IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宛名の御中の正しい書き方・注意点・行との使い分け・訂正の仕方

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

御中といった言葉はビジネス上で必ず使う必要がある言葉です。例えば返信が必要になる封筒を受け取った場合には、御中といった言葉に書き直す必要があります。御中には同時に使えない言葉もあり、使い間違えるとマナー違反とされてしまいますので注意しましょう。

宛名の御中の正しい書き方

「御中」とは、手紙やはがきを書く際に宛名の下につける言葉です。「御中」とは、会社や団体名、部署の後につけられる敬称のことを言いますので、個人のお名前の後ろには「様」をつけることになり、「御中」とはつけられません。 御中の意味は、その住所、企業の中の誰か、または担当者が分からない時に、個人のお名前を書くことができない場合に宛名の下に「御中」と書き入れます。会社名の後に「御中」と書き加えれば、「その会社の中の誰かに読んでいただきたい」という意味になります。 担当者のお名前がはっきりとわかっている場合の書き方は、「御中」とは使わず、「○○様」と書き加えるのが正しい書き方です。そのため、その企業の中のだれが読んでも構わないという場合や、だれ宛てにお手紙を出せば良いのか分からない場合には「○○会社御中」と書き加えるのが正しい書き方になります。

願書の封筒の書き方

願書とは、入社、または入学試験を受けるために申し込みをする書類のことを言います。最近では願書を出すにあたってインターネットを利用する場合も増えてきていますが、基本的には手紙や書類で願書を提出することがほとんどです。また、今後社会人になるにあたって、正しい手紙の書き方や「御中」の使い方を覚えておいた方が良いでしょう。

願書に御中と書く意味は

例えば願書を提出するにあたって封筒が用意されている場合があります。この場合の書き方は、封筒には「○○学校入学事務係行」と書かれてある場合があります。「御中」とは、「その中の誰か」という言葉を丁寧語に変換されたもので、その学校、または企業の人であれば、「だれが読んでも構いません」という意味を持っています。 複数の職員が所属する企業、または学校に書類を送る場合、個人の名前が分からず、団体名として書類を送る場合の書き方です。そのため、入学用の願書であった場合でも、入社するために送付する願書の場合であっても、「行」という言葉を消して、「御中」に書き換える必要があります。

願書の御中の書き直し方

「行」という言葉が、すでに書かれてある封筒の場合には、この「行」という言葉に斜線を引いて、「御中」と書き換えなければいけません。封筒の宛名が縦書きになっている場合には、その左側に「御中」と書き入れ、横書きの封筒であれば、「行」という文字の下、もしくは右側に「御中」と書くのが正しい書き方です。 その封筒の宛名を読んだ際に、視線が読む方向と逆にならないよう書き加えましょう。縦書きの封筒の場合、「行」という言葉を消した後の右側に「御中」といった文字を書いてしまうと、視線を向ける方向が逆になってしまいます。「御中」という言葉は、視線の流れに沿った書き方をしましょう。

履歴書の封筒の書き方

願書を送る封筒の書き方についても同じです。履歴書を送る際の封筒の書き方についても、最低限のマナーが求められます。履歴書を送付するための封筒は、A4サイズ以上のものを選びましょう。 これは、履歴書を折らずに入れた方が良しとされているためです。特に履歴書を折り曲げてはいけないといった決まりはありませんが、履歴書を読みやすくするためやファイルしやすいように、履歴書を折らずに入れることができるサイズの封筒を選びましょう。 また、封筒の色はなるべく白い色の封筒を選びましょう。一般的にビジネス用として用いられる茶封筒でも構いませんが、茶封筒は「安い」、という印象がありますので、履歴書を入れるにはふさわしくないと考えていらっしゃる方も少なくありません。 封筒のサイズや封筒の色によって採用の可否が決まるということはありませんが、面接をするにあたって、できる限りのことはすべて行っておきましょう。

履歴書の宛名の書き方

履歴書の封筒の書き方についてですが、履歴書を送付する封筒の書き方は、縦書きに書く場合であれば右から順番に宛先の住所、宛名を記入します。履歴書の正しい書き方は、省略しないということがマナーですので、住所も省略することなく、都道府県から記入して下さい。番地についても「‐」で省略せずに書くよう心がけましょう。 その企業が大きな建物の中にある場合には、ビル名と何階にあるのかをはっきりと記入しておいてください。住所を書く場合には、1行で収める必要がありません。また宛名を書く場合には、住所を書いた文字よりも少し大きめの字で書きましょう。担当部署宛てに送る場合であれば、会社名を1行目に、部署名を2行目に書き入れます。

履歴書に御中と書くには

会社名の書き方は、「○○株式会社○○部御中」と書き入れます。宛先の敬称は、担当者のお名前がわかっている場合であれば「様」と書き入れ、部署宛てに送る場合であれば「御中」と書いてください。よくある間違いの中に、「殿」と書いてしまう方がいらっしゃいますが、「殿」という敬称は目下の方に用いる言葉になりますので、これは間違った書き方になります。

返信用封筒

次のページ:返信する場合の書き方は
初回公開日:2018年02月03日

記載されている内容は2018年02月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング