IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

副社長と取締役との違い|会社員/責任/会社の総会の議決権

初回公開日:2017年12月24日

更新日:2020年11月14日

記載されている内容は2017年12月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

会社内の敬称として「取締役」「社長」「副社長」などを耳にしたとき、その役割や意味の違いを明確に理解していますか?これらの敬称には、社内における役職の序列を表すだけではなく、法律で定められた決まりがあります。ここではその違いを詳しくご紹介します。

会社内における敬称の違いと意味について

会社内における敬称の違いと意味について
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

役職には3種類がある

役職は、大きく以下の3種類にわけられます。 ①会社法・商業登記法で定められた役職(法律で定められている役職) ②社内外の敬称として用いられる役職 ③法人税法で定められた役職

取締役は法律で決められた役職

執行役員は社内外の敬称

副社長の役割

副社長の役割
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

会社の定款により設置可能

副社長の責任

代表取締役と社長の違い

代表取締役

社長

社長とは社内の規定によって定められた役職名のことで、公的、法的な効力はありません。会社によっては社長という役職を設けず、CEO(最高経営責任者)、ディレクター、マネージャーという肩書を使用するところもあります。 社長の役割としては、会社のとして、会社の進むべき未来を決める必要があります。理念をもとに、どのようにして売り上げを立てるか、どうやって事業を展開していくかなど、進むべき指針を明らかにして社員に示します。

代表取締役社長

「代表取締役社長」という敬称をよく聞きますが、これは役員である「代表取締役」が社内の規定による役職の「社長」を兼任しているということです。「代表取締役」がイコール「社長」を意味するわけではありません。社長はあくまで従業員としての最高の責任を持つものであって、役員ではありません。

関連タグ

アクセスランキング