IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

学生が文転する理由・浪人して文転した体験談・就職は不利か?

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年02月03日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

暮らしの知恵

理系の人が文系に転向する、いわゆる文転をする人は少なくないです。そのタイミングや動機は人によってさまざま。受験生も就活生も、「文転ってどういうこと?」「文転するのって大変じゃないの?」と思う方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

文転は、人生の大きな決断

高校生の時に訪れる、文系に進むか理系に進むかという選択は、学生にとっては大きな決断です。それによって学習する科目や目指す大学、ひいては就職先が大きく変わってきます。自分の将来に関わる重大な決断です。 中には、最初に理系を選んだにもかかわらず、途中で文系に転向する学生もいます。つまり、文転です。文理選択が大きな決断である以上に、文転は大変な苦労が待っています。しかし、自分の将来を考えたときに、文転が最善であると考えて、それを選択するのでしょう。 文転をした人生の先輩たちはたくさんいます。中にはそれで成功した人も、失敗した人もいます。そういった人たちの経験談も交えて、文転について学んでいきましょう。

文転する理由

学生が文転をする主な理由として、以下のようなものがあります。 ①理数が好きで理系を選んだが、あとから文系科目に強い興味が出てきた ②将来進みたい職業が文系である ③就活に有利と聞いて理系に進みたかったが、理数が苦手なのでやっぱり文転したい ④学年が上がるにつれ、理数科目が難しくなり苦手になっていった この、①②の場合、能動的に文転を選んでいる分、転向後も苦労はあるでしょうが楽しく勉強できます。しかし、③④の場合、消極的な理由で選んでいるので、文転後の苦労も相当なものになる傾向にあります。 大切なのは、「将来、何がやりたいか」、それに必要な勉強は文理どちらなのかです。得意、苦手と感情論だけでなく、将来のことを考えて選ぶべきでしょう。

高3夏の文転は可能なのか?

高校3年の夏と言えば、受験勉強の真っただ中です。果たして、そこからの文転は可能なのでしょうか。 可能か不可能かで言えば、もちろん可能です。ただし、本人のやる気次第、ではあります。 もちろん、早くに自分の適性ややりたいことを見つけて文理選択ができるに越したことはありませんが、高校生で自分の将来の職業を具体的に考えている人はどれだけいるでしょうか。いたとしても、そのやりたいことが数年経っても変わらない確率はどれほどでしょうか。 中には受験の後に文転をする人もいます。大学に入ってから文転して学部を変わる(転部する)人だっています。就職活動をするときになって文転する人もいます。たとえ理系を選択していても、やりたいことが具体的になってきたときに文転を考えるのは、遅すぎることはないでしょう。

文転して経済学部に行くと

理系の人が文転して、意外と有利になるのが経済学部です。真面目に経済学を勉強するには、数学、中でも微分・積分・微分方程式・行列・統計が必須です。数ⅢCの分野なので、もともと理系の人は高校で習う範囲に含まれています。 経済学部では数ⅢCを勉強するので、高校時代に数Ⅲを習っていたら、文転組の方が一歩リードできることになります。

文転と国語

文転するとなったときに一つのハードルとなるのが、国語です。もともと国語が得意な人は問題ありませんが、理系の人は国語、特に現代文の記述問題や古文・漢文に苦手意識を持っている人が少なくありません。 文系大学の受験には現代文(たまに現代文+古文、ごくまれに漢文も)が必須になるので、もし苦手だと思っている人がいたら、重点的に強化する必要があります。 国語の読解力を鍛えるのは、受験勉強に留まらず、社会に出てからも役に立ちます。例えば社内メールを送るのも、ちゃんとした日本語が使えなければなりません。届いたメールを読むのも、それを理解する力がなければいけません。 文転を機に、国語を学ぶ大切さを知ってほしいです。

文転と世界史

多くの文系大学の受験科目は、センター試験が5教科7科目であり、社会を2科目とらなければなりません。高校で理系選択をしている場合、社会は1科目しか授業を受けないので、もう1科目を独学で勉強しなければなりません。 また、私立大の一般入試は、国語・英語・選択科目1つであるところが多いです。選択科目で数学を選んでもいいですが、社会から選ばなければならない場合もあります。以上の場合、日本史と世界史ならどちらがいいのでしょうか。 どちらも暗記科目であることには変わりませんが、大きく違うのは、日本史は狭く深くであり、出てくる名前は主に漢字である、世界史は広く浅くであり、出てくる名前は主にカタカナである、ということ。 以上を踏まえて、文転する人には世界史をおすすめします。世界史は広く浅くなので、独学で勉強しても、一生懸命やれば受験に間に合う可能性が高いです。日本史は大学によっては入試にマニアックな問題が出るところもありますので、もともと日本史が好きで得意である人以外は世界史を選択した方がいいでしょう。

浪人して文転した体験談

中には、文転を決意し浪人した人も多くいます。ここからは実際に文転した人の体験談をご紹介します。

関連タグ

アクセスランキング