IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

PCのノイズの原因と対策(オーデイオ・スピーカー)

初回公開日:2017年11月11日

更新日:2017年11月11日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガジェット

みなさんはPCを普段よく利用しますか?頻繁に利用していると、PCからノイズが聞こえてきたことはありませんか?ノイズは、なかなか正体が分からず怖いものです。そこで、今回の記事では、PCから発生するノイズの正体と、その解決方法について紹介します。

PCからのノイズがうるさい!

みなさんは、普段PCを頻繁に利用しますか?スマートフォンやインターネットが、全国的に普及するようになり、一家に一台はパソコンがあるような時代になっています。一人に一台PCを持っている家庭もあるくらいです。 しかし、PCが全国的に普及したことによって、多くの人が悩まされ続けている問題があります。それがPCのノイズです。ノイズとは、雑音のことを指しますが、PCからでるノイズは、特に高音であり、一般的に人が聞くと不快に感じるような音が出ます。 さらに大きな問題なのが、PCの原因は一つではないということです。この記事でもいくつも紹介しますが、PCのありとあらゆるとことからノイズが出る可能性があります。そのため、対策をすることが非常に難しいです。 しかし今回の記事では、それぞれのノイズの原因とそれを防ぐための対策方法などを紹介していきます。PCノイズに日々悩まされている人にとって有益な情報をお届けできれば幸いです。

PCの高周波ノイズの原因

まずは、PCから高周波のノイズが出ている場合の原因について紹介していきます。

「キーン」という嫌な音

時々、PCから「キーン」という高周波のノイズが聞こえることがあります。どのようなPCでも起こりうる話ではありますが、特に自分で組み上げた「自作PC」などでよく起こります。音自体は大して大きくない場合が多いのですが、なんせ高い音でキーン、キーンとなるので、特に耳につく音をしています。 PCから高周波のノイズがする場合、多くの人が「DVDドライブ」が原因だと考えます。高周波といえばドライブが回っている音だと考えるのも無理はありません。しかし、DVDドライブがPCから出る高周波のノイズの原因になっているというパターンはそれほど多くはありません。 それでは、PCから高周波のノイズが出ている場合、どのような場所が原因になっていることが考えられるのでしょうか。

電源

PCから高周波のノイズが出ている場合、意外ともっとも多い原因は、PCの電源です。AC-DC変換器などが高周波を発している場合や、または電力不足などで電源内部のパーツが音を発してしまうことがあります。耳を澄まして、PC電源の付近をよく聞いてみると、電源からキーンという音が鳴っているのが聞こえます。 さらに怖いのが、電源が古くなってしまった結果高周波のノイズを発している場合です。この場合は、不快な音がするのはもちろんですが、さらには電源がショートして火災を招いてしまうこともありますので、特に注意が必要です。

スピーカー

PCから高周波のノイズが出ている場合、次に多い原因と言われているものは、「スピーカー」です。外付けでスピーカーをPCにつないでいる場合はもちろんですが、そうでなくPCの内部にスピーカーが内蔵している場合であっても、高周波のノイズが出てしまう場合があります。 スピーカーというのは、もちろん音を聞くために存在しています。PCやテレビ本体よりも、スピーカーにお金をかけているという人も多くいます。そのような方からすると、スピーカーから不快なノイズがするというのは、非常に由々しき問題であり、今すぐにでも原因を突き止めて解決したいところでしょう。 スピーカーのノイズは、多くが熱雑音と呼ばれます。そして、その熱雑音は安価なスピーカーほど出やすいと言われ、高価なものであれば、一般的に出にくいと言われています。 なぜかというと、スピーカーから出るノイズの原因が、スピーカーに使われている半導体にあると考えられているからです。半導体とは、半分は電気を通し、もう半分は電気を通さないという性質を持っています。 そして、高価なスピーカーには高価な半導体が使われています。高価な半導体には、99パーセント以上という、高純度の合金が材料に使われています。そのため、品質が高いものになります。 また、高価なスピーカーは、ノイズが発生しないようなさまざまな工夫がされていることも多いことから、安価なスピーカよりもノイズが出にくいです。

イヤホン・ヘッドホン・マイク

PCから出るノイズは、PC内部にあるものが原因であるだけでなく、外部から接続したイヤホンやヘッドホン・マイクなどからノイズが出る場合もあります。 これらの部分が原因でノイズが発生している場合、多くが「ボリュームを上げたときにノイズが出る」傾向にあります。逆に言えば、この症状に当てはまる場合は、イヤホンやヘッドホン、マイクなどに原因があると考えた方が良いでしょう。 特に、マイクを利用している場合は、何らかの原因で雑音を拾ってしまうことが頻繁にありますので注意が必要です。

ノイズ キャンセリングソフトは効果ある?

PC内部からノイズが出ている場合、どうやって防ごうかいろいろ調べていると、「ノイズキャンセリングソフト」というものに出会うことがあります。ノイズキャンセリングソフトとは、その名の通り、PCから出ているノイズを打ち消してくれるソフトのことを言いますが、そもそもノイズキャンセリングソフトは効果があるのでしょうか。 ノイズキャンセリングソフトがどうやってノイズを打ち消しているのかというと、そのソフトがノイズを拾うと、その音をデジタル化し、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンによって、そのノイズを打ち消す効果のある逆位相の音をぶつけます。それによってノイズを相殺させ、打ち消すことができます。 確かに上記のような方法で、PCから出ているノイズを打ち消すことができるのですが、ノイズキャンセリングというシステムには弊害もあります。それは、利用するノイズキャンセリングソフトによっては、打ち消すための逆位相の音がやたらと目立ってしまい、そちらの音がかえって不快に感じてしまう場合があるということです。 ノイズキャンセリングソフトは、インターネット上でダウンロードするものが多いですが、購入する前にインターネットなどで口コミを調べ、本当にきれいにノイズを打ち消すことができるのか、逆にノイズが目立ってしまうことがないのかという点をしっかりと確認するようにしましょう。

モニターのノイズ

また、PCの場合、モニターにもノイズが走ることがあります。モニターの場合のノイズとは、音のことではなく、黒い線や白い線が画面上に現れることを指します。 この場合は、多くの原因が考えられ、なかなか一つに絞るということは難しいです。一般的に、モニターへの負担が急増した場合に、ノイズが走りやすいと言われています。 また、モニターのノイズの怖いところは、ディスプレイの表示に影響を与えるだけでなく、ディスプレイの本体や、PCのマザーボードやメモリなどにも悪影響を与えてしまうおそれがありますので、気をつけてください。

PCの部位別のノイズ対策

それでは次は、上記のPCのパーツ別、原因別にノイズの対策方法を紹介します。ただし、みなさんのPCの状態は、人によって異なるため、どれが完全な正解というのはありません。いくつか方法を紹介しますので、順番に試してみることをおすすめします。

オーデイオ・スピーカー

まず最初は、オーディオやスピーカからノイズが出ている場合の解決方法を紹介します。まず、一番簡単な法補としては、外付けのスピーカーなどを使っているのであれば、電源を取るコンセントを変更してみてください。多くの方は、PCとスピーカーを同じコンセントから電源を取っています。それが原因でノイズが起こっている場合があるので、異なるコンセントから電源を取るだけで解決することがあります。 また、スピーカは配線がPCの配線などと相まって複雑になってしまうことがあります。その配線がきれいになるように配置するだけでも、ノイズが直る場合がありますのでぜひ実践してみてください。

イヤホン・ヘッドホン・マイク

次は、イヤホンやヘッドホン、マイクなどの外部機器からノイズが発生している場合の解決方法です。まずは、今までつないでいたイヤホンなどを外して、他のイヤホンを接続してもノイズが発生するのかを確認してください。 また、マイクなどの周辺に電磁波を発する製品を置かないように心がけましょう。他の危機から生じる電磁波などを拾ってしまった結果、ノイズの原因になってしまうことがあります。 また、外部機器は、ちょっとした接触不良でノイズが発生してしまったり、つながらなくなってしまったりします。接続状態をしっかりと確認しましょう。アース線などをつないでいる場合は、さらに注意が必要です。

電源

次は、PCの電源からノイズが発生してしまっている場合の解決の方法です。先ほど述べた通り、PCの電源が原因でノイズが発生してしまうことは非常に多いです。 確実に一発でノイズを直したいのであれば、PCを修理に出すのが一番です。内部からノイズが出ている場合、ハードディスクが傷ついていたり、内部のパーツであるコンデンサなどが原因の場合がありますので、専門家に見てもらうのが一番確実と言えます。 また、先ほど述べた通り、電源が古いものである場合はノイズを発生しやすくなりますので、新しいものに変えることをおすすめします。

モニター

最後は、PCのモニターに線が走るなどのノイズが発生してしまった場合の解決方法です。先ほど述べた通り、モニターのノイズはなかなか原因が分かりづらく、直すのも難しい症状です。もし、買い替えることができるのであれば、買い替えをおすすめします。 解決方法としては、一般的にはケーブルの接触不良や、ディスプレイの初期不良などが考えられます。ケーブルの接触不良であればすぐに直せますが、初期不良の場合は新品に替えてもらうようにしましょう。 また、ケーブルをHDMIとアナログの二系統で同時に接続していると、ノイズ源となる可能性が高いので、HDMIもしくはアナログ1本での接続をおすすめします。

PCは精密機械だから慎重に

以上のように、PCからノイズが出ていると言っても、さまざまな原因が考えられ、その解決方法も1つではありません。また、扱うものがPCという精密機械だからこそ、下手に触るのが怖いという方も多いでしょう。そんな場合は、プロの方にお願いすることをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング