IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お薦め」「お勧め」「お奨め」の意味と使い分け・例文

初回公開日:2017年11月23日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2017年11月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「薦」「勧」「奨」「進」という字は、音読みはそれぞれ「セン」「カン」「ショウ」「シン」と異なりますが、訓読みでは全て「すす(め)」と同じ読み方をします。このように、音読みは異なるが訓読みが同じ字のことを「同訓異字(どうくんいじ)」といいます。

小学生のまんが言葉の使い分け辞典[同音異義・異字同訓・類義語・反対語] 新装版

小学生のまんが言葉の使い分け辞典[同音異義・異字同訓・類義語・反対語] 新装版
小学生のまんが言葉の使い分け辞典[同音異義・異字同訓・類義語・反対語] 新装版

この図書は、文章を正しく上手に書くために、異字同訓語・同音異義語・類似語・反対語など700語の正しい使い分けを紐解くため、4コマ漫画とイラストで分かりやすく解説したお薦めの一冊です。 小学生でも知っておきたい漢字の使い方が、漫画やイラスト意外にも「クイズ」や「コラム」として収載していますので、楽しみながら学習できるお薦めの図書です。

《カスタマレビュー》:子供用に購入しましたが、親も一緒に読んでます。勉強になるし日常にも必要なことなので購入して良かったです。

活用自在 同音同訓異字辞典

活用自在 同音同訓異字辞典
活用自在 同音同訓異字辞典

この図書は、同音同訓異字語の意味の違いや漢字の使い分けについて、約14,000項目を収録して明快に意味と用例を解説しています。なお、収録は五十音順に配列し、項目ごとに類語・反対語の表記表や読み方などを掲載したお薦めの図書です。 慣用例や中国故事成語などを取り入れた用例や、ワープロ利用者のために難漢字には句点コード番号を付しています。また、付録には、同音による漢字の書き換えや異字同訓の用法例なども収載したお薦めの一冊です。

脳を活性化させる 大人の漢字テスト

脳を活性化させる 大人の漢字テスト
脳を活性化させる 大人の漢字テスト

この図書は、パソコンでメールや文書を作成する際、「漢字変換」で迷ったときの手助けとなるお薦めの一冊です。「変える」「換える」「替える」などの同訓異字、あるいは「叶う」「適う」「敵う」などの同音異字語など、ビジネス文章の作成にとってやっかいなことです。 小学生時代に習った字が読めない、いままで無意識に使っていた恥ずかしい誤字、読めても意味が判らない四字熟語など、知っていないと思わぬ場面で恥をかくかも知れません。

「お薦め」の敬語表現

「お薦め」という言葉は、使い方によってそのままでは失礼に当たる場合があります。親しい友達や知り合いであれば、そのまま「お薦め」または「お薦めです」と使うことに問題ありません。 しかし、あまり親しい間柄ではない人、あるいは初対面の人の場合には、できれば「お薦めします」と使うのが無難です。「○○します」というのは、「○○する」の敬語表現ですが相手への敬(うやま)いや、自分の遜(へりくだ)りがないので「丁寧語」です。 また、目上の人に使う場合は、より丁寧な言い方で「お薦めいたします」と使うことが望まれます。ひらがなの「○○いたします」は、「○○する」の謙譲語ですが、漢字で「○○致します」というのは丁寧語になります。

敬語・丁寧語・謙譲語などのお薦め図書3選

日本語には、相手によって言葉を使い分ける独特な習慣があります。例えば、相手を敬う「敬語・尊敬語」、丁寧な言い方の「丁寧語」、自分が遜る「謙譲語」などです。 ただ、これらの正しく使い分けすることは、普段使い慣れないこともあって案外難しいです。しかし、ビジネスの世界においては、正しい使い分けが必要な場面に遭遇することがあります。 正しいビジネスマナーを身に付けるためにも、敬語などに関する「正しい表現方法」のお薦めの解説書をお手元に置かれてはいかがでしょうか。

小学6年生 敬語: 尊敬語・けんじょう語・ていねい語の正しい使い方

小学6年生 敬語: 尊敬語・けんじょう語・ていねい語の正しい使い方 (くもんのにがてたいじドリル 国語 12)
小学6年生 敬語: 尊敬語・けんじょう語・ていねい語の正しい使い方 (くもんのにがてたいじドリル 国語 12)

この図書は、小学生たちが国語で「できていない」ことにピンポイントに絞り込み、急所を押さえながら苦手を解消しながら「できる」に変えるお薦めの一冊です。

《カスタマレビュー》簡単なようで、むつかしい。日常会話でも、表現がむつかしことがあります。小学生諸君、これからだ。今は、夢でも見てなさい。

正しい敬語

関連タグ

アクセスランキング