IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ラインナップの意味・製品ラインナップの意味・野球用語での意味

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ラインナップという言葉はほとんど日本語といってもいいほどなじみのある言葉となりました。しかし、その意味を正確に答えられるかはちょっと不安です。そこで、今回はこのラインナップの意味について再確認し、使われ方による違いもご紹介します。

あらゆるスポーツにも言えることですが、必ず注意事項ややってはいけない事柄というのが存在します。この注意喚起の説明においてもこのサーフィン用語におけるラインナップが使われますので、言葉を全く理解していない人は要注意です。 たとえば「初心者の方は大きな波が来ているときのラインナップに挑んではいけない」と言われたとしても、その意味が理解できずに特攻してしまっては注意した人からしても非常に困ります。 知識だけが先行しすぎて頭でっかちになるのも問題ですが、何事も「当たって砕けろ」の精神で挑まれても教える側からすると色々と苦労いたしますので、最低限の用語は理解していきましょう。 自分の技量以上の波が来たときはサーフィンをしないというのはサーフィンにおけるルール説明時によく言われることですので、ルールは守るようにしてください。

野球用語のラインナップの意味

野球用語のラインナップとなった場合も、商品や製品におけるラインナップとはちょっと意味が異なります。日本人は野球好きの方々が非常に多いので、野球の試合からこのラインナップという言葉を知った方も多くいます。

顔ぶれや陣容という意味

野球以外でも実はこのラインナップという言葉は使います。たとえばバスケットやサッカーの場合でも「本日のスターティングラインナップをご紹介します」という実況の言葉を聞くことがあるでしょう。これは出場選手の顔ぶれや陣容を意味しており、レギュラーで出ている人たちが誰であるのかを意味しております。 ただし、この顔ぶれや陣容という言葉は日本ではスポーツ業界で使われることが非常に多く、「役員のラインナップ」という言葉はあんまり使うことはありません。ビジネス業界ではあくまで「品揃え」という扱い方をされ、スポーツ業界では「顔ぶれや陣容」という扱いになっていると考えるとわかりやすいです。

打順という意味もある?

このように顔ぶれや陣容という言葉でスポーツ業界では使われますが、野球の場合はラインナップという言葉が出た場合、顔ぶれだけではなく「打順」という意味を持たせることもあるという説があり、意味のとらえ方が多少異なることもあります。 それでも「顔ぶれや陣容」という言葉からそこまで大きく離れている意味ではありませんので、そこまで心配する必要はありません。

テレビ業界でも使われる

このラインナップという言葉はテレビ業界やラジオ関連でも使われることがあります。テレビ業界で用いる場合はどのような意味を持たせているのでしょうか。日常会話でも出てくるものなので、意味を再確認して起きましょう。

番組の内容や放送予定

テレビ業界でラインナップという言葉が使われる場合、その「番組の内容」や「今後の放送予定」という言葉として用いることが多いです。具体的な使い方としても「衛星放送のラインナップが個人的に好みだから入会する」というものだった場合は、その番組の内容が好みだったと言えるでしょう。 「お正月番組のラインナップがどうなるのだろう」という使い方をしている人は、番組の内容という意味もあるでしょうが、「放送予定がどうなっているのか」という使い方をしていると言えるでしょう。ある意味「顔ぶれ」「陣容」「品揃え」に近い意味となっているので、そこまで違和感を覚えることはありません。

意味はわかりやすい

このようにラインナップの意味は私たちがなんとなく理解して使っていることでほぼ正解です。使い勝手のよい言葉なので、仕事でも高頻度で使われる言葉ではありますが、正しく意味を理解していれば誤用することも少なくなるでしょう。 特に難しい言葉というわけではありませんので気にすることなく使える言葉と言えますが、誤った使い方をしていると指摘されて恥ずかしい思いをしてしまいますので、現代日本における正しい意味を理解して用いてください。

初回公開日:2017年11月17日

記載されている内容は2017年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング