IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

承諾書の例文|役員就任/通行堀削/私道通行・入社の承諾書の書き方

更新日:2020年12月10日

就活マナー

就活をしていると入社承諾書や内定承諾書と書かれた封書が届きます。この承諾書初めて書く人には書き方が分からずに悩んでしまう人が多いでしょう。そこで今回はそんな承諾書でお悩みの方のために承諾書の例文と入社承諾書の書き方について説明していきます。

添え状の概要では何を同封何枚同封しているのかという内容を書く場所です。特に難しいことはありません。本文との境目に単語の「記」を中央寄せで書いて本文と概要を分けます。分けたらその下に箇条書きで良いので「内定承諾書(入社承諾書)1部」 「住民票のコピー1部」のように書きましょう。 今回は同封している書類は内定承諾書と身分証の代わりになる住民票コピーをあげていますが、企業によって必要な書類も変わってきますので、もしまだ書類がある場合はその書類の名前も箇条書きで記入しておきましょう。 概要を記入したら最後に「以上」と言う単語をいれましょう。履歴書などでも使う単語ですが、「これ以上続きはありません」という意味があります。必ず最後に以上と入れるのを忘れないようにしてください。

添え状の例文

拝啓 時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 この度は内定のご連絡を頂き、誠に感謝申し上げます。 つきましては以下の書類を送らせて頂きますので、 ご確認くださいますようよろしくお願い申し上げます。 まだまた判らぬことばかりで至らぬ点も多々ありますが、 ご指導、ご教示の程お願い申し上げます。 つきましては、ご指示頂きました書類を同封致しましたので、 ご査収の程よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 入社承諾書 1部 住民票のコピー1部 以上

保証人欄の書き方

企業によっては身元保証書や連帯保証書と呼ばれる書類を記入する事があります。こうした保証書には必ず保証人欄があります。この保証人欄はどのように書けば良いのでしょうか。ここではそんな保証人欄の書き方について説明していきます。

保証人欄は自分では書けない

身元保証書の本人欄の名前と住所と生年月日と記入年月までは本人が記入しても問題ありません。しかし保証人欄には保証人しか書けないので自分の親や親戚に書いてもらう必要があります。

保証人欄を書いてもらうための3つのルール

身元保証書の保証人欄を書いてもらうためには3つのルールを守る必要があります。身元保証書をもらったら参考にして保証人欄を書いてもらいましょう。

①三親等以内の人に書いてもらう

まずは保証人欄のルール1つ目「三親等以内の人に書いてもらう」です。まず一親等から説明していきます。一親等はあなたのご両親とあなたの兄弟の事です。二親等はあなたのご両親の親である祖父や祖母とその兄弟や姉妹の事を意味しています。三親等は祖父と祖母のご両親である曾祖父や曾祖母などを差しています。 三親等以内という事は一親等と二親等も含んでいます。どうしてもよくわからない場合は、素直にご両親に保証人欄の記入と印鑑を押してもらいましょう。

②独立して生計を立てている人を選ぶ

保証人欄のルール2つ目「独立して生計を立てている人を選ぶ」です。独立していて生計を立てている人とはつまり、ご自分で仕事をしていて生活をしている人の事を意味しています。 例えば父親がどこかの企業で働いていて、母親は専業主婦の場合は、母は扶養に入っているため独立して生計を立てているわけではありません。この場合は父に頼むのが良いでしょう。他にも兄弟が働いていて生計を立てている場合は兄弟に頼んでも問題ないでしょう。

保証人にされた人に迷惑は掛からない?

保証人にされた人に迷惑が掛かってしまうのではと考えてしまう人もいるでしょう。ただ就活の場合の身元保証書の場合は、特に費用を請求されたりする事はありません。そのため保証人の方に迷惑が掛かる事はないので安心してください。

③直筆で書いてもらう必要がある

保証人欄のルール3つ目「直筆で書いてもらう必要がある」です。保証人欄は必ず記入者の直筆で記入してもらう必要があります。そのためできれば距離が近い場所に住んでいる人にお願いするのが一番です。どうしてもご両親しかいない場合は仕方ない場合は郵送で送って記入してもらうのが良いでしょう。

初回公開日:2018年02月20日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング