IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

失業保険受給中にアルバイトする方法|申告/減額・待機期間とは

退職ノウハウ

雇用保険による給付の一つに「失業手当」があります。失業手当を貰いながらアルバイトをする場合、その労働時間や収入によっては手当が減額されたりしてしまいます。気をつけなければならないポイントを理解し、失業手当を最大限貰えるようにしましょう。

更新日時:

失業手当とアルバイトの話の前に|言葉の整理

雇用保険による給付の一つに「基本手当(失業手当)」があります。失業手当の話になると、少しややこしいのが「失業保険」という言葉です。 実は、失業保険という保険はありません。失業した際にお金がもらえる保険のことは、正しくは「雇用保険」が正式名称です。ただ、一般的に失業保険と呼ばれていることも多いので、失業保険と呼んでも差し支えはないでしょう。 そして、その雇用保険で貰えるお金のうちの一つに「失業等給付」があり、さらにそのうちの一つである「基本手当」が、今回お話する失業手当(失業給付)に当たります。

失業手当を貰いながらアルバイトはできるか

この記事の本題「失業手当を貰いながらアルバイトはできるのか」に関してですが、結論を言うと、失業手当を貰いながらアルバイトをすることは「可能」です。ただし、働いていい時間の上限や収入の上限などいくつかの制限があり、それによっては失業手当の額が減額されたり、受け取ることができなくなったりします。

失業の定義とは

失業手当を貰いながらアルバイトをする方法を知る前に、まずは失業の定義について正しく理解しておきましょう。失業の定義とは何でしょうか。会社をリストラされた人や病気で療養中の人でしょうか。これだけの理由では「離職」には当てはまりますが、「失業」には当てはまりません。失業の定義は、雇用保険法に記載されています。 雇用保険法において失業とは「被保険者が離職し、労働の意思や能力があるにもかかわらず職業に就くことができない状態にあること」と定義されています。会社をリストラされた場合や病気で療養中というだけでは「労働の意思や能力がある」とはならないので、これだけでは失業には当てはまらないということになります。

失業手当の受給までの流れ|アルバイトできる期間

次に、失業手当の受給までの流れを整理しておきましょう。期間によってはアルバイトができない場合があります。

1. 求職の申し込み

初めに、管轄のハローワークにて「求職の申込み」を行います。この際、雇用保険被保険者離職票や雇用保険被保険者証、本人確認の書類や普通預金通帳などが必要になります。また、離職理由についても質問されたりします。

2. 待期期間

求職の申込み後、本人調査のために7日間の待期期間があります。この間、雇用保険の失業手当は支給されません。この期間にアルバイトを行うことはできません。

3. 雇用保険受給説明会

待期期間開始から約10日後に、雇用保険について解説する雇用保険受給説明会に出席します。「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」が渡され、失業手当を受給するための手続きや今後の流れ、その他重要な事項についての説明がなされます。また、次の(初回となる)「失業認定日」が知らされます。

4. 給付制限期間(自己都合による退職の場合)

自己都合による退職の場合、待期期間の終了から3ヶ月間は給付制限期間となり、雇用保険の失業手当は支給されません。また、この給付制限期間から2度目の失業認定日までに、2回以上就職活動の実績が必要です。これは以後も同様で、失業認定日からその次の失業認定日までに、毎回就職活動の実績が求められます。この期間にアルバイトを行うことはできます。 後で説明しますが、失業手当の受給中と同様に申告が必要であり、またアルバイトの時間が週20時間を超えないようにするのがポイントです。その他、給付制限期間をまたぐアルバイトをする場合は、複雑な条件が絡んでくるので、その場合は管轄のハローワークに質問するのが一番でしょう。

5. 失業の認定(失業認定日)|失業手当の受給中

基本的に4週間に1度、失業状態にあることの確認が行われます。これを「失業の認定」と言い、これを行う日を「失業認定日」と言います。雇用保険受給説明会で渡された「失業認定申告書」に求職活動の状況などを記入し、「雇用保険受給資格者証」と一緒に提出する必要があります。失業の認定がなされると、無事雇用保険の失業手当が給付されることになります。 この期間にアルバイトを行うことはできます。次からは、この失業手当の受給中にアルバイトをする際の注意点を説明していきます。

失業保険の受給中にアルバイトする場合

申告

失業保険の受給中にアルバイトをした場合、原則4週間に一度ハローワークに提出する失業認定申告書に、その内容を漏らさず記入する必要があります。失業認定申告書の初めの質問には「失業の認定を受けようとする期間中に、就職、就労又は内職・手伝いをしましたか。」とあります。 会社員になったり、自営業を営んだりすればもちろん働いたことにはなるのですが、もう一つ、4時間以上仕事をしたかでも判断が分かれます。1日の就労時間が4時間以上かそれ未満かで、就職か内職かが分かれます。4時間以上の場合は「就職・就労」、4時間未満の場合は「内職・手伝い」扱いとなります。

労働時間

労働時間には制限があります。あまりアルバイトをしすぎると「安定した職業についた」とみなされてしまい、失業手当を受け取ることができなくなってしまいます。 なぜこのようなことが起きるかというと、アルバイトをしすぎるとそのアルバイト先で「雇用保険を勝手にかけてしまう」ことがあるからです。そして、雇用保険に入ってしまうと安定した職業についた、と見なされることが多いです。

雇用保険の適用条件

雇用保険の適用条件は次のとおりです。 ・1週間の所定労働時間が20時間以上 ・31日以上の雇用が見込まれる者 1週間の労働時間が20時間を超えることはないように気をつけましょう。また、1日4時間以上であるかも大事なポイントとなってきます。 「1日4時間以上、週20時間未満のアルバイト」だと「就業」とみなされ失業手当は支給されません。ですが、この場合は所定給付日数が繰り延べされる(所定給付日数が減らない)ので、実質受け取れる額は変わりません。(ただし、受給期間に全て受け取れない場合は別です。また、就業手当の申請をした場合は、所定給付日数が減ります。) これが「1日4時間以上、週に4日かつ合計20時間以上のアルバイト」だと、基本的には先ほどと同様に所定給付日数が繰り延べされますが、実際に働いていない日も「就業」として扱われてしまいます。

収入上限|減額

失業保険の受給中にアルバイトをすると、その収入によっては給付額が減額される場合があります。損をしないために、どういった条件を満たした場合に減額されてしまうのかを知っておきましょう。減額されないためのポイントは「1日4時間以上のアルバイト」をすることです。未満ではなく、以上です。 ・1日4時間未満の場合、支給される失業手当の額は減額 ・1日4時間以上の場合、失業手当の支給が先送り アルバイトをすると収入が発生するため、就業扱いとなりその日に関しては失業手当の給付対象にはなりません。ですが、労働時間の項で説明したように、その失業手当分が貰えなくなるというわけではなく、単に給付が先送りになるだけです。

アルバイトをした場合

例えば、5日間アルバイトをした場合、5日分給付額が減りますが、失業手当の支給日数は減らずに残っているので、後からちゃんと受け取ることができます。ただし、注意点として、受給期間はあくまで退職翌日から1年であるため、1年を過ぎてしまうと受け取ることはできなくなってしまいます。なので、基本的には1日4時間以上のアルバイトを選ぶ方がお得です。 1日4時間未満のアルバイトの場合、退職日直前6ヶ月間の賃金日額をもとに減額かどうかが判断されます。(アルバイトの収入 - 控除額) + 失業手当の日額 上記が賃金日額の8割を超える場合は、減額対象となります。超えた金額分、減額されます。ちなみに、控除額は平成29年8月に1,287円に変更されましたが、今後も変わる場合があります。

申告をしないでアルバイトをするとばれるか

要件に該当すれば、アルバイト先の職場であっても雇用保険に加入させなくてはいけない決まりになっています。これがきっかけでばれることがあるでしょう。その他にも、些細な理由から判明することも十分に考えられます。申告せずに失業手当を受け取れば不正受給です。手間だからなどと考えず、正しく申告しましょう。

週20時間未満のアルバイトを|疑問があればハローワークへ

いかがでしょうか。失業手当について説明してきました。収入の上限や時間など、さまざまな制限がありますが、失業手当を減額されずにアルバイトするポイントは「1日4時間以上、週20時間未満のアルバイト」です。また、困ったり少しでも疑問があれば、放っておかずに管轄のハローワークで質問するのが一番です。 アルバイトをしつつ失業手当も最大限活かして、あなたの次の就職へとつなげていきましょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング