IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お薦め」「お勧め」「お奨め」の意味と使い分け・例文

初回公開日:2017年11月23日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2017年11月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「薦」「勧」「奨」「進」という字は、音読みはそれぞれ「セン」「カン」「ショウ」「シン」と異なりますが、訓読みでは全て「すす(め)」と同じ読み方をします。このように、音読みは異なるが訓読みが同じ字のことを「同訓異字(どうくんいじ)」といいます。

この図書は、ビジネスや日常生活における「敬語の使い方」について、実例を挙げながら分かりやすく解説したお薦めの一冊です。 ビジネスの場面における、職場の先輩や上司・取引先や顧客との関係、日常生活の場面における近隣づきあいの対応、学校における師弟関係、冠婚葬祭の礼儀など色々な場面で敬語を必要とすることがあります。 本書では、実践的な場面で役に立つ「敬語の使い方や表現」などを一覧方式に纏めているため、とても使いやすく敬語やマナーを学べるお薦めの一冊となっています。

《カスタマレビュー》中年を過ぎてもまだ、間違って使っていた敬語があることにハっとさせられるときがある。長年用いているビジネス上の敬語で未だに悩むので、一度きちんと学んでおきたいと購入。仕事や近隣とのつきあい、冠婚葬祭などシーン別に正しい敬語が紹介してあり、親切だと思いました。正しい敬語と間違っている敬語を○×式で見せるので印象に残りやすくてよかったですね。辞書代わりにデスクに置いてパラパラめくっていますが、ついうっかり口にしている不適切な言葉も多いので勉強になります。正しい言葉遣いができる人は社会人としても信用されやすい感じがするのですが、若い人にこそこういう本を参考にしてもらいたいと思いました。

イラストでよくわかる 敬語の使い方

イラストでよくわかる 敬語の使い方
イラストでよくわかる 敬語の使い方

この図書は、社会人としてさまざまな場面での言葉遣いについて解説しています。会社の先輩・上司や大切な商談相手に相応しい敬語の使い方について、不安を払拭するために作られたお薦めの一冊です。 尊敬語・謙譲語や丁寧語といった「敬語」の基本的な知識から、ビジネスぼ場面でも一目置かれる言葉の使い回し、さらに近所づきあいにも使えるフレーズまで、押さえておくと役に立つお薦めの敬語の言い回しを詰め込んでいます。

《カスタマレビュー》イラストも説明もわかりやすくて気に入って買いました。すごく勉強になりました。本もとてもきれいで気持ちよかったです。

漢字の正しい書き順

漢字の正しい書き順は、小学生の「習字の時間」で基礎的な事柄を習得しているはずです。しかし、パソコンでしか文章を作らない世の中になってしまうと、漢字を読むことができても書くことが覚束なくなっています。特に、画数が多く難しい漢字はなおさらです。 文章を書くことが好きな人や漢字を忘れて困っている人にとって、正しい「漢字の書き順」を学ぶことができる便利なお薦めの図書をご紹介します。

漢字筆順ハンドブック―正しくきれいな字を書くための

漢字筆順ハンドブック―正しくきれいな字を書くための
漢字筆順ハンドブック―正しくきれいな字を書くための

この図書は、主に常用漢字を中心として、人名漢字やよく使われる漢字の旧字体を収録したお薦めの一冊です。なお、常用漢字表に掲載されていない漢字や筆順がわかりにくい漢字も併せて収録している本です。 漢字の筆順を最高10段階まで詳細に分解した上で、総画数も明示しています。なお、学習漢字は配当学年を収録し、見出しは「毛筆」で筆順は「ペン字」で見やすく表示しています。

《カスタマレビュー》万年筆で書く楽しさに目覚めたのですが、同時にどうしようもない悪筆にも気がつき、数冊の書籍を購入して練習していましたが、右8度上げろとか、そんなのばかりでした。たまたま、書き順が判らずにこの本を購入しましたが、書き順以外にも、片の大きさや、文字のバランスの取り方など、形としての文字の美しさを教えてくれますね。漢字もそれぞれ手書きの綺麗な字の書き順で、それを参考にして自分の癖を知ることもできます。まだまだ始めたばかりですが、何となく綺麗な字を意識してかけるようになったのが、最大の収穫です。

楷行草 筆順・字体字典

楷行草 筆順・字体字典
楷行草 筆順・字体字典

この図書は、常用漢字を含む2,914字について、楷書・行書・草書体でそれぞれ収録したお薦めの一冊です。 また、楷書・行書を美しく書くためのポイントを明示すると共に、冠婚葬祭などの表書き、苗字・都道府県名・手紙用語などそのまま役に立つ付録も付いています。

《カスタマレビュー》パイロットペン習字通信講座を受講するため、A系統の江守賢治先生の字典を購入することにしました。 同講座は、クセが少なくてきれいに見えるB系統やC系統を選ぶ人が多いのですが、この両系統は通信講座の手本も参考図書も少ないというネックがあります。(D系統よりマシですが) その点、A系統の江守賢治先生は多くの図書を書かれています。 A系統の指定図書は「改訂 ペン字常用漢字の楷行草」なのですが、毛筆もやっている当方としては、こちらの字典のほうが断然役に立ちます。 この字典ですが、大判の本もあるようですが、2,376円のB6版字典でも十分書き順や字体は参考になります。 巻末のきれいな字の書き方も参考になるので、自信を持ってお勧めできます。

正しく美しい字が書ける 楷・行・草 筆順字典

正しく美しい字が書ける 楷・行・草 筆順字典
正しく美しい字が書ける 楷・行・草 筆順字典

この図書は、手書きの文字を正しい筆順で書くことで、美しい文字を書くための字典として制作したお薦めの一冊です。 常用漢字2,136字、人名漢字650字、ひらがな48字、カタカナ48字について、楷書・行書・草書それ ぞれの筆順と、美しく書くためのポイントを分かりやすく紹介していますので、オフィスや家庭に、また書道の稽古に手元に置いて役に立つ一冊です。

《カスタマレビュー》字典にも色々あるんでしょうが、とても見やすく筆の字とペン字で楷書、行書の字は4つも掲載されていて勉強になります! 文字数も多く、知りたい文字が直ぐに見られます。 大切に使わせていただきます。

関連タグ

アクセスランキング