IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社員がつける職業の種類・パート社員の職業の種類|会社役員

更新日:2020年08月14日

ビジネスマナー

職業欄に職種を書く時、自分の職業は書けますか?会社員といわれるのは、どのような職業の人たちでしょうか。職業を聞かれた時に困らないように、会社員の職業について詳しくご紹介します。自分の職業は会社員なのか、迷ったらこの特集を読んでみよう。

会社員がつける職業の種類

事務職

会社員の職業の中で、一般的なのは事務職でしょう。事務職の種類には、庶務事務や医療事務などの「一般事務職」、お金を扱う経理などの「会計事務」、クリーニングなどの受け付けや倉庫の管理係などの「生産関連事務職」、ブライダルコーディネーターや保険の事務などの「営業・販売事務職」など、細分化されています。 事務職のイメージはデスクワークでしょうが、お客様と接する接客スタイルや外部取引先との応対役など、人と人をつなげる役割の職業も含まれています。事務職で働く人は全職業の中で一番多く、およそ5人に1人が事務職に就いています。 その中でも女性の割合が多く、力仕事ではなく非正規雇用が多い事からがあります。

販売職

販売職の種類は、家電量販店やスーパーなどで働く「商品販売職」と、自動車販売や訪問販売などの「営業職」があります。働く男女比は男性が少し多く、スーパーやコンビニなど非正規雇用での働き方があるため女性も多く活躍しています。 最近では、ネットの普及により、ネットショッピングサイトが増え、実店舗での働き口が減少傾向にある種類の職業です。

専門的職業・技術的職業

この職業は、高度な専門的知識を水準にした専門分野の会社員です。特殊なスキルをもった人たちが就く職業で、会社や団体で働く人や独立をして個人事業主として働く会社員が多いです。この職業はとても幅広く細かく分類されており、多岐にわたる会社員の職業です。 理学や工学などの「研究者」や医師や獣医師などの「医療関連」、「裁判官」「弁護士」「教員」があります。また、フリーランスが多い「写真家」「美術家」「デザイナー」「プロスポーツ選手」などもこの分野に入ります。 専門的職業は子供の頃、憧れていた職業が多く、一般的な会社員より収入が高いのも特徴です。

生産工程職

生産工程食は物を作って働く製造業が中心になる職業です。製品を組み立てたりする自動車メーカーや家電メーカーで働く「機械組み立て設備制御・監視職」や、金属や飲料などの「生産設備制御・監視職」、お菓子やビールの製造をする「製品製造・加工処理職」など、多くの分類があります。 この職業は、とても身近な商品や食品を扱う職業です。工場で働く職業なので、圧倒的に男性が多く女性はパートタイマーで働くケースが多くなっています。専門的知識が求められる職業が多く、技術を必要とする内容になります。 集中力が持続し冷静に判断できる能力と知識、技術力が必要な難しい職業と言えるでしょう。もの作りが好きな人に向いている職業です。

サービス職

サービス食は広い世代が働きやすく、近年では飲食業が人手不足に悩んでいる職業です。美容師や理容師もこの職業になり「生活衛生サービス職」に分類、調理人や寿司職人など「飲食物調理職」、旅館やホテルの支配人などは「接客・給仕職」、葬儀師や火葬作業員は「その他のサービス」など、実に幅広い職業が入ります。 サービス職は女性がとても多く、非正規雇用が多い職業です。短時間でも働く事ができ、定年後に働く人や子育てをしながら働く人など、自分の生活に合わせて雇用してもらえる職業です。 今後、高年齢化が進むと、介護サービス職や保健医療サービス職で多くの人手が必要になる職業でしょう。

保安職

保安職は社会や個人の安全や財産の保護をする職業で、自衛官や防衛大学校学生の「自衛官」や警察官、海上保安官の「司法警察職員」、看守やライフガードなどの「その他の保安職業従事者」があります。 この職業はほとんどが男性で、女性は少数しか活躍をしていません。身近な職業ですと警察官や警備員がこの職業になり、交通誘導やイベントの時に活躍します。警備業は人手不足に悩み、多くの需要に対応できない状態です。警備業は、正規雇用も増えているので多くの人が活躍できる職業でもあります。

建設・採掘職

この職業は専門的な知識と体力に自信がある人が求められます。とび職や鉄筋作業の「建設躯体工事職」や大工、板金、畳職人などの「建設職」、送電線架線・敷線などの「電気工事職」、採鉱員や石切出従事者など「採掘職」などがあります。 この職業は男性が圧倒的に多く、肉体労働で屋外での作業が多い職業です。危険と隣り合わせのリスクの高い仕事内容で、高所での作業は向き不向きがあるでしょう。専門的な免許の取得を求められたり、健康体であることが重要な条件になる職業です。

パート会社員の職業の種類

パート契約で働いている人でも会社員になり、職業の種類は仕事内容によって変わります。契約雇用ならフルタイムで働いていても、パートタイムで働いても会社員であることは変わりません。 パートとフルタイムの違いは、労働時間によるものです。フルタイムより労働時間が短いとパートになり、どちらも会社と契約をして働いているので会社員になります。

次のページ:公務員は会社員としての職業なのか
初回公開日:2017年11月06日

記載されている内容は2017年11月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング