IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タブレット用キーボードの紹介|windows/windows8/8インチ/Bluetooth/キーボードアプリ

更新日:2020年08月28日

ガジェット

皆さんはタブレット用キーボードの購入を考えたことはありませんか?しかし、お店や知人からされたもので結局どれにすればよいかわからなかったという方も多いと思います。今回はそんな方々のためにAmazonでタブレット用キーボードをご紹介していきます。

タブレット端末が拡大中

スマートフォンに押されてパソコンの販売台数が伸びないなか、タブレット端末の製品は売れ行きが好調です。その秘密は、タッチパネルで直感的な操作ができることや、持ち運びの便利さ、また、起動が早く必要な時に、必要なアプリをすぐに利用できることなど、さまざまな理由があります。 そんなタブレット端末ですが、活用が広がってくると、やはり気になるのが文字入力の利便性です。タッチパネルと、ソフトウェアキーボードが、マウスとキーボードの代替になるとはいえ、パソコンを使っている方には、少し不便に感じます。 そこで、今回はタブレット端末の魅力を最大限に活用するためのタブレット用のキーボード選び方や、タブレット用キーボードをご紹介します。

タブレット用キーボードの選び方

そもそも、タブレット端末の魅力は持ち運びが便利というモバイル性です。この意味から考えると、便利だとはいえ、キーボードを持ち歩くとなると、ストレスの原因になりかねません。そうなってしまうと便利なタブレット端末を選んだ目的からすると本末転倒になってしまいます。 では、ストレスを感じないタブレット用キーボードを選ぶには、どういった点に着目すれば良いかを説明します。

タブレット端末専用キーボードを選ぶ

まずは、タブレット端末と同時に純正のタブレットキーボードセットが販売されているのであれば、その純正製品を選択することがです。それは、純正製品であれば、操作性が快適であるのはもちろん、タブレット端末のフォルムと一体化しており、コンパクトに収納が可能なのでです。 また、収納だけではなく、モバイルとして使用する際にも、キーボードがあるために持ちづらくなってしまって、ストレスを感じてしまっては残念なことですが、純正のタブレット用キーボードであれば、その点も考慮して設計されていることが多く、です。 そのうえ、キーボードがカバー代わりにもなり、またスタンド機能が付いている製品であれば、タブレット端末で動画などを見るときも、文書を入力する際にもタブレット端末を立てかけられてです。

折り畳みタイプのタブレット端末キーボード

また、タブレット用キーボードの中には、折り畳み式の製品が多くみうけられます。二つ折りタイプはもちろんのこと、三つ折りタイプのタブレット用キーボード製品も販売されています。 こうした折り畳み式のキーボードのメリットは間違いなく、持ち運び時に便利なコンパクト設計です。フルキーボードであれば、かなりの横幅が必要になりますが、折り畳み式であれば、収納・持ち運び時にはコンパクトに折り畳むことが可能ですのでです。

タブレット用キーボードは軽さがポイント

タブレット用キーボードの軽さがポイントになります。タブレット端末は本体重量がゆうに1000gを切ってきますから、一緒に持ち運ぶキーボードが重くては、それ自体がストレスになってしまいます。 仮に、バッグに入れて持ち歩くにしても、重量がかさんでしまえば、普通のノートパソコンと変わらなくなってしまい、その魅力が半減してしまいます。

タブレット用キーボードはストロークのしやすさが重要

これまでは、タブレット用キーボードのサイズや重量に着目してきましたが、最後はキーボード本来の役割である、入力のしやすさに注目します。 タブレット用とはいえ、キーボードは入力が役割ですから、その入力操作に不満があれば、それは間違いなくストレスとなります。従って、タブレット用キーボードとはいえ、入力のしやすさに着目することがです。

タブレット用キーボードのキー構造

入力しやすさに関連する項目としては、キーピッチ、キーストロークさらには、キーの構造が重要になってきます。最近の製品では、タブレット用のキーボードとはいえ、キーピッチ、キーストローク共に、通常のデスクトップ用のキーボードに近い数値の製品が多く見られますのでです。 さらに、キー構造においてもデスクトップ用と同じ構造を持ち、入力時の荷重やキー音なども快適な製品がありますので、タブレット端末で多くの文字を入力する場合には、こうした製品を選ぶ事をします。

接続方法で選ぶ

キーボードをタブレットに接続する方法としては、有線USB、無線USB、Bluetoothがあります。最近の売れ筋のキーボードでは、Bluetooth接続の製品が断然多くなってきています。ただ、Bluetoothの設定は簡単になったとはいえ、まだ、設定画面などでの設定が必要なので、慣れるまでは面倒となります。 一方、少し前までは、一番広く使われていた無線USB接続も、まだまだ現役です。USB接続なので、レシーバーをタブレットなどに接続するだけで、簡単に接続ができて便利です。 また、モバイルでの利用でなければ、以前、パソコンで使っていた有線USB接続のキーボードでも利用可能です。サイズ的にも充分なキーストロークも確保されているので、使い勝手は問題ありませんし、新しいモノを購入する必要がないので経済的です。

キーボードは最重要なアイテム

初回公開日:2017年12月19日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング