IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

LANコンセントを自作する方法・LANケーブルの取り付け方

更新日:2019年04月01日

ガジェット

もし、1ギガの光回線を引いているのなら、有線LANで接続しないともったいない。とはいえ、家の中で有線LANが使える場所は限られてしまいます。それならLANコンセントを自作して、自分の好きな場所に高速のLAN回線を引いてみてはいかがでしょうか。

どのお宅にも電源コンセントがあるはずです。そして、それらのコンセントは、同じような大きさのプラスチック製のカバーに取り付けてあります。実は、このカバーは簡単に外せます。 壁のコンセントを良く見ると、壁に密着したパーツと、その上に被せてあるカバーの間に、狭いすきまがあります。この隙間に、ドライバーなど薄くて丈夫な道具を差し込むことで、このカバーが外れます。 中には、電源コンセントなどが枠に固定してあります。もし、空いている枠があれば、そこにLANコンセントを組み込めます。 ただし、壁の電源コンセントの内部は、下手に触ると感電する危険があるので、取り付け工事や修理をする場合は電気工事の資格が必要です。そのため、むやみに壁のコンセントカバーを外してはいけません。

LANコンセントの増設の仕方

電源コンセントを増設する場合、大抵は最寄りの電源コンセントから電源ケーブルを延長して繋ぐことで、比較的簡単に工事が可能です。しかし、LANコンセントを増設する場合は、そう簡単ではありません。 もし、LANコンセントを増設しようと思ったら、スイッチングHubから増設する場所までケーブルを配線しなければなりません。あらかじめパイプを用意しておけば作業は比較的楽ですが、経路によっては配線できないケースもあります。 なお、既存のLANコンセントを使えないようにして、近くにLANコンセントを増設する場合は、中継コネクタを使うことでLANケーブルを延長して使えます。 ただし、こういったコネクタを使うと、ノイズが増えることで通信速度が遅くなることもあります。LANコンセントを増設した場合は、そこからスイッチングHubまで、新しいLANケーブルを張り直すのがおすすめです。

LANコンセントを自作する時におすすめのモジュラージャック

パナソニック(Panasonic) ぐっとす情報モジュラジャック CAT6 ミルキーホワイト NR3170
パナソニック(Panasonic) ぐっとす情報モジュラジャック CAT6 ミルキーホワイト NR3170

LANコンセントを自作する場合のおすすめのモジュラージャックは、パナソニック製のぐっとす 情報モジュラジャックです。ホームセンターや家電量販店をはじめ、Amazonなどのインターネットでも購入できます。 一般家庭でもよく見かける、パナソニック製コンセントのカバーに合わせた大きさになっており、専用器具が無くても圧着できるので、自作するの方におすすめの製品です。

自宅にようやく光が来たので、家庭内lan配線をdiyすべく購入。新築時にコルゲート管を各部屋に通してあったので、掃除機とビニールテープを駆使しlan線を通しました。んで、こいつ。6個のうち1個しっぱい。パネルに無理矢理押し込んだために断線したと思われます。 けど、ズブズブの素人の自分がノンストレスで有線ライフを遅れているのはこの製品のおかげです。シャッター付きだから高級感ある。 さすがパナソニック。ぐっと押すとプチっと感触があり、これがたまらなくイイ。成功した!というのが感じられる。もしかしたらこのプチにこだわって作ってあるのかもしれん。 さて、プライムビデオを見ながらビールでも飲むか。

業者に依頼する場合のLANコンセントの工事費用

LANコンセントの工事が自分にはできそうもないと感じてもあきらめないでください。家庭用のLAN配線の工事だとしても、業者に依頼できます。

NTT

NTTの光回線に契約しているのであれば、光回線の終端装置からパソコンを設置してある部屋まで、一律料金でLANケーブルを引いてもらえます。休日の作業や、引き回す部屋によって、追加料金が発生しますが、15,000円から20,000円程度で配線してもらえます。 また、壁の電源コンセントに、LANコンセントを設置してほしい場合は、電気工事会社に依頼してください。この場合、作業の難易度によって費用が変わります。 目安は、作業費が3,000円から10,000円で、材料費が8,000円から13,000円、これに管理費やその他の部材費が加算されます。 なお、複数の部屋に設置する場合は、作業費や他の経費が共通で、材料費は設置場所分だけ増えると考えてください。

コンセント型の無線LANの使い方

主にホテルの部屋に設置されているのが、コンセント型の無線LAN装置です。コンセントに組み込むために、小型に作られており、表側に無線LANのアンテナとLANコンセントを備えているので、無線LANでの接続に加えて有線LANの機器も接続できます。 なお、取り付け方法は特殊なので、工務店に依頼するの一般的です。それは、電源配線が一般的なコンセントではなく、電源コンセントに直結するため、電気工事の資格が必要になるからです。 ただし、高価になりますが、LANケーブルから電源を取るPoEに対応した機種もあります。こういった機種は、PoEに対応したスイッチングHubに接続することで、電源の接続が不要になるので、電気工事の資格がなくと取り付けが可能です。 また、コンセント型であっても無線LANとしての使い方は同じで、SSIDとパスワードを登録するだけで使えます。

LANコンセントで快適なインターネットを

最近は、WiFiでも複数の電波を利用することで、最大で1Gの速度が出る無線ルーターも販売されています。しかし、自宅で複数の機器でWiFiを使ったり、電子レンジなどの影響があると、無線では安定した高速通信ができません。 その点、手間はかかりますが有線で接続すれば、安定した高速通信が可能です。1Gの高速な光回線を契約しているのなら、安定して高速通信ができる有線LANを利用してください。 そして、有線LANを使うなら、ケーブルが邪魔にならないLANコンセントを活用してはいかがでしょうか。

初回公開日:2018年03月05日

記載されている内容は2018年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング