IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネクタイの種類と特徴|結び方/アスコットタイ/柄/生地

更新日:2020年08月28日

ビジネスファッション

皆さんはネクタイにさまざまな種類があることをご存知でしょうか。女性はもちろん男性でもあまり知らない方は多いのではないでしょうか。この記事はそんな方に向けてネクタイのさまざまな種類をご紹介しています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

ネクタイの種類を覚えよう

ネクタイにはさまざまな種類があります。 種類によって結び方が変わったり、シーンごとの使い分けも必要になる場合があります。ここではそんなネクタイの種類についてご紹介していきます。 これから使用する予定のある方や興味のある方は、ぜひ読んで参考にしてみてください。

ダービータイ

ダービータイとは先端が三角形に尖ったネクタイのことをいいます。ネクタイといえばこの形を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 名前の由来については諸説あります。イギリス貴族のダービー卿が使用していたことから広まった説や、ダービー競馬場で流行したネクタイだという説など、ほかにもさまざまあります。 現代でもっともポピュラーなネクタイといえるでしょう。

ウールタイ

ウールタイとはウール素材を使用したネクタイのことです。 ウールとは「羊毛」です。フランネルのジャケットなどと相性はよく、暖かく見えるので寒い冬にネクタイです。逆に言うとほかの季節、特に夏などには向きませんので期間が限定されてしまい、コストパフォーマンスは悪いでしょう。 種類としてはあまり厚すぎないものを選びましょう。もちろんペラペラな物もだめですが、分厚い物だと結びづらくなりますので、ほどほどの暑さの物を選ぶのがポイントです。

アスコットスカーフ

アスコットスカーフとは薄いシルク素材のマフラーのようなスカーフのことです。 アスコットタイという幅広ネクタイもありますが、こちらは主にフォーマルに使用されます。アスコットスカーフはそれとは違い、カジュアルに使用できるスカーフです。ストールやマフラーのような巻き方のコーディネートが一般的でしょう。 カジュアルなジャケットと組み合わせて着るのはもちろん、トラッドな上着と合わせてもオシャレです。さまざまな着こなしを試してみて、自分に合った着こなしを見つけてみてるのも良いのではないでしょうか。

蝶ネクタイ

蝶ネクタイとはボウタイとも言われ、主に蝶結びやリボン状のネクタイのことです。 種類としては一本の紐などを蝶結びにしたものや、最初からできあがっている結び型を留めるだけのものなどさまざまあります。一般的によく知られているネクタイの種類ではありますが、普段づかいはしないので持っていない方も多いのではないでしょうか。 基本的に蝶ネクタイはフォーマルな場面で使用するのにピッタリなネクタイです。これをつけるだけでラフな格好もパッと華やかに見せてくれますので、結婚式などに着用するのがです。

リネンタイ

リネンタイとは麻素材でできたネクタイのことです。 生地が薄いのが特徴で、裏側まで透けて見えてしまう種類の物もあります。見た目が涼しいため、暑い季節に着用するのが一般的です。そのためコストパフォーマンスは悪いですが、着けているだけで夏らしさを演出でき、とてもおしゃれです。 夏だけではなく春のカジュアルな装いの際にもです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ニットタイ

ニットタイとはニット素材のネクタイのことです。 リネンタイほど薄いわけではないですが、見た目が涼しいのでこちらも夏に着用するのがです。しかし、特に暑い時期限定というわけではありません。カジュアルな装いの際にもぴったりな種類のネクタイです。 ほかの特徴としては柄物が少ないので、派手目な物が好みの方にはあまり向かないでしょう。逆に、無地やシンプルな物が好みの方にはです。服装の合わせ方によってはクラシカルで落ち着いた装いも演出できます。 大人のおしゃれにぴったりなネクタイです。

初回公開日:2017年12月14日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング