IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コンセントの種類と形状|3相200V/単相200V

更新日:2017年11月30日

ガジェット

今日本で使われているコンセントの形状は1つではありません。よく見かけるコンセントは単相100Vのコンセントです。200Vのコンセントは、違う形をしています。さらに、外国で使われているコンセントは違う形をしています。ここでは、コンセントの形状について紹介します

オフィスなどで使われるサーバーには、無停電電源装置が欠かせません。一般にはUPSと呼ばれていますが、サーバーの大きさや数に合わせて、幾つもの容量のタイプが販売されています。 そして、このUPSの大容量タイプでは、20,000ワットを超えるものもあり、電源として単相200Vのコンセントを利用します。UPSのコンセントには、簡単に外れないように、ロックする機能を備えたコンセントを使う機種もあります。 導入する前に、コンセントの形状を確認して、あらかじめ工事しておく必要があります。

冷蔵庫

家庭用の冷蔵庫は100Vのコンセントで使用しますが、業務用の大型の冷蔵庫は三相200Vを電源として利用するのが一般的です。これは、大きな電力を使用する業務用冷蔵庫に電気を効率よく伝えるには、三相200Vが適しているからです。 さらに、三相200Vのモーターは効率がよく電気を動力に変える使う点もメリットになります。 そのため、一般のコンセントとは形状が違う三相200V専用のコンセントが必要となります。

海外のコンセントの形状

セブ島

セブ島のあるフィリピンのコンセントは、日本で使われている2枚の金属板が平行に並んだ形のタイプが使われています。 ただし、電圧は220Vです。日本から持ち込んだ家電製品のコンセントを指すと、電圧が高すぎて壊れることもあります。中には、100Vから240Vまで使えるタイプもありますが、形状が同じだからといってそのままコンセントに挿すのは危険です。

マカオ

マカオでは、香港などと同じBFタイプと呼ばれる3つの端子の付いたコンセントが使われています。日本のコンセントとは形状が全く違うので、日本から持ち込んだ電気製品を使うには変換コネクタが必要です。

台北

台北に代表される台湾のコンセントの形状は、日本のコンセントと同じです。電圧も110Vと日本の100Vに近いので、日本から持ち込んだ電気製品がそのまま利用できます

ニュージーランド

ニュージーランドで使われているコンセントは、2枚の金属版がちょうど八の字の形に並び、さらにその下に1枚の金属版がある、まるで人の顔を思わせる形状をしています。そして、電圧は240Vです。そのため、日本から電気製品を持ち込む場合は、コンセントの変換器と変圧器が必要になります。

シドニー

シドニーを中心とするオーストラリアのコンセントも、ニュージーランドと同じ形状です。

南アフリカ

南アフリカでは、丸型のピンを3本使ったコンセントが使われています。元は、イギリスで使われていた形状のコンセントですが、今では南アフリカとその周辺国でしか使われていません。めずらしい形状のコンセントです。

モルディブ

モルディブで使われているコンセントも、マカオなどと同じBFタイプです。この形状は、香港やシンガポールでも使われています。そのため、変換コネクタが簡単に入手できるタイプです。

初回公開日:2017年11月30日

記載されている内容は2017年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング