IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「排他的」の読み方/意味/類語/対義語・排他的経済水域の定義

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

「排他的」という言葉を聞いたことがありますか。「排他的」とはどういう意味で、どう使われるのでしょう。また、よく聞く「排他的経済水域」や「排他的な~」という言い回しは、どういったものなのでしょうか。「排他的」についていろいろとまとめましたのでご参照ください。

「排他的論理和回路」とは、「XOR回路」ともいわれる回路のことを指します。この回路は、論理回路の一つで排他的論理和演算を行う回路です。2つの入力端子のうちどちらか一方に入力が加えられたときだけ、出力端子に出力信号が現れる回路です。

排他的権利の例

「排他的権利」とは、他人の実施を排除する権利のことを指します。例えば、所有権とは違い、すべてのことを自由にできるわけではないが、ある一定のことに対しては独占する権利があるということです。ここでは、排他的権利としてどんなものがあるかを見ていきます。

排他的権利の例;排他的経済水域

「排他的経済水域」とは「EEZ(ExclusiveEconomicZone)」と呼ばれる水域で、その海を持つ沿岸国が天然資源などの「経済的」なことに対して主権的行為をとることができ、自国の支配下に置くことができる海域を指します。 そのため、海中水産資源や海底天然資源は、排他的経済水域を持つ沿岸国のものであり、他国の者が勝手に取ることはできません。沿岸国は、この領域(領土より200カイリ)内に人工島などの施設を作ることも可能で、海流や風などを利用した発電施設の構築も可能です。

排他的権利の例;排他的海域

排他的経済水域にあたる、排他的海域は領土の外側200海里(約370km)までとなります。この排他的海域においては、以下の権利や管轄権が認められています。 1.天然資源の探査や開発、保存および管理のための主権的権利 2.人工島や施設、構築物の設置と利用 3.海洋の科学的調査 4.海洋環境の保護と保全

排他的権利の例;排他的地域

排他的地域は、領土および12海里までの領海です。領海は、その領土の国の主権が及ぶために法律制定が可能で他国船が航行することを規制できますが、排他的経済水域においては、水面上、水面下において通過や航行に対して規制や禁止をすることはできません。

排他的主義の例

「排他的主義」とは、自分の仲間ではない者を受け入れずに排除しようとする傾向がある人を指します。使用例は、「排他的主義の人」とか「排他的主義の村」などです。「排他的主義」と似たような言葉に、「排外主義」という言葉があります。これは、外国人を排斥して嫌うという意味です。

排他的主義の例:排他的な人間関係

人種差別をする人や、よそ者を排斥しようとする排他的な人は存在します。排他的な人間関係を築いていると、なかなか新しい者を受け入れられない状態に陥るでしょう。本来であれば、さまざまな人がいてさまざまな価値観があるということを学び、受け入れ、共に成長できるものを、排他的な人間関係の人は、狭い領域内で行動するために成長できずに終わる可能性があります。 排他的な人間関係は、保守的で安心かつ安全ではあるけれど、新しいものを生み出しません。もっと成長したい、何か新しいことが知りたい、世界を広げたいという方は、排他的な人間関係を壊して外に行かなければならないでしょう。

排他的主義の例:排他的な県

排他的な県として、よく言われているのが京都です。京都は、他県の住人に対してすぐに心を開くことはないと思われています。また、茨城県、大分県、愛知県んども排他的な県としてよく名前が出ます。 その人の感じ方にもよりますが、概して田舎に行けば行くほど集団で活動することが多く、排他的になる可能性が高いです。しかし、田舎イコール排他的とも断言できません。おおらかな人が多い田舎も存在しますし、都会といっても団地などは排他的な世界がまだ残っているところが多くあります。 排他的な県はどこと言われますが、結局はその人の周りにいる人がどんな人かで印象が変わるため、一概に県民性では言えないというのが本当のところでしょう。

排他的契約の意味

「排他的契約」とは、自分が取引を行おうとする相手方が、自分の競争者と取引しないことを条件に取引することを指します。つまり、力の強い者が正当な理由がないにもかかわらず、弱い立場相手に自己以外の事業者と取引を行わないことを条件にする契約です。 「排他的契約」の具体例としては、「特約店契約」や「専売店制」、「一手販売契約」「一地域専売店制」などがあります。これらの取引は、公正な競争を阻害するもので、不公正な取引方法の一つだと考えられています。また、その一方で、企業にとっては、安定した取引関係を継続するためには好ましい部分もあるため、一概には否定できないともいえるでしょう。

初回公開日:2017年11月09日

記載されている内容は2017年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング