IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

週報の意味や目的・書き方や例文|筋トレ/アパレル・ツール

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

週報を書くことによって仕事がスムーズに進むと考えている人は少なくありません。ただ、週報が書き手の負担になってしまうような状況を作ることは、企業にとってマイナスとなりますから、その目的や手順、活用方法を明確にすることが重要です。

週報の意味や目的

週報とはその名の通り、毎週行う報告です。もちろん、内容は週報を作成する人、読む人にとって意味のあることですが、状況によって大きく異なります。ただ、重要なことは週報によって情報を得られることが多いことや週毎の予定を立てる時の参考にする必要があることでしょう。仕事や人との付き合いなどスケジュールを調整する時の参考にしなければなりません。 週報の媒体もいろいろです。昔であれば新聞のような印刷物が大半でしたが、現代ではスマートフォンやパソコンを使った電子媒体が増えてきました。企業内では少人数のグループだけで週報を作成して、仕事の進捗状況などを確認し合うことも少なくないでしょう。 スマートフォンであれば、外出先でも内容を簡単に確認できます。忘れてはならないことなどを事前に記載しておけば、本人だけではなく周りのサポートも受けやすくなります。

週報の書き方や例文

週報の書き方には特別な決まりがあるわけではないですが、その目的を意識しておくことが重要です。例えば、会員の皆さんに対するお知らせ事項などを掲載しているなら、その日程や申し込み方法などを記載すること必要でしょう。使われている週報は読む人の立場によって変えなければなりません。いくつかの例で考えてみましょう。

筋トレ

筋トレ週報とはブログのタイトル名です。筋トレと直接的な話題ではありませんが、週報と名がついていますから、週毎の話題が書かれていま。実際のブログを読んで見ればわかりますが、星座の動きが詳しく書かれています。今週の自分の星座がどのような状況にあるかを知っておいて、それを行動の中で考慮することができるでしょう。 もちろん、それは読む人がどう考えるかを判断すればいいだけであり、筋トレ週報は情報提供をしているにすぎません。 ただ、何かを見て毎週の行動を判断すると言う習慣は決して悪いことではありません。日曜日はゆっくりと休んで、月曜からの仕事では気持ちをリセットすることができるからです。週報はよく使われていますが、月報はあまり使われません。仕事や日常生活は週を単位として動いていると感じている人がほとんどでしょう。そのために週報の役割は大きいと考えてください。

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事はシステムのメンテナンスがメインとなります。システムを安定して動作させるためには日々の確認が重要です。週報は先週のやり直しや今週やらなければならないシステム対応作業が掲載されていることでしょう。もちろん、システムが急にダウンするような状況は滅多に発生しませんが、もしダウンしたならば週報に掲載されていることはすべてキャンセルされることでしょう。

週報による情報共有

週報を付けていると言うことは、それを複数の人が見て確認をしていることを意味します。仕事は一人でやるわけではありませんから、チーム内で情報の共有が重要となります。そのための手段が週報と考えればいいでしょう。もちろん、紙に印刷したものではなく、ネットワーク上のサーバーにアクセスして内容を確認することになります。 日常的にパソコンを使用している人にとっては紙に書くことよりもパソコンに入力する方が簡単です。週報は予定を書くだけではなく、その日の進捗も記載します。 これにより進捗管理ができます。システムエンジニアの仕事は個人でやることが多いことと、パソコンに向かっての作業であるため、進捗が見えにくい特徴があります。グループ全体を統括している上司にとっては、週報は重要な管理ツールと考えていいでしょう。

アパレル

アパレルにおける週報はこれからの1週間ではなく、先週の売り上げの状態を説明するための資料となります。もちろん、店舗の担当者は状況をわかっているとしても、経営者や他の店舗の責任者に週報として情報を提供することが重要な目的です。 アパレル業界は競争が激しいため、各店舗はいろいろな工夫をして、お客を集めようと考えています。その努力の結果が週報に凝縮されていると判断されます。 経営者はすべての店舗の売り上げが伸びることが嬉しいでしょうが、それほど簡単なことではないでしょう。店舗の責任者は売り上げが下がってくると、ノルマが達成できずに非常に厳しい立場に置かれてしまいます。

週報から読み取れること

アパレル業界は毎年周期的に販売する者が変化しますが、去年と今年では流行が違うため、在庫をできるだけ少なくすることが重要です。具体的にどうすればいいかは店舗内で考えています。 経営者の考え方で週報の取り扱い方は変わってきます。過去のデータをただ周知するだけでは意味がないと考えるなら、その数字から見えてくることを社員に考えさせています。つまり、売り上げの変化がどこからもたらされたかを読み解くことです。

教会

多くの教会では週報を発行しています。教会の神父さんなどが協力して作成しています。もちろん、信者の皆さんに配布していますが、それ以外に近所の人たちにも教会への誘いの説明書として利用する場合もあるでしょう。 最近はインターネット上にも教会の週報が掲載されるようになってきました。教会に興味がある人は読んで見るといいでしょう。提供される情報は教会独自の催し物をメインとしていますが、キリスト教の共通のイベントなども情報提供されています。

教会からの情報提供

毎週同じことを掲載しても、誰も読まなくなりますから、その時々の教会に関するコラムに力を入れています。新しく信者になろうと考えている人に説明しやすい文章で書かれたコラムです。教会が積極的に信者を増やす取り組みをしているわけではありませんが、週報を読むことで関心を持ってもらいたいと考えるからです。 日本の多くの家庭では仏教が一般的ですが、若い人たちにとっては、それほどなじみがあるわけではありません。ほとんど無宗教状態と言えるでしょう。そのような人たちに教会の週報に書かれた記事を読んでもらうことで、新しい視点で物事を見られる人になってもらいたいと期待しています。

タイトル

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング