IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

海外コンセントの形状|C/BF・海外コンセントを変換方法

更新日:2020年08月28日

ガジェット

旅行や留学、出張などで海外に行くときに、必須の持ち物であるデジカメやスマホ、パソコンなど。海外でも日本と同じようにそのまま充電できるのでしょうか。ここでは、海外のコンセントにはどんなタイプがあるのか、日本の電化製品はどうやって海外で使うのかをご紹介します。

海外では、コンセントの形状や電圧が違うということは上記でお伝えしました。では、実際には、海外コンセントはどのように使うのでしょうか。国別に、海外コンセントの使い方をいくつか紹介します。

台湾

台湾のコンセントは、日本と同じAタイプです。そのため、台湾では、日本の電化製品のプラグをそのまま差し込むことができます。時々、3穴式になっているところもありますが、平型を挿入できる部分が2つと、丸穴が1つになっているので、この平型ピン2つのところに日本から持ってきた製品をそのまま差し込めば使えます。 まれに、CタイプやOタイプの場合もありますが、この場合には変換プラグが必要となります。また、台湾の電圧は110Vで、日本の100Vよりも少し高い電圧になっていますが、ほとんどの場合、変圧器は必要ありません。

中国

中国のコンセントは、Aタイプ、Bタイプ、B3タイプ、Gタイプ(BF)、Cタイプ、Iタイプ(O)、Eタイプ(SE)などが多種類の形状があり、電圧も220Vと日本よりも高いため、多種類のプラグがセットになっているような変換プラグや変圧器が必要となります。 ただし、デジカメや携帯電話、パソコンなどは、ACアダプターに「100~240V」と記載があれば、変換プラグのみ必要で変圧器は必要ありません。 また、最近ではAタイプが使用されていることが多いので、この場合には、変換プラグも変圧器も必要ないということになります。

ハワイ

ハワイのコンセントは、日本と同じAタイプですので、変換プラグは必要ありません。電圧は、110/120Vとなっているので、日本よりも若干高めです。台湾の場合と同じで、ほとんどの場合変圧器は必要ありませんが、アイロンやドライヤーなど熱を持つ製品は、少し注意した方が良く、変圧器の使用をします。 また、まれに差し込み口が3穴のものもありますが、縦長の2穴に日本のプラグを差し込めばそのまま使えます。

フランス

フランスのコンセントは、CタイプとEタイプ(SE)の2種類の形状があります。一般的には、Cタイプの形状の方が多いので、Cタイプの変換プラグを用意しておくと良いでしょう。また、フランスの電圧は、220Vとなっていますので、220Vに対応していない電化製品を使う場合には、変圧器が必要となります。

香港

香港のコンセントは、イギリスの影響で、BFタイプ(Gタイプ)の形状が一般的となっていますので、日本の電化製品を使用するには、BFタイプの変換プラグが必要となります。また、電圧は、220Vと日本よりも高いので、220Vに対応していない日本の電化製品を香港で使用する場合には、変圧器が必要となります。

韓国

韓国のコンセントは、Cタイプ、Eタイプ(SE)が一般的な形状です。一部、Aタイプのコンセントもありますが、これ以外に場合には変換プラグが必要となります。また、電圧は220Vと日本よりも高いので、こちらも、220Vに対応していない電化製品を使用するには、変圧器が必要となります。

初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング