IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務内容の書き方や例文|飲食店/販売/事務/保育士/産業医・コツ

初回公開日:2018年04月09日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

職務内容の書き方や例文とは、どのようなものでしょう。職務内容をはじめて記載する人は、採用担当者にどのように自分の職務内容が見られるか不安があると思います。そこでこの記事では、飲食店・販売・事務・産業医などの職務内容の記載方法を例文とともにまとめてみました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

職務内容の書き方や例文

職務内容の書き方とは、自分の経歴をいかにして相手に上手に伝えるかがポイントです。ただ箇条書きするだけの職務経歴書では相手に伝わらないところがあります。自分が一番言いたい事をまとめて先に記載して、詳細については後で記載する方法であれば、採用担当者も最後まであなたの職務内容を見てくれるでしょう。 また、自分が仕事をしていた業界では当たり前のように使用されている言葉でも専門用語であったりするので誰にでもわかるような内容で書くことが職務内容の基本です。これは、自分で職務内容を記載している時に丁寧過ぎると感じるくらいの書き方で丁度良いです。 採用担当者があなたがいた業界のことを知っているとは限りません。例文としては、「業務内容 エンジンのパーツなどの設計開発」などがあります。

飲食店

飲食店についての職務内容とはどのようなものでしょう。他の仕事と比べると接客が主な仕事である場合と調理が主である場合とがあります。もしも接客が主な職務内容であった場合は普段の仕事でどのような接客をしていたか記載する必要があります。 飲食店の接客であれば、具体的にどのような接客をしていたかがポイントとなりますが、例文として「カレー専門店で注文をとる接客対応」と記載しても良いでしょう。もしも文章で職務内容を記載する時は、どの点に自分が力をいれて飲食店での仕事をしていたかなども記載すると印象が良いです。 飲食店をしていた人はかなりいるので、その中から他の人に負けない内容を記載するなら、調理であればどの程度の仕事まで任されていたかや、一人でどこまでできるようになったかなどを具体的に書けると良いでしょいう。

してはいけない飲食店の書き方

してはいけない飲食店の書き方としては、調理であれば自分が担当していた仕事内容をただ箇条書きにするには良くないです。他の人の同じような内容を記載するので職務内容としては、インパクトに欠けてしまいます。 職務内容はあくまでもこの人を採用したいと思ってもらえるような内容である必要があります。具体的には、店長に認められて他の人が任されないような仕事まで業務としてやっていたなども記載すると良いでしょう。 例えば、材料の発注などを任されていたのであれば、それはアピールできるのでかなり強調して記載すると良いでしょう。発注という業務は飲食店の仕事の中でも重要な仕事です。理由としては、お客の数を予想したうえで必要な材料を必要な日に発注する業務は、ある意味で飲食店で一番難しく重要な仕事の一つです。

販売

販売の仕事に関する職務内容の書き方としては、どのような商品について販売を担当していたかが重要になります。そのためにどのような知識が必要でどのような能力が自分にあるかを記載できていることが大切になります。 販売という仕事は、職務内容で記載するとあまり印象に残らない内容になる傾向がありますが、自分がどの商品について力を入れて販売していたかをしっかりと書ければ採用担当者もあなたの事を覚えてくれるでしょう。 具体的な例文としては「新規開発の医療機器の販売を主任として担当してきました」などがあります。このような内容であれば、採用担当者はあなたに色々質問したくなります。面接などを想定して職務内容を記載しておくと、面接の時に自分に有利に面接を進めることができます。

事務

事務に関する仕事の職務内容を記載する時は、会社の中でどのような担当であったか明確に記載できると良いでしょう。事務的な仕事が会社内ではたくさんあるので、その事務的な仕事の何を担当していたかはっきりと記載できている職務内容は他の人よりもインパクトがあります。 また、自分の得意とする力を発揮して事務の仕事をしていた人は、「特技であるパソコンのブラインドタッチを使って会社の重要書類作成をしていました」などと記載できます。今ではパソコンのブラインドタッチは当たり前のように思えますが、正確にスピーディーに打つことのできる人は、会社内で評価されます。 また、長時間正確なブラインドタッチをできる人は、自分に自信をもって良いでしょう。さらに、会社内での書類作成についてさまざまな経験がある人は、積極的にそのような内容を職務内容で記載するとアピールになります。

事務の書き方の大きなポイント

事務の職務内容の書き方の大きなポイントとしては、どのような知識が必要な分野の事務をしていたか記載すると良いでしょう。採用担当者が見たいのは、あなたがどのような経験を積んでいて自分の会社に入社した場合、どのように対応していくかを考えます。そのイメージが具体的にできる人ほど採用される可能性が高くなる傾向があります。 そのため、一般的な職務内容も同じですが、その会社の求人をよく把握して、必要とされる能力に合致するような事を記載できると好印象です。あまり必要とされない事をたくさん記載してもアピールにはなりません。 また、職務内容としては相手に伝える方が良いと考える順番で職務内容を記載していくと採用担当者も最後まであなたの職務内容を見てきれます。言い換えれば、仕事内容については優先順位をつけてインパクトのある内容から記載していくと書類審査を通過する可能性も高くなるでしょう。

保育士

保育士の職務内容はどのように記載すればよいでしょう。職務内容の中に他の保育士とは違った役割の仕事をしていたなどを記載しても良いです。例えば、「直接子供の面倒をみる以外では、園児が帰ったあとに積極的に保育園の掃除をしていました」などがあります。 保育園では役割分担で掃除をすることがありますが、かなり面倒なので嫌われる仕事でもあります。それを積極的に掃除していたことを記載すれば、採用担当者もあなたに色々な事を期待してくれるでしょう。 職務内容では、このように自分ならではの特徴のある内容を記載できるかどうかが重要となってきます。

産業医

産業医の職務内容の書き方のポイントとしては、どのような患者をメインに業務してきたかが大切です。その得意とする分野が産業医としてどのように活かせるかが採用担当者が気にするところでしょう。産業医は他の医師の仕事と比べた場合体力的にきつい側面があります。 このような理由から当直などの経験のある人は、そのことについて集中的に職務内容として記載するとアピールになる場合があります。具体的な職務内容の例文としては、「シフト勤務で当直を担当して、さまざまな急患の対応をしてきました」などがあります。 産業医は、その会社が24時間シフト勤務で成り立っている場合があります。このようなケースでは、産業医として必要なことは夜勤も含むシフト勤務に耐えることのできる人であることです。

アパレル

関連タグ

アクセスランキング