IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「感無量」の読み方/意味/用例/対義語・「感慨無量」との違い

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

「感無量」の意味は「心に深く感じること」=「しみじみと心に感じる」ことですが、この言葉は略語であり、略さない場合は「感慨無量」と言います。ビジネスシーンでも使用できる言葉なので、意味や使い方について知っておくと「嬉しい」などを表す時に役立ちます。

「感無量」がよく使われるシーンは?

結婚式

「感無量」がよく用いられるシーンは、「結婚式」です。「皆様からのご祝福に感無量です。」などの使い方をし、「嬉しい」+「しみじみと感じる」の意味で使用されることが多いです。結婚することに対する「喜び」、その「喜び」の場に集まって祝福してくれる人がいることへの「嬉しさ」と「しみじみ感じる気持ち」を表す時に使用されています。

「感無量」で喜びやしみじみしたことを伝えよう!

「感無量」は「感慨無量」の略語として、「心に深く感じること」「しみじみと深く感じること」を表す言葉です。多くは「喜び」など良い気持ちを「深く感じた」時に使用される言葉ですので、「嬉しい」「楽しい」「感動」などを「しみじみと」感じた時には「感無量」を使用して、その気持ちを表現してみると良いでしょう。

初回公開日:2017年12月13日

記載されている内容は2017年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング