IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

承諾書の例文|役員就任/通行堀削/私道通行・入社の承諾書の書き方

更新日:2020年12月10日

就活マナー

就活をしていると入社承諾書や内定承諾書と書かれた封書が届きます。この承諾書初めて書く人には書き方が分からずに悩んでしまう人が多いでしょう。そこで今回はそんな承諾書でお悩みの方のために承諾書の例文と入社承諾書の書き方について説明していきます。

代筆しちゃだめなの?

保証人欄は代筆してしまうと「私文書偽造」と呼ばれる法律違反になってしまうので、代筆はしない方が良いでしょう。わざわざ筆跡を鑑定する企業はありませんが、もしも代筆した事が大きな問題になってしまったらせっかくの内定も無駄になってしまうので、代筆はせずにルールに従って保証人欄は三親等以内の方に書いてもらいましょう。

辞退する場合の手順

では内定承諾書や入社承諾が手元に届いたけど、辞退する場合はどうすれば良いのでしょうか。そんな内定をもらったけど辞退したい時の手順について説明していきます。

入社を辞退する場合はすぐに企業に連絡を取ろう

内定をもらったけど、どうしても他社に行きたい、他社からも内定承諾書が届いたりする事があります。そうした場合は内定をお断りする企業に入社の辞退を申し入れます。できれば電話で人事担当者に直接辞退する旨を伝え謝罪しましょう。担当者がいない場合は人事部に連絡し辞退する旨を伝えましょう。そうすれば辞退する事ができます。

担当者に繋がらない場合はメールしよう

どうしても担当者が捕まらない場合はメールで辞退を申し入れましょう。折り返しの電話が有ったらきちん辞退する意思がある事を伝え謝罪します。ただメールするだけでは良くないので向こうからの折り返しを待つか、メールの後時間をみて電話して謝罪しましょう。

無断で辞退しない

やってはいけないのが無断で辞退する事です。必ず辞退する企業に謝罪をして辞退の意思を伝える事が大事です。なぜならもしあなたが別の会社に就職したとしても同じ業界にいたらどこかで顔を合わす可能性も高くなります。そのため辞退をする場合は後々の事を考えあと腐れなく謝罪して辞退しましょう。

入社承諾書を出してしまった後は辞退できるの?

ここまでは入社承諾書や内定承諾書を提出する前に辞退するためにはどうすればいいのかという説明をしてきました。では入社承諾書や内定承諾書を企業に提出してしまった後にどうしても辞退したくなった場合はどうすれば良いでしょうか。実は入社承諾書を出した後でも辞退は可能です。

入社承諾書の法的な効力はどのくらい?

入社承諾書や内定承諾書は契約書のような書類であるにもかかわらず、書類提出後も辞退する事が可能な理由に法的な効力が関係しています。 入社承諾書や内定承諾書には、法的な効力は一切ありません。法的に拘束する事ができない書類であるため、提出後に辞退したいと申し入れても企業側は断る事はできません。そのため入社承諾書を提出してしまっても辞退する事ができます。

承諾書と同意書の違い

承諾書と同意書という書類がありますがこの二つの書類の違いはどこなのでしょうか。承諾書と同意書の違いについて説明していきます。

初回公開日:2018年02月20日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング