IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ラインナップの意味・製品ラインナップの意味・野球用語での意味

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ラインナップという言葉はほとんど日本語といってもいいほどなじみのある言葉となりました。しかし、その意味を正確に答えられるかはちょっと不安です。そこで、今回はこのラインナップの意味について再確認し、使われ方による違いもご紹介します。

ラインナップの意味

日常的に使われる用言には和製英語となっている「カタカナ語」が非常に多いです。しかし、このカタカナ語は状況や使い方で意味合いが異なることも多く、さらには時代の流れによってその意味が異なってくることもよくあります。それでは具体的な現代日本における意味合いについて考えていきましょう。

ラインナップは「lineup」

ラインナップは元々英語の意味をそのまま持たせて日本でも使われている言葉の一つでした。スペルにすると「lineup」となりますが、これを直訳すると、「線の上」となります。要するに一列に並んでいる状態を意味しています。 この線の上にいる状態は、その線を商品や製品を展示する場所という扱い方をするようになって、「線の上にいる」ということが「立ち並ぶ」という意味になり、「顔ぶれ」という意味を持たれるようになりました。

ラインナップとラインアップは同じ

ラインナップとラインアップの違いについてたまに伺っている人がいますが、これははっきり言って発音が違うと言うだけなので、意味は完全に同じです。日本語発音と外国語は大きく異なるので、日本語表記に当てはめることはなかなかできませんが、英単語の発音から考えると「ラインナップ」の方が近いでしょう。もちろん、正解というわけではありません。 日本語として用いられることが多い言葉ではありますが、英語を語源にしているのでラインアップと記載されることもありますが、いろいろな記事を見た限りではラインナップという表記にするのが一般的と言えるでしょう。 もう少し具体例を示すと、野球で一つアウトを取ることを「ワンアウト」という記載しますが発音だけで考えた場合は「ワンナウト」の方が近くなります。ただし、こちらは文字にして記載するときは「ワンアウト」としているところの方が多いので、純粋な発音とカタカナ表記は一致しないこともしばしばあると考えてください。

製品ラインナップの意味

ラインナップの意味を考えると製品ラインナップとはどのような意味があるのかだいたい見えてくるでしょう。それでは具体的な意味合いについて考えていき、理解を深めていきます。

意味は商品の品揃え

製品ラインナップや商品ナインナップという言葉の使われ方をしている場合は、それらの製品や商品の品揃えがどうなっているのかをアピールしていると考えられます。 具体的な言葉の使い方としても、「我が社の商品ラインナップは他社と比べて見劣りしている」とか「今の100円ショップは商品が豊富にラインナップされている」というものになり、品揃えという言葉に変換することでも意味合いが通じるようになっております。 私たち一般人が用いることの多いラインナップの使い方ですので、基本的な意味は「品揃え」として捉えるといいでしょう。使用頻度がかなり高くカタカナ語の一つになりつつありますので、正しい意味を理解してください。

サーフィン用語のラインナップの意味

このラインナップはサーフィン用語の一つでもありますので、サーフィンをする人にとっては違う意味で捉えてしまうでしょう。これからサーフィンをしようと思っている方々も用語だけは先に理解しておく方がいいでしょう。

波が何本もやってくるさま

サーフィン用語におけるラインナップは英語表記でも同じの「lineup」になりますが、その意味は波が何本もやってくるさまを表しており、海面が筋状に見えることから呼ばれる専門用語となっております。もともとラインナップには「線の上」という意味がありますのでサーフィンをする方々に、その波が筋状に見えるところからこのように使われるようになりました。 もうちょっとかみ砕いた表現をすると「波がブレイクするライン」や「セットの波が立て続けにやってき来る様子」となりますので、サーファーの方々が使う用語としては「あのラインナップに行こう」といった基本的な言葉となります。

注意喚起にも使われるので初心者は注意

初回公開日:2017年11月17日

記載されている内容は2017年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング