IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

イタリアと周辺国のコンセントタイプ・必要なコネクタ

更新日:2020年11月18日

おでかけ

その陽気な風土と美食で世界中の観光客を魅了し続けるイタリア、気になるのは現地のコンセント事情ですよね。こちらの記事ではイタリアのコンセント事情のいろはを詳しくご紹介します。安心で快適なイタリア旅行の参考にぜひご活用ください。

イタリア周辺国のコンセント事情は?

ヨーロッパ旅行の際、一回の滞在で何カ国も周遊なんてことはよくあります。それではイタリア周辺の観光でメジャーな国のコンセント事情はどのようなものでしょうか。

イギリス

ティーとスコーン、独特な気品溢れる雰囲気でアフタヌーンティーを楽しめるそんな国イギリス。コンセントは他のヨーロッパと全く異なる形のものを使用しています。Gタイプと呼ばれる長方形の穴が3つあるタイプものとなっていて、電圧は240V(ボルト)です。イタリアからイギリスに移動した際にコンセントの形が違くて電化製品が使えないなんてことにならないように準備を忘れないようにしてください。 また日本から持ち込んだ家電製品を使用する場合は、電圧が世界対応していないタイプの場合使用の際に必ず変圧器が必要になりますのでご注意ください。

フランス

セーヌ川のほとりのカフェでコーヒーを一杯が絵になるそんな国フランス。コンセントの規格はイタリアと同じCタイプで問題なく使用が可能です。一部Eタイプという上部にアース線を差し込む穴があるタイプがありますが、そこには挿さなくても通電しますので、基本的にはCタイプで使用は問題ないとお考えください。 電圧もイタリアと同じ220V(ボルト)になっていますのでイタリア旅行のために準備した変換プラグをそのままフランスでということも可能です。

スペイン

降り注ぐ太陽のもとで美味しいちょっとサングリアを一杯が楽しめるそんな国スペイン。こちらもコンセントの形状はイタリアと同じCタイプがほとんど一般的になっています。一部ではFタイプと呼ばれる少し穴の形が違うタイプがありますが、こちらはあまり一般的ではありません。 電圧もイタリアと同じ220V(ボルト)となっているので、イタリア旅行の際に準備した変換プラグはそのままスペインで使用可能です。

前もった準備で快適なイタリア旅行を

日本から持ち出す電化製品の対応電圧チェックは忘れずに

日本から持ち出したい電化製品がある時は、必ず対応電圧のチェックを忘れないようにしましょう。現在広く一般的に、スマートフォンや、パソコン、カメラなどの精密機器に関しては100V-240V(ボルト)の世界対応になっています。 逆にドライヤーなどの生活家電は電圧が世界対応になっていないものが一般的で、電圧対応をしていないものは必ず変圧器が必要になります。そのまま使用するとショートを起こして感電する恐れがあり非常に危険です。出発前に使う予定の電化製品が海外電圧対応になっているか必ず確認をしてください。充電器部分に対応電圧の記載があるものが多いです。

不安なら全対応タイプの変換プラグを

Cタイプだけだと不安という方や、別の国に行った時にまた買い足すのが面倒という方は、全対応タイプの変換プラグも少々お値段が張りますが販売しています。せっかく買ったのに使えなかったというトラブルを避けたい、今後また別の旅行で毎回買い足して費用がかかるのは嫌という場合、こちら一つで全てが済む安心材料として持っておきましょう。

現地で快適に過ごすには?

海外旅行は普段生活している日本とは文化も気候も変わりますので、どうしても慣れないことが出てきます。少しでもトラブルを避けるためにも、事前に情報収集をして準備をしておきましょう。備えあれば憂いなしということわざが旅行では実際に体感できます。 電化製品もやはり普段使っている日本のものの方が使いやすいという場合があります。こちらの記事をぜひ参考に快適なイタリア旅行を計画してみてはいかかでしょうか。

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング