IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

NPO法人への就職|?支援の仕事?収入が低い?高い?

初回公開日:2017年11月27日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

NPOへの就職は民間企業と違いは給料や福利厚生などが違いますので、しっかり確認する必要があります。国内・海外でNPOへ就職して社会貢献がしたいという思いを実現するためには、NPOの事業内容の見学などして自分の目で確認しミスマッチをなくすことが大切です。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

NPO法人への就職

NPO法人へ就職を検討する時に大事なことがあります。NPO法人は非政府組織で利益を配分せず、自発的な活動を行う団体であることが条件となっており、一般的にはNPOの運営はギリギリで行われています。 NPO法人へ就職して社会貢献をしたいという気持ちだけでは現実問題として、NPOからの給料だけでは自立して生活をするのが困難でNPOの仕事を継続するのが困難になる可能性があります。 NPO法人へ就職を考えるときに、仕事の内容と同時に給料と生活資金をしっかり検討し、場合によってはアルバイトなど副業も合わせて検討することが必要です。

NPO就職のは?

NPO法人に就職を考えている人が、就職に対するを気にする人は少ないですが注意しなければならないことがあります。 NPOの名を借りて悪質なNPOがあるからです、また悪質とまでは言えなくても、仕事の現実が社会貢献になっているのかどうか疑わしいNPOも存在していることは事実です。 NPOのということより、就職を考えているNPOが行っている事業内容の実態を十分理解するために情報収集を行い自分の考えと比較し検討する必要があります。

NPOは支援の仕事なの?

NPOが行っている仕事は社会現象の中で少子高齢化問題や地球環境問題、貧困や教育などに関するいろいろな問題に、何とかしなければと解決に取り組み支援していこうとするのが主な仕事です。 NPOは支援の仕事ではありますが、仕事としては問題解決を軌道に乗せるため、また継続させていくために活動拠点の確保や、より多くの支援者を集め活動資金を調達したりする仕事があります。 直接の支援とは師がいますが企画立案や行動力も必要となり、社会貢献の意識が高い事務的な仕事も大事な仕事としてあります。

NPO法人のデメリット

NPO法人に就職するということは民間企業と比較するとデメリットもあることを理解しなければなりません。 民間企業のような福利厚生や退職金などは、ほとんどありませんし、給料に関しても明確なルールが決まってないところもあります。 やりがいを感じて就職した人でも、待遇の悪さや事業内容によっては土日や休日も取りにくいなどから、仕事として必要性を感じながらも離職してしまう事例もあります。 デメリットと思える内容もNPOにより違いますので情報収集し比較検討する必要があります。

収入が低い?高い?

NPOに就職する人は、NPOから得られる収入が低いとか高いで判断する人は少ないですが、仕事を続けるためには事前に確認しておく必要があります。 NPO法人といっても運営資金ギリギリでやっている法人や、運営資金として寄付だけでなくビジネスを展開しながら収益を上げながらNPO法人を運営しているところもあります。 NPO法人に就職する時、給料としての収入が低いか高いかは、法人の運営資金がどのようにして捻出されているかにより差がでてきます。 アルバイトなど副業をしないで仕事ができるかどうか事前に給料だけでなく、運営資金の捻出方法を確認しておく必要があります。

NPO法人への就職の方法

NPO法人への就職方法については、ネットで検索することができますが、一般の民間企業に就職するのとは違い、事前になぜNPO法人なのか、そこの仕事で自立した生活ができるのか、思い付きでなく継続してやろうとしているのか、自分に適性があるのかなど真剣に検討することが必要です。 就職したいという結論がでれば、ネットでの検索方法としては自分が社会活動したい内容や、就職したいエリアなどからNPO法人ごとの情報を収集することもできます。 また複数のNPO法人が集まって就職説明会などを行っているところもあり、検索や出席することでビジョンやミッションを具体的に確認することや仕事の内容、就職の方法について知ることができます。

就職説明会

NPO法人へ就職するための就職説明会は、目指すNPOが決まっていればメールや電話で説明会の日程など確認できますが、決まっていない時には内閣府に全国のNPO法人のデータを活用することができます。 ここでは全国の都道府県・活動分野などから自分のやりたいNPOを検索することができ、目的や活動分野を確認することができます。電話番号は出ておりませんが法人名をネットで検索することで就職説明会についての開催時期など確認できます。 また横浜などでは合同説明会が各地で実施されているところありますので、こまめにチェックする必要があります。

新卒でNPOに就職

関連タグ

アクセスランキング