IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スマホの留守番電話の設定方法・聞き方・再生方法|格安スマホ

更新日:2020年11月12日

家事

普段何気なく使っているスマホの留守電機能、あなたは使いこなしていますか。知っているようで知らない、スマホの留守電の聞き方や設定・解除、知っていると便利な留守電の設定、気になるスマホの留守電の料金や、留守電の代わりに無料で使える伝言メモなどもご紹介します。

スマホの留守電ってどうやって聞くの?

auやソフトバンク

まず、スマホの留守電にメッセージが入っているかどうかはどうやってわかるのでしょうか。伝言メッセージが録音されたら、SMSまたは着信履歴でスマホにお知らせがきます。これで伝言を残した人の発信番号や日時も知ることができます。 お知らせがあったら留守電のメッセージを再生しましょう。聞くのはとても簡単で、auなら1417、ソフトバンクなら1416に電話するだけです。ガイダンスが流れて新しいメッセージから順に再生されます。再生が終わると、またガイダンスが流れます。この時にメッセージを消去することができるので、不要なら消しておきましょう。

ドコモ

docomoのスマホでも1417に電話をかけると、メッセージを聞くことができます。さらに、Androidなら「ドコモ留守電アプリ」、iphoneなら「ビジュアルボイスメール」を使うこともできます。 このアプリは留守電に録音されたメッセージを、自動的にダウンロードしてくれます。画面上で聞きたいメッセージを選択すれば再生できます。音楽の再生のような感覚で使えるのでわかりやすいです。

伝言はすぐに聞いたほうが良いの?

留守電の伝言メッセージは、保存できる数や時間が決まっています。auの場合伝言メッセージが保存できるのは3分間×20件、保存される期間は録音から48時間です。ドコモの場合は3分×20件、72時間。ソフトバンクの場合は3分×30件、72時間となっています。 電話が使えるようになったら、できるだけ早くメッセージを聞いて不要なメッセージは消去するようにしましょう。

スマホの留守電の設定方法は?

留守電を申し込んでいれば、購入時にはすでに設定されています。あえて設定する必要はないので、やったことがある方は少ないのではないでしょうか。サービスの停止や設定はスマホからすることができます。

auの場合

留守電の設定は2種類あります。 ①電話に出なかったときと、お話し中のときに留守番電話につながる設定 ②電話に出なかったときだけ留守番電話につながる設定 ①の場合、1411に②の場合は1413に、設定したいスマホを使って電話をかけるだけで留守番電話サービスが開始されます。

docomoの場合

docomoの場合もauとほぼ同じです。設定したいスマホを使って1411に電話をかけると留守番電話サービスが開始され、1410に電話をかけるとサービスが停止されます。 また、docomoスマホは画面からでも設定が可能です。通話アプリを開いて「通話設定」-「通話設定」-「ネットワークサービス」-「留守番電話サービス」と選択して、各種設定を行います。 サービスの開始は「留守番電話メニュー」から「留守番電話サービス開始」を、サービスの停止は「留守番電話サービス停止」を選択します。確認画面が表示されるので、YESを選択します。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでは呼び出しあり、と呼び出しなしの2種類の設定ができます。 ①電話がなっても電話に出なかったとき、留守番電話につながる設定 ②電話はならないで、いきなり留守番電話につながる設定 設定したいスマホから1406に電話をかけ、ガイダンスに従って設定を行います。1406に電話をかけると、設定したい機能を選ぶようにガイダンスが流れます。 ここで①の場合ですと431#、と入力すると、留守番電話サービスが開始されます。その場合の呼び出し時間は20秒です。②の場合は、432#と入力してください。

スマホの留守電を解除する方法は?

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング