IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エピソードの意味と使い方・ 類義語や対義語・エピソード記憶とは

更新日:2020年11月21日

言葉の意味

エピソード記憶、意味記憶について、関連したエピソードや意味を詳しく書いてあります。また、間に少し気になる豆知識を紹介してあります。意味記憶とエピソード記憶の関係について書くことで、人が記憶をする時に何が有効なのかも紹介してあります。

エピソードの意味

エピソードとは

エピソードには二つ意味があります。一つ目は話の本筋とは関係がなく、物語中に挟み込まれている短い話。二つ目は、ある人物やある物事についての興味深く、短い話。また、音楽でいうと、楽器の主要部分との間にある間奏のことです。

エピソードの類語

エピソードの類義語には、挿話や幕間劇、逸話や余話、裏話などがあります。

挿話

物語や事件の本筋の間に挿入される短いまとまった話のことです。主題から自然に展開するものと、主題に密接には結びつかないものとありますが、多くの文学作品のなかではいろいろな形になり、効果的に利用されています。

幕間劇

イタリアで有名なルネサンスの音楽のなかで、劇の幕間に演じられた音楽のことです。オペラの元祖となったものの1つです。幕間劇は15世紀後期にはじめて作られ、上演されました。 1600年以降になると、ほとんどの部分がオペラに吸収されてしまい、幕間劇は決まった場所(たとえば学校の中)を舞台として、非音楽劇として続き、オペラの幕間に演じられたりもしました。幕間劇のために書き下ろされた音楽はほとんど現存はしていません。多くは、マドリガーレや器楽曲として書かれた音楽を幕間劇に使っていたからです。 幕間劇の題材は、神話もしくは牧歌が選ばれることが多く、衣裳を着た歌手や俳優たちが、マイムやダンスで表現をしました。フィレンツェやフェラーラといった都市では、貴族の結婚式や公式行事が、幕間劇の上演される場所でした。

逸話

逸話とは、世間一般にあまり知られていない興味を持たれる深い話のことです。特定の人物や物事に纏わる話として語られることが多いです。「エピソード」が同義語として用いられますが、日本独自の語義(和製英語)であるため、意味の取違に注意が必要です。 アジアではない他に国、例えば東欧諸国では人々の間で知られたジョークのこと逸話といいます。一般的には、人物の性格をよく表しているものを逸話として紹介されることが多いですが、その人物の意外な側面を表すものとして話されることもあります。また、歴史上の人物においては、その当時の時代背景などが思い浮かぶような話のことを指す場合もあります。

余話

逸話と同じようなもので、世間には一般的に知られていない、一部の人間が知っているちょっとした話やこぼれ話のことを指します。

医学でのエピソードの使い方

意味

医学上では発作や症状など、発症している状態のことを指します。ある医者しか経験していなく、全体を通して一例しか報告のない病態とその治療のことを示すこともあります。そのため、根拠がないとされることが多く、根拠を元としている医療に比べると信頼性がないとされます。

使い方

初回公開日:2017年11月20日

記載されている内容は2017年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング