IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご連絡いたします」の意味と使い方・敬語・例文・ビジネス

初回公開日:2017年11月14日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

社会人の基本とも言える「連絡」ですが、目上の人に連絡を入れる場合、「ご連絡いたします」という言い回しは正しいものなのでしょうか?このページでは、「ご連絡いたします」という言い回しをテーマにして、意味や言葉の成り立ち、敬語としての使い方などをご紹介しています。

社会人なら覚えておきたい!「ご連絡いたします」の意味・使い方

社会人になると、さまざまな人と連絡ややり取りをすることになります。上司や先輩、同僚などと仕事の進捗などについて連絡を取ることもありますし、取引先の相手と連絡を取って交渉や契約を行うこともあるでしょう。連絡をしたり受けたりすることは、多くの社会人が日々こなしていることだと言えそうです。 そんな「連絡」ですが、相手に連絡をすることを約束したり、宣言したりするケースも少なくありません。そのような場合、連絡をすることについて、どのように表現するべきか、頭を悩ませる方もいらっしゃるでしょう。社会人であれば、敬語で話すことが必須と言われていますが、連絡を入れることをどのような敬語で表現すれば良いのか、迷う方は少なくないと予想できます。 連絡を相手へ入れることを告げる表現の1つとして、「ご連絡いたします」という表現がありますが、敬語として正しいものなのか、またどのように使用すれば良いのか、気になるところです。そこで今回は、「ご連絡いたします」というフレーズをテーマにして、意味や使い方、敬語表現などをご紹介していきます。

「ご連絡いたします」の基本的な意味・使い方

ビジネスシーンでは、比較的頻繁に使用する「ご連絡いたします」という言い回しですが、そもそも意味や言葉の成り立ちはどのようになっているのか、気になるところです。 そこでまず始めに、「ご連絡いたします」という言葉の意味や成り立ちについて確認していきましょう。

「連絡」の意味

「連絡」という言葉には、複数の意味がありますが、今回のテーマである「ご連絡いたします」に使われている「連絡」の意味は、以下のようになっています。

気持ちや考えなどを知らせること。情報などを互いに知らせること。また、その通知。

上記の解説から、「連絡」とは情報を人と人とで知らせ合ったり、通知を送り合ったりすることと言えそうです。 社会人の常識として、「ほう・れん・そう」という言葉があります。この言葉は、新社会人などの教育で使われるもので、「報告」「連絡」「相談」のそれぞれの頭文字を省略したものとなっています。その中に「連絡」という言葉が含まれていることから、連絡とは、社会人にとって欠かせない重要な行為だと言えそうです。

「いたします」の意味

続いて、「ご連絡いたします」の「いたします」の部分について、意味などを確認していきましょう。一般的に、「いたします」は敬語の一種だと言われています。そんな「いたします」の意味については、以下のような見解もあります。

「いたします」は、「○○する」の謙譲語である「いたす」に、語尾の「ます」が結びついた敬語です。

上記の解説から、「いたします」の本来の形は「いたす」となっており、「いたす」とは「する」という言葉の敬語であることが読み取れます。ですから、「いたします」は、自分を謙って表現することで相手を敬う、謙譲語と言えます。

「ご連絡いたします」は敬語なのか

続いて、「ご連絡いたします」は、敬語として使用することができる言葉なのかどうか、考えていきましょう。 結論から言うと、「ご連絡いたします」は、敬語だと言えるでしょう。敬語といっても、いくつかの種類や分類がありますが、「ご連絡いたします」は、謙譲語だと言えそうです。上記でもご紹介したように、「いたします」という言葉は、「~する」の謙譲語である「いたす」に、丁寧語の「ます」を付け加えた形です。また、「連絡」に「ご」を付け、「ご連絡」とすることで、丁寧な表現となっています。 上記のような見解から、「ご連絡いたします」は、連絡をするという自分の行為を謙って表現している、謙譲語だと言えるでしょう。

「ご連絡いたします」と「ご連絡差し上げます」の違い

関連タグ

アクセスランキング