IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

花の贈り物とマナー|誕生日/古希の祝い/命日・花言葉と値段

家事

フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーなど、近年種類が増えてきている花の贈り物。大切な方に花を贈りたいと考えた時、どんな花を贈ったら良いか悩んだことはありませんか。今回は花を贈るうえでのポイントと贈り物にぴったりの花をご紹介します。

更新日時:

状況別でおすすめの花の贈り物とマナー

花の贈り物をするにあたり、その状況にふさわしいお花と贈り方のマナーがあるのをご存知でしょうか。意外と知られていないがために、贈り物をした相手と気まずくなってしまったという方も多くいます。そういった失敗をしないために、ここでは状況別でおすすめの花の贈り物と贈り方のマナーをご紹介します。

誕生日のお祝いに

誕生日は贈り物をする相手がこの世に生まれた大切な日です。誕生日に贈られている花も、そういった想いから豪華で見栄えのするものや、見ているだけで気持ちが明るくなるもの、愛情を示している意味合いを持った花が人気です。 花自体の雰囲気が明るくかわいいガーベラや、「恋の喜び」という花言葉を持つツツジなどが人気があります。誕生日はおめでたい日ですので、贈る方の嫌いな色や悲しげな意味の花言葉持つ花は避けましょう。

古希のお祝いに

現代は高齢者の平均寿命が伸びたこともあり、60歳の還暦を始めとして古希、喜寿、傘寿、米寿と歳を重ねるごとに祝うことが多くなってきました。70歳を祝う古希では、紫の花の贈り物をするのが一般的で、気品がある色として人気があります。紫色の花はたくさんありますが、中でも「誠実」「信頼」などの花言葉を持つヴィオラが人気です。 古希のお祝いということですと贈る相手は高齢の方ですので、直接手渡しで渡したり宅配をするのが望ましいです。宅配をする場合は相手の都合の良い日時や時間に配達されるよう手配するようにしましょう。

命日のお供えに

命日に贈る花は、年数が経っていればあまり色や種類で特別に気をつけることはないでしょう。供える心を込めることが一番です。仏壇に花を供える時は美しい色や形の花を供え、枯れかかったものをいつまでもそのままにしておかないようにしましょう。こまめに水を取り換え、長くきれな状態に保つようにして仏様を身近に感じる心を常に持つようにしましょう。 命日にお供えする花としてにふさわしくない花は、バラなどの棘のあるお花や悪臭のあるお花、毒々しい色の花と言われています。このような花は生々しく感じられるため仏様に対して失礼にあたります。故人が生前好きだったお花や季節の新鮮なお花を供えるのが良いでしょう。

母の日に

毎年5月の第二日曜日は母の日です。母の日にはカーネーションを贈るのが定番となっています。赤いカーネーションは「母の愛」「愛を信じる」という花言葉を持ち、母の日にはぴったりの花です。色も綺麗で華やかなので赤のカーネーションが母の日にはおすすめです。 最近では赤以外にもさまざまな色のカーネーションがありますが、特に白いカーネーションには注意が必要です。白いカーネーションは亡くなった母へ贈るものとされています。ご存命のお母様に贈るものであれば避けましょう。

閉店する店へのねぎらいに

友達のお店やいつも行っていたお気に入りのお店が閉店するとき、これまでの感謝とねぎらいを伝えるために花の贈り物をする方も多くいます。閉店や退職の際は人生の門出を彩るためにも寂しい最後にならないよう、明るい気持ちになれる花がおすすめです。 避けた方が良い色は特にありませんが、店主が好きな花を贈ると今後への活力が湧くでしょう。また、閉店の場合は身の回りの物をだんだんと片づけていくので、お店に直接持っていく場合は邪魔にならず花瓶などにさす必要のないフラワーアレンジメントがおすすめです。

結婚祝いに

結婚祝いの贈り物には、花嫁さんのウエディングドレスをイメージした白い花を贈るのが一般的です。しかし、何も結婚祝いの贈り物は白を基調にした花でなくても構いません。花嫁やゲストの方は結婚式に青いものを身につけると幸せになると言われており、これをサムシングブルーと言います。このサムシングブルーにちなんで青系の花を使った花束を贈るのもおすすめです。 二人の赤い糸を連想させる赤いバラは、実は恋人に贈る花と言われており、結婚祝いには向かないマナー違反の花です。くれぐれも誤解されないように気をつけましょう。また、黄色いバラは嫉妬という花言葉を持ちますので、結婚祝いの贈り物には避けた方が良いでしょう。

贈り物に適したおしゃれな花と花言葉

最近よく耳にする花言葉は、17世紀頃のトルコだといわれています。当時、花に想いを託して恋人に贈っていた風習がヨーロッパで流行し、その後各国でその国独自の花言葉ができたとされています。 花は感謝の気持ちを贈りたい時、照れくさくて普段は言えない想いを代弁してくれます。メッセージカードに花言葉をたったひと言書き添えるだけで、自分の想いを相手に伝えることができます。ここでは、贈り物にぴったりの花言葉を持つ素敵な花をご紹介します。

ガーベラ

ガーベラは、年代を問わず人気がある花の贈り物の定番となっている花です。赤いガーベラは「限りなき挑戦」、オレンジは「冒険心」の意味を持ち、チャレンジしたいことがある方への応援メッセージとしておすすめです。入学や卒業、転職、結婚などさまざまなシーンでも贈られており、前向きな気持ちになれる花です。

バラ

バラには贈る本数によって意味があるのをご存知でしょうか。1本だけ贈るのは「一目惚れ」、3本は「告白」、6本「夢中」100本なら「愛しています」という意味を持ち、プロポーズではこの100本の花束を相手に贈ったという男性も少なくありません。バラは数ある花の中でも愛をストレートに表現している花ですので、大切な方への贈り物にはぴったりの花です。

ユリ

ユリは、バラやガーベラとは一味違った上品で気品のある花です。そのため、結婚式のブーケなどに用いらることもあります。白いユリは「純潔」、黄色いユリは「飾らぬ美」、オレンジのユリは「華麗」という意味の花言葉を持ちます。ユリは一本でも目を引く存在感があり、人と被りたくない時に贈る花として人気があります。

月別でおすすめの花の贈り物

誕生月の花を贈ることは、贈られた相手を守り幸福と愛をもたらすといわれています。どの花を贈るか悩んでいる方は、季節の花や相手の誕生月の花をラッピングして贈るのはいかがでしょうか。ここでは月別におすすめの花をご紹介します。

3月におすすめ チューリップ

見た目が可愛らしく、誰でも知っているチューリップは贈り物でも喜ばれる花として人気があります。赤いチューリップは「愛の告白」「永遠の愛」という意味を持ち、告白する時や長く一緒にいる相手への贈り物としてもおすすめです。可愛らしいピンクや、元気をくれそうなオレンジのチューリップなど、たくさん色があるのも魅力です。

5月におすすめ カーネーション

5月は母の日もありカーネーションが出回る時期でもあります。一年の中でたくさんの種類のカーネーションを目にすることができるのもこの時期で、カーネーションは色によって花言葉が違うため、そのシチュエーションにあったカーネーションを選ぶのが良いでしょう。 ピンクのカーネーションには「感謝」「美しさ」という意味があり、おしゃれで女性らしい恋人への贈り物にぴったりです。青色のカーネーションには「永遠の幸福」という意味があり、幸福をイメージさせます。他にもさまざまな色がありますので一度チェックしてみて下さい。

6月 アジサイ

梅雨時になるとよく目にするアジサイの花は紫やピンク、青など色が鮮やかで雨の中でも強く咲き誇っている花です。ピンクのアジサイは「元気な女性」、青いアジサイは「 忍耐強い愛情」「知的」という花言葉を持ちます。

9月 リンドウ

リンドウは「あなたの悲しみに寄り添う」「正義」「勝利」という花言葉を持ちます。リンドウの根は胃腸を健やかに保ってくれる健胃作用があるとして昔から重宝されてきたこともあり、現在では敬老の日の贈り物としても人気があります。いつも笑顔で見守ってくれているおじいちゃん、おばあちゃんに敬愛の気持ちを込めてリンドウを贈るのはいかがでしょうか。

11月 菊

菊は「高尚」、「高潔」という意味の花言葉を持ちます。色で言うと、赤色の菊は「愛情」、白い菊は「真実」、12月に開花する寒菊は、「けなげな姿」「真の強さ」という意味を持ちます。尊敬する方や目標に向かって頑張っている方への贈り物におすすめです。

12月 カトレア

カトレアは「優美な貴婦人」「成熟した大人の魅力」という意味の花言葉を持ちます。見た目が優雅なカトレアはパーティーなどでコサージュや髪飾りとして使われるようになり、最近ではウエディングや新築の贈り物などとしても人気があります。

通販で買う贈り物の花

楽天で人気の贈り物の花

花を贈りたいけれど、買いに行く時間がない方もいます。そんな方は、通販で購入することもできます。通販ですと人気の花が一目で分かったり、口コミなどの実際に購入した方の評価を見ることができるので安心です。迷っている方は、一度通販をチェックしてみるのもおすすめです。参考までに、楽天で人気のある花の贈り物をご紹介します。

季節の旬のお花で作るコータフラワーオリジナルのおまかせ花束

こちらはその時期の花でアレンジメントを作ってくれます。色もたくさん用意されているので相手のイメージにあったアレンジメントを作ってもらうことができます。オリジナル感があるのも魅力的です。

バラ50本花束ほか旬のおまかせフラワーギフト

こちらは豪華なバラ50本を花束にしてくれます。女性であれば一度は手にしてみたいバラの花束。特別な日のサプライズやプロポーズにいかがでしょうか。

もち吉 あられ百合セット大輪百合の花束

こちらは花とお菓子がセットになっています。花だけでは物足りない方にもおすすめです。季節の花と一緒にアレンジメントを作ってくれます。敬老の日の贈り物にもおすすめです。

相場の料金

花屋さんへ行ったことがない方は、花束がいくらくらいするのか分からないですし、実際にあれもこれもと頼んでいるうちに値段が高くなってしまう事もあります。ここでは、どれくらいの値段でどのような花束ができるのか、平均的な相場金額をご紹介します。花束を購入する際の参考にしてみてください。 ・手のひらサイズのちょっとしたプレゼントには1000~2000円程度 ・知人の発表会には3000円程度 ・友人へのお誕生日のプレゼントには3000~5000円程度 ・退職、転職のお祝いには3000~6000円程度 ・お見舞いには5000円程度 ・恋人へのプレゼントには5000~10000円程度 ・プロポーズや記念日には5000~15000円程度 ・お供えには5000~15000円程度 花束の目安としては、1000円で手のひらサイズの小ぶりな花束、3000円で片手で抱られるほどの花束、4000円以上になると両手で抱えられるほどの花束ができると考えましょう。

大切な方へ花束を

いかがでしたでしょうか。いつの時代も、花束は心に感動を与え思い出を残してくれるものでです。普段のちょっとした日でも花を贈ることで相手に感謝の気持ちを伝えることができます。そして花束を贈られた方にとってはその日は忘れられない特別な日になるでしょう。次の記念日には恥ずかしがらずに、ぜひ大切な方に花束を贈りましょう。

関連タグ

アクセスランキング