IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「時代の寵児」の意味/類語/対義語/用例・連想するもの

初回公開日:2017年11月14日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

その時代を象徴するような輝かしい功績を残したり、時代の最先端を走る先駆者などを総称して「時代の寵児」と表現することがあります。ここでは、世の人々に愛され、一時代を築いた時代の寵児のほか、栄光なき天才と呼ばれる陰の偉人についてもご紹介します。

「時代の寵児」の意味

「時代の寵児」とは、その時代を代表するようなスターや成功者を表した言葉です。例えば、天才音楽家のモーツアルトや、一流の発明家で画家としても活躍したレオナルド・ダ・ヴィンチ、日本国内では幕末の志士と称される「坂本竜馬」など、あたかも神によってその時代に送り込まれたかのような才能を発揮し、人々に愛され続ける人というニュアンスを含んでいます。

「時代の寵児」の読み方

じだいのちょうじ

「時代の寵児」の読み方は「じだいのちょうじ」です。「寵(チョウ)」という漢字には、恵み・慈しみなどの意味があり、字の作りを観察してみると「家(うかんむり)」の中に「龍(ドラゴン)」が入っています。これが竜神を祀る「お社(おやしろ)」を表し、「尊い」「身分が高い」「大変価値の高い」という意味を持つようになったと考えられています。

「時代の寵児」の言い換え表現

「時代の寵児」と同じ意味やニュアンスを持つ表現には、次のようなものがあります。

一時代を画した人

「時代の寵児」の一面を表す言葉に「一時代を画す」があります。その時代の最先端を走る先駆者という意味を持つ表現で「一線を画する」とも言われるように「画する」には、他との間に明確な境界線を引くという意味があります。つまり、数ある先駆者の中でも特に秀でた特別な存在として、区別されるべき人物というニュアンスを含んでいます。

一世を風靡した人

時代の寵児と似た意味を持つ表現には「一世を風靡する」があります。「一世」は、ひとつの時代を表し「風靡」は、風が草木をなびかせる様子を表現しています。具体的には、ある時代において、広範囲にわたって影響力を及ぼした人物という意味で、戦後日本を勇気づけたと言われる「昭和の歌姫」美空ひばりや、俳優の石原裕次郎などが代表的です。

「時代の寵児」といえば

世に成功者と呼ばれる人は数多存在しますが、その中でも「時代の寵児」と評される人物には、共通した特徴があることに気づくでしょう。次にそのいくつかを挙げてみます。

飛ぶ鳥を落とす勢い

「飛ぶ鳥を落とす勢い」は、生きて活動している鳥を一瞬で落とすような瞬発力を表した慣用句です。そんな時代の寵児としてまず浮かぶのは、フェイスブック(facebook)のCEOとして知られるマーク・エリオット・ザッカーバーグでしょう。当時最年少の25歳で、経済誌「フォーブス」による「世界で最も若い10人の億万長者」の有数にランクインしました。

肩で風を切る

関連タグ

アクセスランキング