IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「オーガナイザー」の意味と例文2つ|主な仕事3つ・種類5つ

初回公開日:2017年11月08日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

「オーガナイザー」という言葉をニュースでも聞くことも多いのではないでしょうか。オーガナイザーとは一体どういう意味でしょうか。ビジネスシーンでも使われる、「オーガナイザー」という言葉の意味をこの機会にぜひ、理解しておきましょう。

セミナー主催者の教科書

セミナーの主催者に選ばれたはいいけれど、どのようにセミナーを行えばいいか、準備を行えばいいか、わからないと迷ったことはありませんか。そのような初心者オーガナイザー(主催者)に一冊です。 セミナー主催者としてのいろはを学ぶことができます。「セミナーの主催者の教科書」ぜひ読んでみてください。

セミナー主催者の教科書―成功し続けるセミナーの秘密
セミナー主催者の教科書―成功し続けるセミナーの秘密

オーガナイザーの職業

オーガナイザーの職業について、紹介していきます。 どの職業にもオーガナイザーという立ち位置は存在しますが、オーガナイザーを職業にしている人達は、一体どんな職種を選んでいるのでしょうか。もし、あなたがオーガナイザーになりたいのであれば、具体的なオーガナイザーの職業を知っておかなくてはいけません。 早速見ていきましょう。

ライフオーガナイザー

ライフオーガナイザーは「暮らしを良い方向に導くプロ」のことです。 アメリカでは一般的に認知されている職業の1つです。国民一人ひとりがより良い暮らしになるように、アドバイスをしたり、手助けをしたりする人のことをいいます。

メンタルオーガナイザー

メンタルオーガナイザーとは「思考や願望を整理してくれるプロ」のことです。 メンタルオーガナイザーは、願望(動機付け)、感情(行動の学習)、認知(見方や意味付け)の3つの観点から、思考(頭)と精神(心)のオーガナイズができる人のことを言い、他者の心の整え方を支援できるスキルを身につけています。 人生のストレスを軽減するための「心のしくみ」を理解し、「自己統制感」の促進を図ることが期待されます。

イベントオーガナイザー

クラブなどのイベントを企画し、運営を行うのがイベントオーガナイザーです。イベントを発起したり、イベントの企画を請負う仕事です。 クライアントや来てくれるお客、またイベントを行う会場からの要求をできる限り聞き入れて、調整を測ります。

レジデンシャルオーガナイザー

レジデンシャルオーガナイザーは前述したライフオーガナイザーと似ていますが、家の収納に関して調整してくれるプロフェッショナルです。 収納スペースはあるのに片付けられない人にアドバイスをしたり、手助けをしたりする人のことをいいます。

ジェントル・オーガナイザー

ジェントル・オーガナイザーは、地中海に多い、ホテルやクラブで教養やレジャーといった活動を活性化するためにコミュニケーションをとってくれるプロフェッショナルのことをいいます。 プロ意識が高く、各分野への知識の深いという特徴があります。

オーガナイザーの重要性

オーガナイザーの意味や具体的な仕事を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 個人ではなんでもないようなことでも集合体になり、組織化されることでオーガナイザーの役割が必要になってきます。オーガナイザーは集団の中ではフリーに動き回り、統率力がある人のことをいいます。 周りに信頼される人が適任であると考えられています。

組織力が上がる

関連タグ

アクセスランキング