IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【種類別】免許取得日の調べ方・交付日との違い|普通自動車

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

履歴書に資格や免許について記入する際、その免許の名称だけでなく、免許取得日についても記入しなければなりません。免許取得日は免許証や証書に記載されています。免許によって、記載の仕方が異なることがあるので、間違えることのないよう正確に記入するようにしてください。

履歴書には、保有している資格や免許について記入する欄が設けられています。そこには資格や免許の名称以外にも、いつそれらを取得したのかを記入しなければなりません。取得日はこれまで書いたように、免許証に記載されているものを記入してください。 資格や免許の名称は正確に書かなければいけません。 ・自動車免許→普通自動車第一種運転免許 ・看護師→看護師免許 のように書きます。 また、現在その資格について勉強中で卒業までには取得する予定となっている場合も記入することができます。そのときは、日付を取得予定の日程にし、資格の名称のあとに「見込み」または「合否待ち」と記入します。

免許取得日は証書で確認

履歴書を書くときに求められる資格や免許に関する欄については、希望する職種に有利であれば保有している資格について正確に記入する必要があります。記入することによって、希望職種に就くことができる可能性が上がることもあります。 その際にいつ、どのような資格を取得したのかを正確に記入しなければなりません。名称について正確に記入することはもちろんですが、取得日を正確に記入することも求められます。資格によっては、その名簿に登録されているため、いつ取得したのかは非常に大切になってきます。 また正確さは社会人として大切なスキルの1つです。信頼を得るためにも、免許取得日を正しく記入するようにしましょう。

初回公開日:2017年11月29日

記載されている内容は2017年11月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング