IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「オーガナイザー」の意味と例文2つ|主な仕事3つ・種類5つ

初回公開日:2017年11月08日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

「オーガナイザー」という言葉をニュースでも聞くことも多いのではないでしょうか。オーガナイザーとは一体どういう意味でしょうか。ビジネスシーンでも使われる、「オーガナイザー」という言葉の意味をこの機会にぜひ、理解しておきましょう。

オーガナイザーの力量一つで、組織力は上がります。組織を良い方向へ導くことができるので、これからさらに必要とされる職種になることは間違いありません。 大きな組織には優れたオーガナイザーが必ず存在します。逆を言えば、優れたオーガナイザーなくして組織は大きくなれません。今後オーガナイザーという職業が、ますます必要とされる社会となっていくことでしょう。

関連タグ

アクセスランキング