IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事が辛いと感じる時とその対処法|仕事が辛い時に聞きたい言葉・曲

更新日:2020年08月14日

仕事

毎日の決まり事とはいえども、仕事が辛いと感じる時はありませんか。仕事が辛くなったときの対処法や、そんなときにふと聞きたくなるような名言や言葉、元気が出そうな楽曲などもご紹介していきます。ぜひ仕事の辛さを吹っ飛ばしていきましょう。

誰しも仕事が辛いと思うことがある

毎日、社会人として働き仕事に人生を賭けるというのはとても有意義で美しい心がけではあります。しかし理想と現実は違ったものになり、思いどおりな人生設計ができず辛いと感じている人もいます。誰しも一度や二度は、仕事が辛くて嫌だと思ったことがあるはずです。そんな時、どのように解消し突破していけばいいのかを、以降述べていきます。

仕事が辛いと感じるのは甘えなのか

仕事は人生そのものだと考えている方が多い世の中です。そのため仕事が辛い時にも辛抱して我慢をするものだという教えが長いこと存在しました。 もちろん一つの仕事をずっと長く続ける功績は高いと言えますし、それを称賛する動きはあって然りです。しかし納得できる状態で健全に続けられているから良いのであって、おそらく多くの企業組織には、それ相応な欠点のほうが目立つはずです。 労働条件や環境の欠点やグレーゾーンが大問題化することになるともう遅く、場合によっては人的被害におよびます。ここ最近でも激しい超過勤務やパワハラにより自殺を遂げてしまった新入社員のニュースでも理解できているはずです。

仕事が辛いと思うのは当然のこと

仕事が辛いと感じることは決して甘えではありません。それを律して自分に厳しく戒めることも悪いことではないのですが、たとえそうできなくても悲観的に思う必要はありません。仕事が辛いと感じる人は、世の中に無数存在します。あなただけが辛いのではないということをまず理解してほしいです。誰だって仕事の辛さにつまづくことはあります。

仕事が辛いと感じる時と対処法

仕事が辛いと感じ始めると誰かにボヤいてしまいがちです。すると「考えが甘い」と言われなおさら辛くなりがちです。頑張っても正当に評価されるとは限らず、理不尽なことで叱られてしまう、労働時間が長くなるなどの理由から、ますます孤立していく感じがします。 そのような仕事が辛い状況になった場合、どのような対処法を取ればいいのか。主なケースに沿ってご紹介します。

仕事での人間関係が辛い時

職場とは一日の大半を過ごす場所、仕事をこなす関係上、そのフロアにいるスタッフとの交流や上下の繋がりは重要です。しかし中には苦手な上司や同僚がいる場合も想定できます。出勤するたびにストレスを溜めてしまい仕事が辛いと思いがちです。うつ病などのメンタルのダメージもに考えられます。 以下、仕事での人間関係が辛い時の対処法をいくつかご紹介します。

まずは開き直ってみる

世の中にはあらゆる人々に価値観がありそれは微妙にずれています。そのズレを気にし過ぎていちいち悩んでいるとキリがなくなります。そこで「この人はこういうタイプなんだ」という開き直りの精神は最も大切な考え方です。嫌な思いをしても気にしないで涼しい顔してやればいいことです。

嫌な相手に好かれる必要はない

開き直ってみてもなんだかモヤモヤするという場合は、次のステップへ進みましょう。それは「あえて好かれない」という心構えを持つことです。10人他人がいて自分の味方になってくれるのは数人でも構わないことです。すべての人に好かれようとしても疲れてしまうだけです。あなたらしさを理解してくれる数人の味方を大切にしましょう。

他人はコントロールできないと思え

嫌な上司や同僚の言動が理解できない、あるいは嫌がらせを受けているという思い込みから外れるためには、他人に期待しないことです。所詮人は各々違います。いくら自分の思いどおりにしようと働きかけても他人は他人、心まで変えることはできないと速やかに判断するのも大人として大切です。そのぶん自分を信じることです。

それでも駄目ならいよいよ立ち上がろう

以上の気持ちで冷静に過ごしても、ますます人間関係が悪化してしまう場合、万が一パワハラなどの被害になる恐れがあるとしたら、もうその職場は健全ではありません。それ以上我慢する必要はないと判断し、出るところに出るか、さっさと退職願を出してすっきりするに越したことはありません。あまりの辛い状況で、心身が壊れるくらいなら思い切った行動に出るべきです。

仕事ができないことで辛い時

初回公開日:2017年11月10日

記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング