IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務内容の書き方や例文|飲食店/販売/事務/保育士/産業医・コツ

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

職務内容の書き方や例文とは、どのようなものでしょう。職務内容をはじめて記載する人は、採用担当者にどのように自分の職務内容が見られるか不安があると思います。そこでこの記事では、飲食店・販売・事務・産業医などの職務内容の記載方法を例文とともにまとめてみました。

業務内容

業務内容の記載の仕方は、ほぼ事業内容と同じものになります。そのため、職務内容とはかなり違った内容になることもあります。業務内容を記載する時は、その会社が通常行っている業務を記載することが基本となります。 たまに行われる業務については、とくに必要な以外は記載しなくても良いでしょう。業務内容も自分の職務内容と関係している時は、アピールになるので記載すると良いです。例えば、自分が担当している仕事内容がその会社のメインの業務である場合は、「会社のメインの業務である、システム開発を担当してきました」などとなります。 自分が担当した以外の業務内容がイメージできない場合は、会社のホームページなどで調べるとわかるでしょう。

わかりやすい業務内容

わかりやすい業務内容としては、基本的に箇条書きでその会社の業務を記載すると良いでしょう。一番最初に記載する業務内容は、その会社のメインで行っている業務を記載します。 その際の注意点としては、他の人がみた時に理解できるように簡単な用語で業務内容を記載します。業務内容も採用担当者にアピールするための文章になるので、誰にでもわかるように用語を選んで説明すると良いです。せっかくしっかりとした業務をしていても、その会社の業務がイメージできなければ、意味がありません。 業務内容は職務経歴書の中に記載することがありますが、その時は長々と記載するのではなくて要点をついてまとめることが大切です。また、記載する時のポイントとして応募している企業との業務内容における接点などがある場合は、積極的にその内容を記載しましょう。採用担当者は、同じような業務をしてきた人に対しては、印象が良いです。

面接官に好印象を与える職務内容の書き方のコツ

面接官に好印象を与える職務内容の書き方のコツとしては、インパクトのある記載をすることがポイントです。それは、応募している企業について調べてみて、自分の職務内容に興味をもってもらえるように会社との共通点を見つけます。 その点をメインにして職務内容を記載できれば、面接官に対しても好印象な職務内容となります。面接官は面接の間、履歴書と職務内容を主にみて質問をしてきます。その時に、自分の会社との共通点を感じることができる職務内容であれば、色々と質問してきてくれます。 実際に質問された時に困るのではないかと感じる方もいますが、その点を考慮しても職務内容でアピールできるように記載することは大切です。また、面接の時に面接官が見やすいように整理された職務内容であるととても好印象になり、面接官も読みやすいので質問してきてくれます。

面接官は職務内容のどこを見ているか

面接官は、あなたの職務内容がどの程度求人にマッチしているか見てきます。職務内容から面接官はあなたが入社した後にどの程度の仕事ができるか想定します。その予想が会社の求める人材として合致している場合は採用となります。 なので、職務内容を記載する時は、はじめの段階でどのような人材を必要としているか事前に求人内容や電話で確認することが大切です。

面接で好印象な職務内容の書き方のポイント

面接で好印象な職務内容の書き方のポイントは、あなたと実際に面接した時に職務内容から受けるイメージと同じかそれ以上の評価になるような職務内容が良いでしょう。 それは、自分も無理して良くみせるような職務内容ではなくて、自分らしい他の人には負けない職務内容である必要があります。自分が他の人には負けないと言えるいくつかのポイントに絞って職務内容をまとめるとより良い職務内容となります。

初回公開日:2018年04月09日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング