない?

日本の労働環境で一番問題となっているのが、残業時間です。誰もが残業をなるべくしないで、定時に帰ることができる仕事に就きたいと思うでしょう。 結論から言ってしまうと、土日休みで定時で帰れる仕事はあります。しかし、業種、役職、正社員であるかどうかが関わってきます。近年では、労働基準法の規制が厳しくなったので、大企業であれば監査が入ります。定時後の見回りをする会社、残業に申請を要する会社など、残業を減らす努力をしている会社もたくさん存在します。

定時で帰れる仕事の特徴10

定時で帰れる仕事の特徴10

女性は、プライベートを重視したいという人が半数もいます。給与が多くて残業が多い仕事よりも、給与が低くても定時で帰れる仕事が良いという女性が半数を上回り55%もいます。それだけ、女性にとって定時で帰れるということは大切なことです。 しかし、女性だからといって、男性よりも良い待遇が受けれるわけではありませんが、女性の多い部署には、定時退社できる職が多いです。例えば、女性の多い事務職は定時で帰れることが多いです。 また、女性は育児のため定時退社しなければならないという人も多いでしょうが、近年では、育児のために定時退社が優遇される会社も多くなってきています。

男性の場合は、一般的に残業がある仕事、部署、業種に就いている人が多いです。業種や職業によっては、男性でも定時に帰れる仕事はあります。

新卒

会社や部署によりますが、新入社員は基本的に定時退社です。先輩や上司に気を遣って、定時が過ぎても残っている新入社員が多いですが、実は「早く帰ればいいのに、なんじまで残っているのだろう」とおもっている人が多いです。 また、新入社員が残業しているということは「仕事ができません」という印象を与えてしまい逆効果です。新入社員であるからこそ、定時で退社できます。

転職

定時で帰れる仕事に転職したいという人は多いでしょう。転職において定時に帰れる仕事を探すのは、転職エージェントを利用することです。転職エージェントは、キャリアアドバイザーとして企業との密に関わりがあり、企業の実体も理解しています。定時で帰れる仕事を条件としてエージェントに伝えれば、定時で帰れる仕事を探して紹介してくれます。

中途採用

企業が不定期に行う人材採用で、既存事業の拡大、新規事業への進出、企業の経営戦略などに大きく関係しているので、定時で帰れる仕事を見つけるのが新卒よりも難しくなります。 ホワイトな企業は人気もあり、採用人数が埋まってしまっていることもありますが、稀に条件に合った新入社員が見つからない場合は、定時で帰れるようなホワイトな企業でも中途採用を行っていることがあります。

正社員

正社員で定時に帰れる仕事は多いとはいえません。しかし、業種、部署、役職によっては、正社員であっても定時に帰ることができます。 また、一日の作業量が決まっている仕事は、定時で帰れることが多いです。具体的には、達成しやすいノルマが設けられている仕事です。一日の仕事量が一定なら、ノルマさえこなせば帰宅できます。

派遣社員

正社員に比べると、派遣社員は定時退社しやすいとされています。派遣社員は、契約元が派遣会社で、業務指示を出すのも派遣会社です。契約以外の業務は行う必要がないので、派遣社員は比較的定時に帰ることができます。

公務員

役所の窓口関係の地方公務員は、定時退社できます。所属先にはよるので、一概に定時に帰れるとはいえないですが、一般の激務の職業よりは定時退社しやすいといわれています。

部署

部署によっては、大半の会社で定時で帰れる仕事があります。事務職は、基本は定時退社です。しかし、営業事務は時期によって残業が多くなる会社も多いです。総合職は、月初や月末は忙しいときもありますが、月の残業時間はそこまで多くありません。経理職は、決算期は忙しいので多少の残業はありますが、ほぼ毎日定時で帰ることができます。

勤務時間が決まっている仕事

定時で帰れる仕事には、一日のノルマが決まっていて作業が一定な仕事、勤務時間が決まっている仕事に多いです。 例えば、診察時間が決まっている開業医、スケジュール次第で自由な時間ができる大学教授、勤務時間が決められていて午前中で仕事が終わることが多いごみ収集業、薬局に勤めている薬剤師、明るい時間内の作業が求められる建設業、税務省で働く国税専門官などがあります。

地域別定時で帰れる仕事の求人情報

地域別定時で帰れる仕事の求人情報

東京

東京の定時で帰れる仕事は、看護師、准看護師、医療事務、受付を含む医療系の仕事が一番求人があります。また、保育園の現場で働く看護師の求人も多いです。 次に多いのは、事務職です。事務職は、一定の仕事量のため定時で帰れることが多いです。また、受付の仕事も事務職と同じくらいの求人があります。企業によっては、お客さんが少ない時は定時よりも前に帰れることもあります。

大阪

大阪の定時で帰れる仕事は、看護師、准看護師、また医療事務と同じくらい庶務業務を含むもの、経理、営業などの事務職の求人が多いです。また、大阪では、定時帰ることが難しいとされているエンジニアなどの専門職も、定時で帰れるという条件のもと求人を出しています。

福岡

福岡の定時で帰れる仕事は、一定のノルマが決まっていて、勤務時間が決まっている工場内での作業員や製造業が一番多いです。次は、やはり看護師と准看護師、事務が多いです。

定時で帰るための効率的な仕事術

定時で帰るための効率的な仕事術

作業時間を把握し、スケジュールを立てる

作業時間を把握し、スケジュールを立てる

定時で帰れる仕事術は、自分の作業時間を把握し、スケジュールを立てることで、仕事を効率的に進めることです。今日一日終わらすことを把握し、それに合わせてその作業をどのくらいの時間かけてするのか把握することが重要です。 まずは、メモ帳に今日一日のやることを書き出してから、スマホやパソコンのスケジュール表などを利用して、細かくスケジュールを入れていきます。 時間がなければ、午前中は何をする、午後は何をするとアバウトにスケジューリングをしても良いですが、なるべく資料作りを1.5時間、打ち合わせ2時間など、細かく記入してください。記録することで、意識的に時間を気にして作業することができます。

想定外の作業が入る余裕を作る

定時で帰れる仕事術は、急な作業の追加で仕事の予定が崩れるを防ぐため、余裕を持つことです。急な作業の追加で仕事量が増え、今日までにしたかったことを終わらせることができず、結局定時に帰れることができなくなります。 想定外の仕事は、いつ起きるかどうかわからないので、対処できるように想定外の作業が入ることを想定しておくと、ある程度余裕をもつことができるので、対処がしやすくなります。そうする事で仕事の効率もあがりますので、スケジュールには余裕を作っておく事も大事なことです。

休憩を必ず入れる

休憩を必ず入れる

仕事を自分のスケジュール内で終わらせるために、休憩を取らないで仕事をしたいという人も多いでしょうが、実は、休憩を取らないことは逆効果です。定時で帰れる仕事術は、休憩をしっかりとって、頭をリフレッシュすることです。休憩で心と体をリフレッシュすることで、仕事の効率も上がり、結果的にスケジュールどおり、作業を終わらせることができるようになります。

自分以外の人に予定通りに作業してもらう

自分以外の人に予定通りに作業してもらう

定時で帰れる仕事術は、他の従業員にも予定どおり働いてもらうことです。大事な作業の依頼をしたのに、まだ連絡がこないために先に作業ができない、進まないなんてこともあります。そのために、自分のスケジュールが崩れてしまい、一日のノルマが終わらない、帰れないということがあります。 そうならないために、その作業をいつまでにやってほしいのかを、しっかり伝えることが大切です。他の従業員にも仕事のスケジュールがあるので、後回しにされてしまうこともあるでしょうが、しっかりいつまでに終わらせてほしいか、いつ連絡が欲しいか伝えることで、後回しにされることを回避することができます。

定時で帰れる仕事でプライベートを充実させよう

定時で帰れる仕事でプライベートを充実させよう

定時で帰れる仕事を選ぶ、または定時で帰れる仕事術を守ることで、プライベートを充実させることができます。自分の時間ができるので、自分磨きにも時間を使うことができるでしょう。 また、遅くまで残業することで次の日に疲れが取れず、仕事の効率が下がってしまい、仕事時間が長いのに終わらないということが起こります。そのため、定時で帰るということは自分にとっても、仕事効率においても大切なことです。

関連タグ

アクセスランキング