IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

天高く馬肥ゆる秋の意味や使い方|読み方/由来/季節・例文

言葉の読み方

秋を象徴する言葉に「天高く馬肥ゆる秋」があります。秋の清々しい空気や高く澄んだ空、馬たちのんびりと草を食べている光景が連想されますが、この言葉は現代の美しい秋のイメージを伝えるものではなかったのです。この記事では語源や由来・意味を詳しくご紹介します。

更新日時:

「天高く馬肥ゆる秋」に秘められた日本人が知らない本当の意味

「天高く馬肥ゆる秋」に秘められた日本人が知らない本当の意味

「天高く馬肥ゆる秋」の読み方

日本では秋の時候の挨拶としてもよく使われる「天高く馬肥ゆる秋」という表現に、澄み渡る秋の空を連想し爽やかなイメージを抱く方が多くいらっしゃいます。この言葉が生まれた事情や背景は後述しますので、まずは、「天高く馬肥ゆる秋」の読み方をご紹介しましょう。 天高く馬肥ゆる秋:てんたかくうまこゆるあき 次の項では「天高く馬肥ゆる秋」の本当の意味をご説明いたします。

多くの日本人が知らない言葉の意味とは?

多くの日本人が知らない言葉の意味とは?

日本での「天高く馬肥ゆる秋」は「秋は空気が澄み、空も高く感じられて、馬さえも肥えるような収穫の季節でもある」という意味があり、秋という季節の素晴らしさを示す表現として、手紙などで広く時節の挨拶として用いられています。そのため、多くの人が秋晴した青空の下で運動で汗を流したり、芸術鑑賞をしたり、読書をするなどして短い秋を楽しみましょう、というポジティブな意味で使っています。

もともとは違う意味だった

しかし、杜審言の詩「蘇味道に贈る」に記された「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」に基づき、忠実に「天高く馬肥ゆる秋」の意味を紐解いていくと、日本人がポジティブに使っているその意味とは真逆の意味で伝わっていることがわかります。 中国で伝えられている「天高く馬肥ゆる秋」は「馬が肥ゆる秋には必ず事変が起きる。今年もその季節がやってきたから警戒するように」という警戒を表す言葉として使われていました。つまり、この言葉の発祥の地である中国では、秋の季節が近づいてきたので、領地を奪いに来る敵軍に気を付けようという人々への用心を示す言葉だったことがわかります。

警戒を示す言葉がうまれた語源とは?

警戒を示す言葉がうまれた語源とは?

その昔の中国は、広大な敷地面積に数多くの民族が生活していたとされています。その中でも北方の騎馬民族の匈奴が、収穫の秋になると大挙して領土や食料などを略奪にやって来ました。 前漢の趙充国はそれを見抜いた上で「秋が深まり空が高く澄む季節となってきた。そろそろ馬がよく肥え、たくましくなってきた頃である。この季節になると、また北方の騎馬民族が大挙して我が国に略奪にやって来るだろうから、よく警戒するように」と、警戒の言葉として使っていたとされています。 しかし、匈奴が滅びた後は現在のポジティブな意味で広く使われるようになったとされています。

この言葉がうまれた由来・事情や背景について

「天高く馬肥ゆる秋」に出てくる馬は、秋になる前、つまり夏の間にたくさんの草を食べて強くなった匈奴(北方)の馬たちが要塞に攻め込んでくるぞ、という警告の意味が秘められていることを前述しました。つまりは、秋は戦いの季節になることを当時の中国人たちに示唆した言葉だとされています。 中国は非常に大きな面積の国であると同時に、国境を接する国や異なる民族が数多く存在していることから、漢民族は紀元前から周囲に存在する無数の多民族に攻め込まれてきた歴史があります。そのため、多民族との関係は常に悩みの種でした。   特に、唐の末期には北方の騎馬民族との関係がより悪化したとされ、耶律阿保機という人物が唐の次に大契丹国を作り、後に、遼という名の国に変えたとされています。このような戦が起こった背景には、北方民族たちが武力だけの侵攻ではなく、その土地の事を良く知り知恵を持つようになったことが関係しています。 つまり、漢書で「秋至れば馬肥え、弓勁く、即ち塞に入る」と記されたこの言葉は、「馬が肥える頃になると争いが起こる、国民は戒めて防戦の準備をせよ」という警告を秘めていました。

この言葉が指し示す季節は秋

この言葉が指し示す季節は秋

現代で使われている「天高く馬肥ゆる秋」には「秋の快適な気候」という意味があります。秋の空気が澄み渡り、穏やかに晴れたことで空を高く感じられ、人間だけでなく馬さえも食欲を増して肥えるほどさまざまな食物の収穫がある時期であることが由来となり、秋の快適な気候を表す言葉として「天高く馬肥ゆる秋」という言葉が用いられています。

「天高く馬肥ゆる秋」はどのように使う言葉?

「天高く馬肥ゆる秋」はどのように使う言葉?

お手紙を出す際の時候のご挨拶

短い秋に見られる秋晴れは、秋特有の移動性高気圧が乾燥した空気で上空を覆い、空が抜けるように澄み、青く見える空のことを指します。また、空気が澄んでいるのは、日中だけでなく夜も同じで、日本では旧暦の9月13日を「十三夜」といい、「十五夜」と並ぶ名月として古から親しんできました。 「寒露」とは、夜が長くなり野草に宿る露が冷たく感じられる頃のことで、空気が澄み渡り清々しい秋晴れの日が多くなり、夜空には月が美しく輝く秋のことです。この寒露の頃に出す手紙に使える時候の挨拶が「天高く馬肥ゆる秋」です。

例文紹介

また、手紙の構成として「時候の挨拶」の後に「相手方の安否を尋ねる挨拶」が続くのが礼儀とされていますので、「時候の挨拶+安否の挨拶」の例文としてご紹介します。 ■時候の挨拶 + 安否の挨拶の例文 ①庭の木にも柿が多く実り天高く馬肥ゆる秋となりましたが、(お元気でいらっしゃいますか)。 ②天高く馬肥ゆる秋、皆様におかれましてはますますご壮健のことと拝察いたします。 ③天高く馬肥ゆる秋たけなわの季節が到来しましたが、(お元気でお過ごしでしょうか)。

天高く馬肥ゆる秋の類義語

天高く馬肥ゆる秋の類義語

「天高く馬肥ゆる秋」と同じく時候の挨拶として用いる挨拶文は複数ありますが、ここでは類義語である四字熟語を2つご紹介します。 ■秋天馬肥(しゅうてんばひ) ■天高馬肥(てんこうばひ) 【意味】 ・秋は空が高く澄み渡り、馬さえも食欲を増して肥えてたくましくなること。 ・爽やかで気持ちの良い秋の天候を表現する言葉。 【由来/語源】 古代中国では、収穫の秋にあると略奪のため匈奴が馬に乗って攻めてきたので、警戒の言葉として使われていました。現代の日本では、広く「天高く馬肥ゆる秋」として使われています。

天高く馬肥ゆる秋の筆者は?

天高く馬肥ゆる秋の筆者は?

「天高く馬肥ゆる秋」の由来とされている故事は「雲淨妖星 秋高塞馬肥」という漢語で、原典は「贈蘇味道」です。筆者は杜審言(としんげん)で、杜甫の祖父に当たり、唐時代に詩人として活躍した人物だとされています。   「秋になると北方の異民族が馬を太らせて攻め入ってくる。準備を怠ってはならない」という警戒を示す言葉で、塞馬(さいば)は北方の馬、妖星(ようせい)は不吉なことの例えだと伝えられています。

「天高く馬肥ゆる秋」に続きはあるのか?

「天高く馬肥ゆる秋」に続きはあるのか?

杜審言の詩「蘇味道に贈る」が原典で、「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」が天高く馬肥ゆる秋の由来とされていますが、実は「贈蘇味道」には下記の漢書が残されています。 【贈蘇味道(一部抜粋)】 北地寒応苦,南庭戍未帰。 辺声乱羌笛,朔气卷戎衣。雨雪関山暗,風霜草木稀。胡兵戦欲尽,漢卒尚重圍。雲淨妖星落,秋深塞馬肥。 据鞍雄剣動,挿筆羽書飛。輿駕還京邑,朋游満帝畿。 方期來献凱,歌舞共春輝。 清朝時代になる頃には、この言葉はロシアの脅威を説く言葉として使われるようになったとされています。

美しい日本語に磨きをかけて

この記事では「天高く馬肥ゆる秋」の意味や語源、由来、使い方などについてご紹介しました。現代の日本では秋らしい快適な気候を表現する言葉とされ、季節の挨拶などに多く用いられるのが一般的です。 「秋晴れ」という言葉が広く使われるほど秋は空が高く澄み渡り、人間だけでなく動物たちも冬に備えて、秋の実りを食べどんどんと肥えていく季節である秋を象徴するかのような言葉「天高く馬肥ゆる秋」は、情景が思い浮かぶ美しい挨拶文だということができます。 しかし、この言葉は「匈奴の略奪」が由来となり、実りの秋・食欲の秋といった清々しさや美しさとはかけ離れ警戒や戒めという意味が込められていることは意外だったのではないでしょうか。現在では中国でもポジティブな意味で使われていますが、このような背景を知った上で挨拶文を使いこなせるようになると、さらに美しい日本語に磨きがかかるのではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング