IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

グアム主要ホテル(ヒルトンやシェラトン)のコンセントタイプ

更新日:2020年11月18日

おでかけ

グアム旅行にいって、コンセントのタイプが違っていて困ったことはないですか。せっかく持って行った電化製品が使えなかったりしたら悲しいですね。そこで、グアムのコンセント事情を紹介いたします。参考にして頂いて万全の準備でグアム旅行を楽しんでください。

グアムのコンセントタイプ

グアムは、日本から3時間ほどの短時間のフライトで手軽に行けるの観光地です。そこで気になるのが「グアムでは日本の電化製品は使えるのか?」ということです。携帯電話の充電や、美容製品やコンタクトレンズの煮沸消毒器など、旅行にも持ち込みたい電化製品はさまざまあります。そこで、グアムのコンセントタイプや電圧などを詳しく見ていきます。 せっかく、日本から持って行ったデジカメの充電器や電気シェーバー、ドライヤーなどが、コンセントタイプなどの電気事情が違ったために何も使えなかったなどということがないように万全の準備をしてグアム旅行を楽しんでください。

コンセントの形状

グアムではコンセントプラグの形状は2種類となっています。その1つは日本と同じ様な平行の2穴タイプのプラグです。日本のプラグが問題なく差し込めるタイプです。もう1つは3穴となっているコンセントですが、こちらも上部の2穴に日本のプラグを差し込めば問題なくそのまま使うことができます。 どちらのコンセント形状も日本のプラグがそのまま使うことができますので、グアムではプラグ変換のキットを用意する必要はありません。

電圧

グアムの電圧は120ボルトとなっています。日本の電圧は100ボルトです。日本の電気製品は100ボルト対応となっていますのでグアムでは使えないかもと思われるかもしれません。ですが、デジカメなどの充電アダプターは電圧がAC100~240ボルトまで対応できるタイプとなっている場合が多いため、まったく問題なく使うことができます。 アダプターの表示を見て対応電圧数値を確認することが必要です。日本の電気製品は100ボルト専用という物もたくさんありますのでご注意ください。

ヘアドライヤー

日本製のヘアドライヤーはグアムでは使えないのでご注意ください。海外電源仕様のヘアードライヤーであれば大丈夫かと思われますが、注意する点があります。グアムでは日本のように電圧が安定しているとは限りません。 海外仕様であっても、ヘアードライヤーはヒーターと送風機を組み合わせた電化製品なので、電力消費量が他の電子機器に比べてとても大きくなります。ですので、ドライヤー専用の変圧器を持参しても故障する可能性があります。ドライヤーはなるべくホテルのお部屋に設置してあるドライヤーを使用しましょう。

ホテルでのコンセント使用における必須アイテム

スマートフォンやデジカメ、ビデオなど多くのものを充電する場合、タップが何個もある延長コードを持っていくと便利でしょう。ホテルではコンセントが何箇所もないことが多いので、一箇所のコンセントにこの複数の口がある延長コードをつなぐことで、多くの製品を一度に充電でき、とても便利です。

小型変圧器

海外旅行用の小型変圧器を持っていくことをします。この製品は、対応電圧が「AC110V~130V、AC220V~240V、AC250V(50/60Hz)」となっていて、全世界に対応している小型変圧器です。グアム旅行だけでなく世界中のどこでも日本製品を使うことができます。 携帯電話、充電器、電気シェーバー、デジタルカメラなどの幅広い小型家電に使用できるので、グアムに持参すれば一安心です。

グアムの主要ホテルのコンセントタイプ

ここでグアムの代表的なホテルのコンセントタイプを見ていきます。

プラザホテル

グアムプラザホテルはタモン中心に立地しているショッピングモールを併設したリゾートホテルです。ホテル内は南国ムード溢れる雰囲気が漂います。館内には広々とした免税店があり、またホテルから徒歩数分で行けるビーチサイドにはレストランが充実しています。 グアムプラザホテルの部屋のコンセントは、日本の電化製品がそのまま使えるコンセント形状です。コンセントの穴は3つですが、2つに日本製電気製品のコンセントがしっかり入るので安心です。 日本の電圧は100ボルトなのですが、グアムの電圧は120ボルトとなっています。しかし、スマホやデジカメ、ビデオの充電は、100ボルトから240ボルト対応となっていますので問題なく行うことができます。

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング