IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「概ね」の読み方/意味/類語/用例・「概ね」が意味する範囲

言葉の読み方

「概ね」は会議の資料や商談で頻繁に耳にする言葉ですが、実は意味を詳しく理解していない人は少なくありません。この記事では「概ね」の正しい意味、類語との意味の違いや共通点、さらにはその使い分けまで解説します。明日からでも実践できる語彙力をここでみにつけましょう。

更新日時:

意外と読めない? 「概ね」の正しい読み方

意外と読めない? 「概ね」の正しい読み方

正しい読み方は「おおむね」

「概ね」の字の正しい読み方は「おおむね」です。一般的にはよく使われる言葉ではありますが、会話で用いられることはなかなかなく、主に文書の上で使用されます。そのため、実は間違った読み方をしていた人も多いのではないでしょうか。「がいね」などと読んではいけません。「概ね」と書いてあったら「おおむね」と読みましょう。

「概ね」の意味を正しく理解しよう

「概ね」の意味を正しく理解しよう

「概ね」には、大きく分けて二つの意味があります。一つはものごとの「大体の趣旨」を表す意味です。この意味は「大旨(大まかな内容)」を表す漢字から来ています。似たような意味の、「概して」という言葉も同じ漢字を使うので、「概」という言葉自体にこうした意味が含まれていることが分かります。 「概ね」の二つ目の意味は、「ある状態の大部分を占めること」です。つまり「〇〇は概ね~~だ」という表現があれば、○○の大部分が~~である、という意味になります。「概ね」という言葉で最も多く使われる意味は、この大部分を占めるという意味です。

「概ね」の類語もおさえよう

「概ね」の類語もおさえよう

「だいたい」の意味との違い

「だいたい」の意味は、「ものごとの全体をつかんだこと」という意味になります。一見すると「概ね」と似たような意味に見えますが、ニュアンスに若干のちがいがあります。 まずは共通点から見ていきます。「概ね」と「だいたい」の意味は、「ものごとの要旨をつかんだこと」という点で共通しています。さらに詳しく言えば「細かい部分を無視した、ものごとの主要な軸となる部分」とも言えます。 しかし、「概ね」にはない意味が「だいたい」には含まれています。それが「ある程度」という意味です。具体的には「だいたい理解した」という例文に見ることができますが、これは「ある程度(大まかな内容を)理解した」という意味です。ところが「概ね理解した」となると微妙に意味が変わってきます。つまり「大まかな趣旨を理解した」という意味になり、その理解度が異なることが分かります。 まとめると、「だいたい」はやや薄い理解も含みますが、「概ね」はしっかりとした理解のみを含むということです。

「おおよそ」の意味との違い

「おおよそ」の意味は、「概ね」と重なるところですと「大まかなあらまし」という意味があります。前述の例文に当てはめると「おおよそ理解した」と「概ね理解した」の意味はほぼ同じと言えます。 しかし「おおよそ」には「概ね」とは少し異なる意味合いも含まれています。それが「おおざっぱに見て」と「そもそも・一般的に」の意味です。 まずは「おおざっぱに見て」という意味から見ていきます。これには「おおよそ~~だろう」という推測の意味合いが読み取れます。つまり細かい部分の理解は及んでいないけれども、大まかな趣旨はつかんだということです。これは「概ね」の持つ意味合いとは異なります。「概ね」の意味としては、大まかな軸も細かい部分もおさえた上で、だいたいの趣旨を指摘するニュアンスになります。 続いて「そもそも・一般的に」の意味を見ていきます。これは「概ね」には完全に含まれない意味です。具体的な例文としては「おおよそ~~ならば○○する」というものが挙げられます。語源としては「概ね」の「大部分を占める」という意味と似ていますが、実際の用法はものごとの一般性を述べるものになるので、混同してしまわないように注意が必要です。

「ほとんど」の意味との違い

「ほとんど」の意味との違い

「ほとんど」という言葉は、「概ね」の意味と非常に近い意味を持っています。「ほとんど」の主要な意味は「大部分・大多数」です。またそれから派生した意味で「あと少しのところで」という意味もあります。 しかし「概ね」とは全く異なる意味もあるので注意が必要です。「ほとんど」には「切実である様子」という意味があります。日常的にもビジネス的にも使用される機会は少ない意味ではありますが、「概ね」との違いを理解しておくことは、この二つの言葉を使いこなすうえで非常に重要です。

「おおかた」の意味との違い

「おおかた」という言葉も、「ものごとの大部分」という意味で「概ね」と共通しています。しかしこれまで見てきた類語同様、「概ね」と異なる意味があるので注意が必要です。 「おおかた」に含まれる「おそらく・たぶん」という意味を見ていきます。これは「推測」の意味合いです。「概ね」には全く含まれない意味なので混同しないようい注意する必要があります。見分け方としては、推測の意味で「おおかた」を使う際は、その後に「~~だろう」という語尾が生じます。これが出たら「おおかた」は推測の意味で使われていると判断できます。 逆に自分で推測の意味に使いたいときには、意識的に「~~だろう」と語尾をつけると、正しく使用することができます。推測の意味は最も多く使われるので、ぜひ使い分け、読み分けができるようになりましょう。

「あらかた」の意味との違い

「あらかた」の意味は「ものごとの大部分」という点で「概ね」とほぼ変わりません。しかしその「大部分」が占める範囲に微妙なニュアンスの違いがあります。 「あらかた」の方は「概ね」よりも包含する範囲が狭い、もしくはおおざっぱです。それは「あらかた」という言葉を漢字にすると「粗方」となることからも分かります。つまり意味が含む範囲が「粗い」ということです。そのためものごと全体に対する理解も「概ね」より弱いと言えます。

「概ね」の意味する範囲ってどのくらい?

「概ね」の意味する範囲ってどのくらい?

「ものごとの大部分」って何%?

これまで「概ね」には「ものごとの大部分」という意味があると説明してきましたが、厳密には何%くらいなのか という疑問を持つ人は少なくないでしょう。他の類語と比べると若干範囲が広いと述べてきた「概ね」ですが、実は厳密に何%と断定することはできません。そのため実際の文脈を見ることで判断していきます。 例えば「今日のテストでは概ね正答できていた」という文章があります。この際にこの人がテストで満点を取った、もしくはほとんど正解したと読み取る人はほとんどいないでしょう。しかし、この人が半分ほどしか正解できなかったと読み取る人も同じくらいいないでしょう。ということは、「概ね」という言葉が意味する範囲は「60%~80%」の間であると言うことができます。 ただしこの割合が常に正しいわけではありません。前後の文脈によって「60%~80%」の間を行き来すると考えましょう。時には「70%~80%」の可能性もあるということです。

「概ね」の用例を見てみよう

「概ね」の用例を見てみよう

概ね順調だ

これまでの説明を読んだ方ならば、この文章の解釈はカンタンにできるに違いありません。「概ね(ものごとの大部分は)順調だ」と読むことができます。この意味が最も使われる意味ですので、必ず理解しておきましょう。

概ね晴れる見込み

この例文では「ものごとの大部分」という意味はそのまま適用できません。そのため少し拡大解釈をする必要があります。 まずこの「概ね」という言葉は、「晴れる見込みがどのくらいか」を表しています。言い換えれば「晴れる確率」を言っています。ということは「ものごとの大部分」という意味から考えると、晴れる確率は60%~80%であるとなります。このように60%~80%という確立や割合を表す際にも「概ね」が用いられるので、正しく使い分けられるようになりましょう。

概ね一週間以上続く

この場合の「概ね」は、60%~80%をさらに広く解釈した「だいたい」という意味で用いられています。そもそも「だいたい」の推測自体が「おそらく当たるだろう推測」という意味があります。この推測の当たる「確率」が60%~80%ということです。

「概ね」とその類語の意味を使いこなそう!

「概ね」とその類語の意味を使いこなそう!

ここまで「概ね」とその類語の意味や使い分けについて見てきました。言葉自体はよく耳にするけれども、実際の正確な意味が分からないという人も、類語との意味の違いが分からなかったという人も、そんなに難しい言葉ではないということが分かったはずです。 こうした難しそうな言葉を理解して使いこなす一番大事なポイントは「言葉の軸となる意味を理解する」ことです。今回の「概ね」であればそれが「ものごとの大部分」という意味です。ぜひ「概ね」という言葉の理解を機に、これまで曖昧にしてきた言葉をしっかり理解してみませんか。

アクセスランキング