IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ジェネラルの意味・類義語と対義語・ジェネラルルージュの凱旋

更新日:2020年11月21日

言葉の意味

「ジェネラルマネージャー」などでよく聞く、ジェネラルとはどういう意味でしょうか。ビジネスの場でよく使われるジェネラルの意味を知り仕事に活用したいところです。今回はジェネラルの意味・類義語・対義語、ジェネラルルージュの凱旋についてご紹介します。

ジェネラルの意味は?

ジェネラル(general)の意味はふたつあり、ひとつは「全体の」「一般の」という意味です。ふたつ目の意味は、ひとつ目の意味から転じた「将軍」「司令官」など、全体を指揮する人という意味です。 ジェネラルは単独では使用されず、後に名詞をつけて「ジェネラルマネージャー(総支配人)」「ジェネラルルール」のように使われます。ジェネラルマネージャーは店舗の営業などを仕切る責任者のことで、社長や会長のことは指しません。役職的には一般に部長~役員級のことを指します。

ジェネラルの類義語は?

ジェネラルの類義語は、「将軍」「司令官」「総督」「大将」「将官」などとなります。軍隊などで全体の指揮をする人、と捉えると良いでしょう。

ジェネラルの対義語は?

日本語のジェネラルは主に「全体の」という意味合いで使われますが、英語のgeneralには「一般的な」「世間一般の」という意味があります。その対義語として、「special」が「特別な、専門の」という意味合いで使われます。

ジェネラルと似た単語との違いは?

ゼネラル

ゼネラルとジェネラルの違いは、英語の「general」を日本語のカタカナ読みにするときの表記違いですが、「全体の」という意味で使う場合は「ゼネラル」、「将軍、指揮官」という意味で使う場合は「ジェネラル」と表記する場合が多いです。

ジェネラリスト

ジェネラリスト(Generalist)とは、広範囲に渡る知識を持つ人のことです。ジェネラルが「全体の、一般の」という意味を持つ単語なのに対し、ジェネラリストは「全体の知識を持つ人」という意味の単語です。 具体的に企業では総合職や管理職、人事や役員、プロデューサーのことを指します。ジェネラリストは仕事の成果を、具体的な数値や制作物として目にすることが難しい職業ですが、幅広い知識を学び人脈を築けるため、異業界への転職やキャリアアップに有利というメリットがあります。 対義語はスペシャリスト(Specialist)で、こちらはエンジニアやデザイナー、経理や営業、研究職など、特定分野に深い知識や技術をもった専門家です。スペシャリストは成果が数字や制作物など目に見えるものとして提示しやすく、自らのスキルを数値化しやすいというメリットがあります。 ただし専門的な技術に特化しているため、異業界の職種に挑戦しにくいというデメリットがあります。

ジェネラルの使用例は?

ジェネラルの使用例は、「ジェネラルマネージャー」(総支配人、総責任者。GMと略されることも)か、会社名として使われることがほとんどです。会社名として使われる場合はゼネラルと表記される場合が多々あります。

「ジェネラルルージュの凱旋」とは?

初回公開日:2017年11月16日

記載されている内容は2017年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング