IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「相対的に」の意味/類語/対義語・用例|相対的に評価 など

初回公開日:2017年11月16日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2017年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「相対的に」という言葉を使ったことがある人は多いでしょう。しかし感覚的に使われていることも多く、説明を求められると理論的にまとめることが難しいです。「相対的に」の正確な意味を理解し正しく使用するために、今回は「相対的に」の意味や用例などについて紹介します。

「相対的に」の意味とは?

「相対的に」の意味とは?
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

「相対的に」という言葉を教壇やビジネスシーンなどで使用、あるいは耳にする機会は多いでしょう。しかし「相対的に」という言葉が正しく使われているかどうか、感覚的には判断できても理論的な言葉の説明は難しいです。 「相対的に」とは「他との関係や比較において成立した評価によって対象を表現する際」に使用する言葉です。例えば「〇〇業界において、A社の製品は他社よりも値段が高い」という文章を「〇〇業界において、A社の製品は相対的に値段が高い」と表現できます。その時々で変わる基準によって物事を評価する時に「相対的に」と使用すると適切でしょう。

「相対的に」の類語とは?

「相対的に」の類語とは?
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

では「相対的に」の類語は何があるでしょうか。意味は似ていても使用するシーンによって使い分けが必要な言葉もあるので、類語についても理解し正しく使用する必要があるでしょう。以下で代表的な三点を紹介します。

比較的

「比較的」とは「他の同種のものや一般基準と比べた時に他よりもどうであるかを表す際」に使用する言葉です。上述の例をもとに使用すると「昨年と比べてA社は製品の値段を比較的安価に抑えたが、業界内で相対的に見るとまだ製品の値段は高い」と表現できます。 「比較的」を使用する際の特徴として、類語なので「相対的に」を「比較的」と置き換えることは可能ですが、逆は難しいことが多いでしょう。

割りと

「割りと」は「比較的」と同じ意味の言葉ですが、くだけた表現なので使用する場面に注意しましょう。「比較的」自体が大雑把な表現ですが、さらにくだけた印象を相手に与えてしまいます。「今回のテストは僕にしては割りと良くできた」などと使用しましょう。

割りかし

「割りかし」とは「比較的」と同じ意味を持つ「割り方」の俗語的な言い方です。「割りと」よりもさらにくだけた表現なので、公式の場での使用は控えましょう。想像よりも良かった時に肯定的に使用される場面が多く、「このパソコンは前回よりも割りかし安く買えた」などと使用しましょう。

「相対的に」の対義語とは?

「相対的に」の意味を考える時に対義語を知って意味を補完することで、より知識が深まり思考を整理しやすくなるでしょう。では「相対的に」の対義語は何でしょうか。

絶対的

「絶対的」とは「他の何ものとも比べられない状態・様子」のことです。本当に「絶対的」な存在があるかどうかは別にして、主に対象を誇張して表現する時に用いられます。「〇〇党は衆議院の過半数を長期的に獲得し続けており、長期政権を手中にしている首相には絶対的な権力がある」などと使用しましょう。

「相対的に」の用例とは?

関連タグ

アクセスランキング