IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定時で帰れる仕事の特徴10・定時で帰るための効率的な仕事術

初回公開日:2017年12月01日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

日本の労働環境で一番問題となっているのが、残業時間です。誰もが残業をなるべくしないで、定時に帰ることができる仕事に就きたいと思うでしょう。定時で帰れる仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。定時で帰れる仕事の特徴、定時で帰れる仕事術を紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

土日が休みで定時で帰れる仕事は本当にある?ない?

定時で帰れる仕事の特徴10

女性は、プライベートを重視したいという人が半数もいます。給与が多くて残業が多い仕事よりも、給与が低くても定時で帰れる仕事が良いという女性が半数を上回り55%もいます。それだけ、女性にとって定時で帰れるということは大切なことです。 しかし、女性だからといって、男性よりも良い待遇が受けれるわけではありませんが、女性の多い部署には、定時退社できる職が多いです。例えば、女性の多い事務職は定時で帰れることが多いです。 また、女性は育児のため定時退社しなければならないという人も多いでしょうが、近年では、育児のために定時退社が優遇される会社も多くなってきています。

男性の場合は、一般的に残業がある仕事、部署、業種に就いている人が多いです。業種や職業によっては、男性でも定時に帰れる仕事はあります。

新卒

会社や部署によりますが、新入社員は基本的に定時退社です。先輩や上司に気を遣って、定時が過ぎても残っている新入社員が多いですが、実は「早く帰ればいいのに、なんじまで残っているのだろう」とおもっている人が多いです。 また、新入社員が残業しているということは「仕事ができません」という印象を与えてしまい逆効果です。新入社員であるからこそ、定時で退社できます。

転職

中途採用

正社員

派遣社員

正社員に比べると、派遣社員は定時退社しやすいとされています。派遣社員は、契約元が派遣会社で、業務指示を出すのも派遣会社です。契約以外の業務は行う必要がないので、派遣社員は比較的定時に帰ることができます。

公務員

役所の窓口関係の地方公務員は、定時退社できます。所属先にはよるので、一概に定時に帰れるとはいえないですが、一般の激務の職業よりは定時退社しやすいといわれています。

関連タグ

アクセスランキング