IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「轍」の意味・「轍を踏む」の意味・コブクロの「轍」の歌詞

更新日:2020年11月20日

言葉の意味

「轍」とは、ぬかるんだ道や積雪した道路などに、車のタイヤの跡がくっきりと残ったものですが、生活道路に刻まれた先人の轍には、タイヤの跡以上の何かが感じられます。「轍」をテーマにしたあの歌や、歌詞に込められた意味についても考えてみます。

日本をはじめとする今の世界情勢は、戦前にとても似ていると言われることがあります。その根拠のひとつは、日本が西洋列強による植民地支配から逃れるために大変革を強いられた1868年(明治元年)の「明治維新」から、1941年(昭和16年)の「第二次世界大戦」までが70年。そして、第二次世界大戦から現在までが70年で、同じ周期に入っているという点です。 大正末期から昭和の初期にかけて、日本では「モガ(モダン・ガール)」と呼ばれる若い女性たちを中心に、西洋文化に触れた若者が自由なファッションを楽しみ、職業婦人が女性の権利を主張し、映画やジャズが流行し、軍縮ムードの漂う平和な時代でした。 明治維新で急成長を遂げた近代国家日本と、戦後の奇跡的な復興を遂げて先進国の仲間入りを果たした今の日本の姿をダブらせる知識人は少なくありません。「同じ轍は踏むな」「このままでは、70年前と同じ轍を踏むことになる」と警鐘を鳴らすジャーナリストは少なくありません。

コブクロの「轍」の歌詞の意味

ワーナーミュージック・ジャパンから2001年6月20日にリリースされたコブクロのセカンドシングル「轍-Street stroke-」は、小渕健太郎が作詞・作曲を手掛けた人生の応援歌です。「抱えきれない夢が不安に変わりそうな日が来たら」僕が歌ってあげるよと、優しく励ましてくれます。 歌詞に出てくる「轍さえない道をただ進め」というフレーズは、人と同じことをやっていたのでは成功できないというメッセージでしょう。轍は、かつてそこを車で通った人がいるという証で、見知らぬ山の中で道に迷った時にこれほど心強いものはありませんが、轍ができるほど多くの人が通った道の先には、不安もない代わりに大きな夢もないことを意味します。 コブクロが歌うほとんどの曲を作っている小渕健太郎さんは、多感な18歳の時に母親を亡くしています。「蕾」がそんな母に捧げられた曲だというのは有名ですが、轍の歌詞にある「涙かれたその後にだけ見える光」という歌詞も、深い悲しみを乗り越えた強さを感じさせます。

堀内孝雄の「遥かな轍」の歌詞の意味

「こうとしか生きようのない人生がある」というフレーズが切ない「遥かな轍(わだち)」は、1987年12月に放映された西郷隆盛の半生を描いたドラマ「田原坂」の主題歌としてを集めました。作詞は、数々の名曲で知られる小椋佳です。「せめて消えない轍を残そうか」とは、西郷隆盛の最後の心境を意味する歌詞ではないでしょうか。 維新の三傑として今も根強いを誇る幕末の志士・西郷隆盛は、早くからロシアの脅威を視野に入れ、日露戦争に備えていたといわれています。薩摩の若者たちを鍛える私学を設立しましたが、その影響力が強くなるに従って反乱を恐れた政府は、鹿児島の弾薬庫から火薬を抜き取り、スパイを潜伏させるなどして、刀を取り上げられた若者たちの神経を逆撫でしました。 若者たちの不満を知りながら手を打っていなかった西郷さんは、若者たちの発起を知って「しまった」と口走ったと伝えられています。「江戸城を無血で開場させた西郷がなぜ」と言われますが、さまざまな葛藤の末に、時代の流れに逆らうことなく西南戦争を戦います。その意味するところは、すべての責任を我が事として背負うというという覚悟でした。

轍とは過去と未来をつなぐ「今」

いかがでしたか。今回は「轍(わだち)」の意味や、「轍」のフレーズが印象的な楽曲の歌詞の意味などをご紹介しました。遥か異次元にまで続きそうな長い道のりをイメージさせる反面、先人と同じように、どうしても逃れられない運命的なレールを意味しているのが「轍」です。 また、古い文献や過去の遺物を通して歴史上の轍を辿るひと時は、時空を超えて先人の思いを追体験する素敵な時間です。そんな複雑な意味合いを持つ「轍」を、自分の感性でアレンジして使いこなしてみてください。

初回公開日:2017年11月08日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング