IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「行く」の敬語表現(謙譲語/尊敬語/丁寧語)・使い方と文例

敬語

日本語というのはとても難解で、とりわけ「敬語」というと、使用するケースが多いにも関わらず、その使い分けや言葉の変化の仕方が解り辛く、なかなか正確には使いこなせないものです。今回は、敬語の中でも特に使用頻度が高い「行く」「来る」の使い分けについて取り上げます。

更新日時:

「行く」の尊敬語ほかの敬語表現は

「行く」の尊敬語ほかの敬語表現は

はじめに、敬語表現について分類しておきます。「敬語」はその性質や立場により「尊敬語」「謙譲語」そして「丁寧語」に分かれています。 「尊敬語」は、話をしている相手方やその他の方と、その動作を高めて表す意味の言葉です。「謙譲語」は、自分や同僚他をへりくだった立場で表す意味の言葉です。そして「丁寧語」は、言い回しを丁寧にして相手への敬意を表す意味の言葉です。 「尊敬語」と「謙譲語」については混同されてしまい、間違って使われる例が多く、ビジネスシーンでは間違えて使うと失礼にあたってしまいます。今回は、「行く」の敬語表現を「尊敬語」「謙譲語」そして「丁寧語」にわけて使い方他を詳しく紹介していきます。使い方を間違えないようにしていきましょう。

「行く」の尊敬語は

それでは、「行く」の尊敬語です。尊敬語は目上の方を敬う表現で、相手を建てる時に使われます。「行く」の尊敬語は、「行かれる」や「いらっしゃる」が使われます。目上の方がどこかへ「行く」場合は、「行かれる」「いらっしゃる」を使ってください。なお、この場合に丁寧さの度合いがより高い意味を持つのは、「行かれる」よりも「いらっしゃる」の方になります。

「行く」の謙譲語は

「行く」の謙譲語は、敬語の中では相手を高める尊敬語と違って、自分の立場を下げて、へりくだって使う意味の言葉になります。「行く」の謙譲語は、「伺う」や「参る」があります。「伺う」が基本で使われますが、尊敬語と混同されますので注意が必要です。 「伺う」を丁寧に使う場合は、「お伺いする」になりますが、極端にへりくだる必要がなければ「伺う」でかまいません。「お伺いする」は、丁寧語にさらに丁寧表現の「お」を付けていますので、二重敬語ですが慣例として定着していますから使用されています。

「行きます」はあまり使わない

「行きます」という言葉はビジネスシーンで使わず、謙譲語の「伺う」を使うほうがおすすめです。また、「参る」も尊敬語ではなく、謙譲語ですので注意しましょう。 「行く」の謙譲語である「伺う」は、「行く」先の方を立てる意味の表現です。「参る」の方は、自分を下げて話を聞いてくださっている相手を立てる時に使う言葉です。意味が違いますので、日常から使い慣れていくことをおすすめします。

「行く」の丁寧語は

「行く」の丁寧語ですが、丁寧語は敬語の中で一番使用頻度が高い言葉です。そのため、尊敬語と間違った意味で使われることが多くなっています。基本的に丁寧語は、語尾を「です」「ます」「ございます」にして、相手の立場に関係せずに丁寧な言葉遣いとする時に使います。 そのため「行く」の丁寧語は、語尾を変えて「行きます」になります。それ以外には「行く」の丁寧語は見当たりません。

「行く」の敬語表現の注意は

「行く」の敬語表現は、尊敬語では「行かれる」、謙譲語では「伺う」、丁寧語では「行きます」でした。「行きます」という表現は使い勝手がいいですが、尊敬語と謙譲語もうまく使ってビジネスシーンでの自分の印象を良くしていきましょう。 「行く」の敬語は、使い方を間違えると相手に失礼な意味を持ちますので、注意して使いましょう。特に「行く」の尊敬語と謙譲語は、意味を取り違えて間違いやすいです。この場合、主語に注意することが大事で、「伺う」は主語が自分自身ですので謙譲語である「伺う」を自分に対してではなく、相手の行動に対して使っては失礼に当たります。

「来る」の敬語表現は

「行く」と「来る」の敬語表現には重なる部分がありますので、意味合いを考察していきます。まず、「行く」と「来る」の違いですが、結構使い方が混在しています。基本的に自分のいる場所を基本に考えます。 つまり、今の場から出ていくのは「行く」になり、他の場所から、そこに入るのが「来る」になります。例として「〇〇が帰って来る」は表現として良いですが、自分が帰るときは「帰って来る」は使えません。

「来る」の尊敬語は

「来る」の敬語表現の中で、尊敬語は「いらっしゃる」「お越しになる」「お見えになる」そして「来られる」です。尊敬語は、相手を高める時に使う意味合いの表現ですので、相手の動作を高めるように表現します。謙譲語と混同しないように注意して使いましょう。「目上の相手がこちらに来る」のようにして、相手の行動に使う尊敬語になっています。 当然、自分の行為に対して尊敬語は使ってはいけません。

「来る」の謙譲語は

「来る」の謙譲語はありませんが、「来る」としてではなくて、自分が行く立場の意味で考えると、「伺う」、「参る」そして「参上する」が謙譲語になります。謙譲語は自分の行為に使う表現ですから、自分が「来る」とは言わないので、「来る」の謙譲語はありません。 「来る」ではなく「自分が行く」の意味で考えれば、「伺う」「参る」が謙譲語となります。「伺う」と「参る」の使い分けは、「参る」は通常何に対しても使うことができますが、「伺う」のほうは自分がへりくだることができる相手に対してのみ使うことができます。 さらに、丁寧な意味合いにするには「ます」をつけて「明日に伺います」「明日には参ります」としての使い方です。これも二重敬語ですが、習慣的に使われていますので大丈夫です。「来る」の謙譲語は自分をへりくだり、自分の行動に対して使う言葉ですので、相手の行動に対して使っては大変失礼になります。

「来る」の丁寧語は

「来る」の丁寧語はこれと言ってありません。語尾に「ます」を付けて、「来ます」しかありません。ビジネスシーンでは、尊敬語や謙譲語で言い換えることもできますが、丁寧語は相手を問わないので使うのに便利です。 自分に対して使わないように気を付けましょう。ビジネスシーンで言えば「来ます」は丁寧語ですが、丁寧語よりも尊敬語や謙譲語の方が相手を敬う度合いが高いので、丁寧語の「来ます」を使うよりも尊敬語や謙譲語を使う方が良い意味合いを持ちます。

「来る」の尊敬語の熟語とは

「来る」の尊敬語として使える熟語があります。尊敬をする表現が難しいときや、文章を短くわかりやすくしたいときに便利に使えます。一般的な「来る」の尊敬語の熟語では「ご来訪」や「ご訪問」そして「ご来宅」があります。 また、行く場所なども「ご来店」や「ご来場」そして「ご来校」の場合は明確に表すことができます。あまり聞きなれないですが、さらに敬意を示す意味を持つ「来る」の尊敬語の熟語としては、「ご来駕(ごらいが)」や「ご光臨(ごこうりん)」があります。

「行く」の尊敬語の使い方と例文

尊敬語とは、目上の方を敬う意味を持つ表現で「相手を立てたいとき」に使うものですから、目上の方がどこかに「行く」ことは「行かれる」「いらっしゃる」を使って尊敬語で表現します。そこで、「行く」の尊敬語である「いらっしゃる」と「行かれる」の使い方を紹介していきます。 尊敬語は、相手のことを高めて使う意味合いの言葉ですので、ビジネスシーンでうまく使って、自分の印象を良くするように努めましょう。

「いらっしゃる」とは

「行く」の尊敬語の中で、「行かれる」と「いらっしゃる」では、「いらっしゃる」のほうが尊敬の意味合いが強くなっています。したがって、社外の関係者や取引先他の立場の高い方に対して、尊敬語の「行く」を使う場合には、「行かれる」よりも「いらっしゃる」を使ったほうが丁寧な意味を持つ言葉遣いになります。 「いらっしゃる」の使い方の例としては、「○○様、明日は何時に会社へいらっしゃいますか。」のように、「何時に行きますか。」ではなく、こちらを使いましょう。他にも「行く」の意味での尊敬語としての例文は、「○○様、至急展示ブースにいらっしゃってください。」として使います。 なお、「いらっしゃる」は「来る」の意味も持つ尊敬語でもありますので、その場合の例文は「○○様、明日またいらっしゃってください。」や「○○様、展示ブースの方にもいらっしゃってください。」として使います。

「行かれる」とは

「行く」という言葉の活用形に尊敬の助動詞「~れる」を付けたものが、尊敬語の「行かれる」ですから、「いらっしゃる」に比べると尊敬の意味合いが弱めになります。「行く」の尊敬語としての使い方の例としては、「○○さん、明日は何時に会社へ行かれますか。」「○○さん、そのうちにでも展示ブースに行かれますか。」のように使います。 現実的には、ビジネスシーンでフランクに使いやすい表現になっています。前出のように、尊敬の意味合いを強めたい場合は「いらっしゃる」の方を使いましょう。

「行く」の謙譲語の使い方と例文

謙譲語は、自分をへりくだった意味を持って使う言葉ですが、「行く」の謙譲語は「参る」と「伺う」があります。どちらの言葉も、自分や自分の側にある人の立場を下げた意味合いで使う言葉になっています。この二つの謙譲語「参る」と「伺う」は、「来る」の謙譲語でもあるので、ある意味で広い範囲で使うことができます。 謙譲語の「参る」と「伺う」の違いは、「行く」場面ではどちらを用いても問題なく使えることが多いです。特に「参る」の方は、どのような場面でも意味合いさえ合っていれば使うことができます。 しかし、「伺う」の方は気を付けなければならない意味があります。たとえば、「散歩にでも伺いましょう」とか「○○駅に伺いましょう」の例文は間違いで使えません。

「参る」とは

「行く」の謙譲語が「参る」ですが、「来る」の意味でも謙譲語になっています。先に書いたとおり「参る」は聞き手に対して自分をへりくだった意味合いであれば、どのような場面でも使えます。 謙譲語として「行く」の意味での例文は、先ほど「伺う」が使えなかった例文でも、「散歩にでも参りましょう」とか「○○駅に参りましょう」として使うことができます。他にも「不足している書類を取りに参ります」として使います。 「来る」の意味での謙譲語としての例文では、「もうすぐ担当者が参ります」や「○○さん、社長が参りますのでお待ちいただけますか」として使います。自分の側のものをへりくだった意味合いで使います。

「伺う」とは

「行く」のもう一つの謙譲語が「伺う」ですが、「来る」の意味の謙譲語でもあります。先に書いたとおり「伺う」は自分がへりくだった意味合いを持つ相手がいないときは使えません。 謙譲語として「行く」の意味での例文は、相手を明示して、「○○さんの会社に伺います」や「○○さんにお会いするために伺います」として使うことができます。他にも「○○さんに必要な書類をお持ちして伺います」として使います。 「来る」の意味での謙譲語としての例文では、「もうすぐ担当者の○○が伺います」として使います。相手を明示したうえで、自分の側のものをへりくだった意味合いで使います。 「参る」と違って「伺う」では、行く先に自分が謙譲する相手が存在しなければ使えません。「参る」は聞き手に対して自分をへりくだった意味で使うものになっていますが、「伺う」の方は行為の相手に対してへりくだった意味合いで使うものになっています。

「行く」の丁寧語の使い方と例文

「行く」の丁寧語の使い方と例文

「行く」の丁寧語は「行きます」しかないのですが、そのためか使用頻度が多い丁寧語です。丁寧語自体が敬語の中では使い出があり、自由度が高いので良く使われます。「行く」に「ます」をつけるだけで、内容や相手にかかわらず丁寧な言葉遣いの意味合いに変わります。使いやすいため、多用されやすいので日常から尊敬語と謙譲語も使っていってください。

「行きます」とは

「行く」の丁寧語の「行きます」はビジネスシーンではやや軽い敬語ですので、日常で使われる例が多いです。敬語の場合は、使う対象の方がいなくても使うことができます。例文としては、「書類を取りに行ってきます」のように使われます。 この場合、ビジネスシーンでは謙譲語の「参ります」に言い換えることで、上位者により良い印象を与えられます。つまり「書類を取りに参ります」と言い換えます。 日常でしたら、例文としては 「○○さん、明日の飲み会に行きますか。」として、軽い敬語の意味で使うことができます。もしこの方が目上でしたら、この表現は避けて尊敬語で言い換えて、「○○さん、明日の飲み会にいらっしゃいますか。」とした方が良いです。

「来る」の尊敬語の使い方と例文

「来る」の尊敬語の使い方と例文

「来る」の尊敬語には、「見える」と「おいでになる」があります。尊敬語ですから、相手を高める意味合いで使う敬語になります。自分の行為に対して使ってはいけません。自分で自分を敬うのは、大きな間違いですので気を付けてください。「目上の相手がこちらに来る」の場面で相手の行為に対して使います。 「おいでになる」は、「行く」という意味の尊敬語でもあります。たとえば、上司が出かけるときに、「○○においでになる」と使われます。そのため、「来る」の尊敬語として使うには、「見える」を使った方が混同しにくいです。 ただし、「見える」には目で見る意味があるので、わかるように正確に使うべきです。他に「おいでになる」という敬語には、「居る」という意味もありますので、ある意味で広い使い方ができます。

「見える」とは

「来る」の尊敬語の「見える」とは、上位の者に対して下位のものが敬って使いますが、目で「見える」の意味と混同しないようにわかるようにしなければなりません。注意すべき点としては、上下関係があると思われてしまう親族間では使いませんが、お嫁さんがお姑さんに使うと躾がよいと思われます。 「来る」の尊敬語の「見える」の例文としては、「○○さんはお見えですか。」「○○さんがお見えになりました。」として使います。このように一言「見えた」とか単独で使うと、目で見たことと混同されてしまうので組み合わせて、明確にして使います。

「おいでになる」とは

「来る」の尊敬語の「おいでになる」とは、「見える」と同じく上位の者に対して下位のものが敬って使います。「おいでになる」には他にも意味があるので、わかりやすい使い方をしましょう。「おいでになる」には「行く」の敬語でもあって、その場合は、「いらっしゃる」や「行かれる」と言い換ると分かりやすいです。 「おいでになる」には「居る」の敬語でもありますので、「いらっしゃる」という意味があります。前後の文脈をはっきりさせてうまく使い分けてください。「おいでになる」の「来る」という意味から、例文としては「○○さんが遠くからおいでになった」「おいで下さりありがとうございます」として使います。 「おいでになる」は「行く」「来る」「居る」の敬語ですから、それぞれ使い分けができます。同じ言葉がつながってしまう場合は、「来る」の意味でしたら「見える」に置き換えるなどして、うまく使い分けをすることです。

「来る」の謙譲語の使い方と例文

「来る」の謙譲語の使い方と例文

「来る」の謙譲語には「参る」「伺う」があります。謙譲語は、自分をへりくだって使う意味の表現ですから、他の人の行為に対して使うのは間違いです。たとえば、「御社へ3時に参ります。」と言えますが、「○○様が参られました。」とは使えません。 正しい使い方では、相手にへりくだる表現を身内に対して使うことができるので、「社長が参りますので、少々お待ちください。」という使い方は正しい使い方です。 「来る」の謙譲語の「参る」は広く使えますが、「伺う」の方は、自分が謙譲する相手が存在しなければ使えません。その辺を注意して使い分けましょう。

「参る」とは

「来る」の謙譲語の「参る」は幅広い使い方ができますが、「伺う」の方は行く先に自分が謙譲する相手が存在しなければ使えません。「来る」の謙譲語の「参る」の例文は、「来る」の意味では「〇時に参ります」「すぐ参ります」として使います。 謙譲語ですから自分の行動に対して使います。相手に対して使うのは失礼になります。たとえば、「〇〇さんが参られました」は相手の行動に対して使ってしまっていますので間違った用法です。 また、「参る」は「来る」の意味だけでなく「行く」の謙譲語としても使います。「行く」の謙譲語としての意味合いでの例文は、「週末は実家に参ります」として使います。この場合は、相手に対して自分の行動を下げて、相手に対してあらたまった意味合いで使っていますので良い印象を与えられます。

「来る」の丁寧語の使い方と例文

「来る」の丁寧語は「来ます」しかありませんが、丁寧語よりも「尊敬語」と「謙譲語」のほうが相手への敬意を強めた意味合いの言葉です。相手への敬意を高めるのであれば、「尊敬語」と「謙譲語」に読み替える方が良いです。 代わりに丁寧語は、使い方をあまり選びませんので便利に使えます。したがって、使う場合には相手があまりに目上の方以外に使う方が良いです。特に同僚や先輩に対して使うのに適しています。

「来ます」とは

「来る」の丁寧語の「来ます」は、幅広い使い方ができます。相手のことを考えなければ幅広い意味合いで使うことができます。「来ます」の例文は「担当の〇〇が△時に来ます。」「注文の品はもうすぐ来ます。」があります。 どれも、「尊敬語」と「謙譲語」に言い換えて使う好悪ができる例ですが、そのまま使うことができます。相手をより敬いたいときでなければ普通に使うことができるのが、丁寧語の「来ます」です。

「行く」の尊敬語の適切な使い方と文例

尊敬語は、目上の方を敬う意味を持つ表現ですから「行く」の尊敬語は、前に紹介した「行かれる」や「いらっしゃる」があります。他には「お行きになる」という表現もありますが、尊敬語として間違いとは言えませんが使われることは少ないです。いずれも意味合いは同じですので、ビジネスシーンでは、好印象を与えるために上手に使っていきましょう。

「行かれる」とは

「行く」の尊敬語の「行かれる」は、「いらっしゃる」よりもやや相手を敬う度合いが低い意味合いの表現です。しかし、「行く」の尊敬語として広く使われています。例文としては、「会場へは何時に行かれますか。」「〇〇にはどのように行かれますか。」として使います。

「お行きになる」とは

「行く」の尊敬語の「お行きになる」は、「お」を付けて語尾に「なる」を付けることで尊敬語になっている意味の表現になります。しかし、「お行きになる」は口語体ですと、ほかの意味合いに混同されやすいため、「いらっしゃる」を使う場合が多くなっています。 「お行きになる」の例文は、「会場へは何時にお行きになりますか。」「〇〇にはどのようにお行きになりますか。」として使います。どちらの場合も「いらっしゃる」に読み替えることができますし、わかりやすい意味合いの表現です。

「行く」の敬語を使いこなそう!

敬語に詳しいと自信があっても、ビジネスシーンでは間違えないよう気を使います。いつも間違った使い方をしないようにしておきたいです。今回は皆さんが良く使う「行く」の敬語を、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のそれぞれを紹介しました。 特に「行かれる」「いらっしゃる」「伺う」「参る」など、ビジネスシーンでよく使われる「行く」の敬語とその使い方は大事です。 正しい敬語を自然に使えれば、ビジネスマンとしてだけでなく、日常でも「ご挨拶」などでも使いこなせた方があなたの印象もよくなります。さらに、目上の方に対して失礼に当たることも避けることができます。「行く」の敬語を使いこなしてください。

関連タグ

アクセスランキング